JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

アナタは大丈夫?「だめんず好き女子」の特徴

「だめんず」という言葉が浸透してかなり経ちますが、できるのであれば自分は関わりたくないと思っていますよね。

しかし、傍から見ると「あの子って、本当に『だめんず』好きだよねぇ〜」と噂されているかもしれませんよ!実は「隠れだめんず好き女子」ということはないですか?

【VR】三上悠亜の最新作登場!
あの超有名アイドルがVRアダルトに登場!年間500万本以上も売り上げるアダルトVRの破壊力がヤバイ!
彼女もハーレムも風俗も!VRならなんでもできる!
今すぐDMMのハイクオリティなアダルトVRを試してみよう! アイドル彼女とラブラブセックスしませんか?

自分では「だめんず」好きと気づいていないかも

自分は「だめんず」だと思っていなくても、周りから見ると「だめんず」に認定されている男性かもしれません。そんな男性にばかり惹かれるのであれば、貴女は立派な「だめんず好き女子」です。

今回は、「だめんず好き女子」の特徴を考えてみますね。

自立しすぎている

自分のことは自分で何でもできる自立した女子は、「だめんず」に惹かれる可能性が高いと言えます。何故ならば、自分に手がかからない分、困った人に時間と労力を捧げることができる余裕があるからです。

そういう女子は、特に可哀想な人を見るとほっとけません。まるで母親のような気分になり「どうにかしてあげたい」と思ってしまう傾向が。自立した女性はまず男性に何も求めていないことが多いと言えます。

  • 経済面では、男性に頼る必要なく自分で支払いできますし、好きなものは好きなように買えるという女子。
  • 娯楽面も、男性に連れていってもらわなくても、好きな時に行きたい場所に自分で行けるという女子。
  • 仕事面でも、男性に負けないくらいバリバリこなしているので、アドバイスも必要ないという女子。
  • 家事も自分で何でもこなせるし、機械の扱いもできてしまうという男勝りな女子。

そんなパーフェクトな女子が男子に求めるものは、ズバリ「男であること」だけです。何もできなくても「そこにいるだけでいい」ということになってしまうのです。自分に余力があると思う女子は要注意!「この人の為に何かサポートできることがないかな」と思ったことがあるという女子は、「だめんず」好きな女子である可能性はかなり高いと言えますよ。

男兄弟のいる女子

兄や弟など、男兄弟がいる女子も「だめんず」好きである可能性が高いと言えます。幼い頃から身近で男の生態を見ている為、男子がどういった考えで、普段はどんなことをしながら生きているのかをよく知っているわけですから、最初から男子にあまり大きな期待をしないのです。

少し期待をしていたとして、その期待通りに返ってこなくても「仕方ない、こんなものだから」とすぐに納得できてしまうのです。

つまり、最初から男性に過剰な期待を抱かないということですね。そんな最初から諦めモードの女子の前にたまに現れる、「マメ男」の存在に心惹かれてしまったりするのです!「マメ男」というのは、時間や労力を女性に費やしている男子のことで、程よければいいのですが…度が過ぎると「だめんず」となってしまいます。

しかし、最初から期待していない女子だと、とても優しく接してきたり、とてもマメに連絡してきたり、記念日にはいつも何かをプレゼントしてくれたり、いつも気にかけてくれると「素敵!」と思ってしまうのです。

今まで知っている男子とは違う!と勘違いして、「だめんず」にハマってしまわないように気をつけましょう。

褒め慣れていない

普段人から褒められることに慣れていない女子は、少しでも男性に褒められると嬉しくて好きになってしまう可能性が高いと言えます。最初は「そんなうまいこと言って」と怪訝な顔をしていても、何度も褒められると「あれ?」と気になってしまうのが女子です。そんな弱点を知っているのか自然なのか、褒め上手な男子っていますよね。

そんな人にハマりやすいのが「褒め慣れていない女子」なのです。

  • 「いつも頑張っているね」
  • 「その服可愛いね」
  • 「新しい髪型似合っているね」
  • 「料理作るの上手だね」

そんな些細な言葉でも、いつも言われていない女子にとっては最高の褒め言葉。「私のことをよく見てくれている!」と感動してしまうのです。

そんな女子が注意するべきなのは、相手が誰に対しても同じように言っているのか、自分だけに言っているのかということです。誰に対しても優しく、どこか良い箇所を見つけては褒めているような男子は「だめんず」の一種でもあります。

貴女だけに優しくて、貴女にだけ褒め言葉を言っているような不器用な男子を選ぶようにしましょう。

アラサー独身

「結婚に興味ないから」と言っている女子も、「早く結婚したい!」という女子も、アラサーで独身だと、多かれ少なかれ「焦り」を感じているものです。その「焦り」が災いとなり、知らぬ間に「だめんず」好きになっている可能性があります。

余裕があり充実した時間を過ごしている女子であれば、正確に判断する目を持っていますが、どこか焦りを感じている女子は視界が狭くなってしまいます。そんな時は、いつもは魅力を感じない「だめんず」に魅力を感じてしまったり、いつもは許せない部分なのに、ついつい妥協してしまい許せたりするのです。

そもそも、アラサーで独身だからといって焦ることなんて全く必要ありません。変に世の中の流れに流されているだけですよ。好きなことをしながら充実した日々を過ごしていれば、自然に素敵な男性と出会う機会も増え、まともに見える目を失うことはありません。

女子の皆さん!「焦り」は禁物です。周りの状況に流されず自分は自分だと構えていれば、「だめんず」を好きになってしまうことは避けられます。

恋愛小説大好き

リア充とは真逆に、リアルな世界は諦めて非現実な世界で生きている女子も要注意です。リアルな男子には理想にぴったりの人なんていないからと諦めて、漫画や小説の中の男子に憧れている女子はいませんか?

しかし、その男子はあくまでも私たち女子の理想の塊であり、妄想の中で存在するヴァーチャル男子です。もし実際に似たようなことをしている男子がいたとしたら、それは「だめんず」の可能性大と言えます。

小説の中でドSな男子が登場し、そんな男子に胸キュンしている女子が、リアル世界で似たような男子に会ったとしたら…それは単なるDV男の可能性が高いです。小説の中に登場する、常に好きな女子のことを見ていて、ピンチの時にすぐに助けに来てくれる男子に胸キュン。リアル世界でそんな男子に会ったら…それはストーカー気質が高いかもしれません。

小説の中で、夢に向かって一生懸命頑張っている男子が支えてくれる女子のお陰で大成功する。そんなストーリーに憧れている女子が、リアル世界で同じような境遇の男子に出会うと…数年後も状況は変わらず婚期を逃してしまった…ということもあるかもしれません。妄想の世界を楽しむことはとても良いことです。特に女子は妄想好きです。それでストレス解消をしているのです。

しかし、あくまでも妄想は理想の世界であることを忘れないでください!現実と妄想の世界は全く違う。そんな簡単な事実を受け入れられていない女子は「リアルだめんず」に注意です。

過信は禁物

貴女は当てはまってませんか?今まで気付いてなかったけどもしかして…と感じた方はいませんか?

自分では大丈夫と思っていても、ついついダメな男が気になってしまう…という母性本能が溢れている人は要注意です!その優しさが「だめんず」を引き寄せているかもしれません。もし当てはまるようであれば、男性に対して母性を出しすぎないように気をつけてくださいね。

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.