JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

男性がやってしまいがちな女性がドン引きしているアプローチ


好きな女性ができてもどうやってアプローチすれば良いかわからない。とりあえず押してみてはいるけど加減がわからず空回り…なーんていう経験をしたことがある、もしくは現在進行形でしている男性は意外と多いはず!うまくいく可能性があった恋愛も、女性がドン引きするようなアプローチをしてしまったがゆえに、可能性の芽がつぶれてしまうことだってあるのです!

自分はスマートにアプローチできているから大丈夫!と思い込んでいる男性も、この記事を読めば意外と新たな発見があるかもしれません。

最強タッグのVRが登場!
確実に世界が変わります数ある作品を押しのけアダルトVRが上半期売上ランキングTOPを獲得!
いつまで2Dでオナッてるの?
今すぐハイクオリティでお得なVRを体験してみよう! 気持ちよさ・感動ともに当サイトが保証します

男性がやってしまいがちな女性がドン引きしているアプローチ

それでは今回は、「男性がやってしまいがちな女性がドン引きしているアプローチ」を紹介していきたいと思います。

連絡頻度が多すぎる


これは特にやってしまいがちです。付き合い始めなどで好きな人からの連絡なら多少頻度が多くても嬉しいものなのですが、勘違いしてはいけません。あなたはまだ彼女の好きな人かどうかもわからない状態なのです。

それなのに

  • 「おはよう♡」
  • 「今日はいい天気だね☆」
  • 「今出勤前にコンビニに来てるんだ」
  • 「今ぼっちランチ~(寂しい)」
  • 「今仕事終わったよ~!疲れた~」
  • 「今日も一日お疲れさま。おやすみ♡」etc.

こんな連絡が一日中延々と送られてくるのです。面倒くさい…というかうざい。うざすぎます。特に自分主体の文章でどうでもいい内容ばかりを押し付けるのは最悪です。大好きな女性のことをもっともっと知りたい気持ちはわかります。

しかし、ここはグッとこらえて軽めの質問とその答えに対する共感程度にしておくのが無難でしょう。

付き合ってもいないのに「おはよう」から「おやすみ」までは、ハッキリ言って迷惑でしかないのでくれぐれも送らないように!

馴れ馴れしくボディタッチする


これはまず警戒されます。男性としては一秒でも早く距離を縮めたい、一秒でも早くホテルに連れ込みたい、とりあえずキープしたいなどさまざまな思惑があるのだろうと思います。

しかし、焦りは禁物です。

いきなりボディタッチをしても、女性にはすぐにカラダ目的だということを悟られてしまいます。普通の女性だったらそれはもうドン引きです。元カノにしていた名残などでついやってしまったということもあるかもしれませんが、カラダ目的だという気持ちはこれっぽっちもなくても、カラダ目的だと思われてしまう可能性も十分あるので要注意です!

公共の場でしつこくアプローチしてしまう


すごく距離の近い男性っていますよね?好き好きオーラ全開で接してしまう人です。こういう人ってたいがい面の皮が厚く、何度断られてもしつこく連絡先を聞き、アプローチしてしまっていることが多いように感じます。

公共の場で俺の獲物だと言わんばかりにアプローチすることにアツくなっている男性もいらっしゃるかと思いますが、完全に逆効果です。あなたは公共の場でアプローチできる自分に酔って「俺すげぇ!」となっているかもしれませんが、相手の女性はとても恥ずかしい思いをしている可能性が大です。

そんな女性に公共の場でしつこくアプローチなんかしてしまった日には、二度と口もきいてもらえなくなる可能性もあります。本人は気付いていないことが多いと思うので、一度周囲をよく見て自分のしていることを冷静に客観視してみると良いかもしれませんね。

彼氏がいるからと断られているのにしつこくアプローチしてしまう

「彼氏がいてもどうにかして自分のものにしてやりたい」「どうしてもあきらめられない!彼女しかいない!」あなたがそう思うのでしたら、その女性はとても魅力的な女性なのでしょう。

しかし、断られているにもかかわらずグイグイいくことは良いことではありません。彼女には彼女の事情があります。もしかしたら彼氏と超ラブラブの可能性もあります。本当は彼氏なんかいないかもしれません。彼氏とうまくいってはいないけれど、あなたにも興味がないから断られているということも考えられます。

ひとつだけ明らかなことは、あなたは断られているということです。この事実だけは揺るぎません。このことを理解しているのならば、アプローチの方法が適切ではないということは容易に想像がつきますね?

彼氏がいてもどうしても手に入れたい女性がいるのでしたら、グイグイいくのではなく、まずは爪を隠して近づき、相手の情報を集めながら機を待ちましょう。相手に警戒されない距離感まで近づくことができたならきっとチャンスはやってくはずです。

チャンスの見極めは非常に難しいですが、断られているのにグイグイいって玉砕するよりは、この見極めのチャンスに賭けたほうがよっぽど確率はあがることかと思います。くれぐれもしつこくならないように!

同僚や友人と結託して付き合おうとする


これは最もタチの悪いもののうちの一つなのではないでしょうか。

する側は「どんな手をつかってでも!」と必死なのかもしれませんが、なんとも思ってない友達や同僚たちにこんなことをされる身にもなってください。確実にいい気はしませんし、「そんな手段を使わないと告白もできないの?男らしくない!」などと女々しいオトコのレッテルを貼られかねません。

そして彼女は今の居場所の居心地が悪くなるでしょう。可能ならば、今いるコミュニティから離脱していく未来が待っているかもしれません。そうなってしまっては元も子もありません。

彼女にアプローチしようと考えているのでしたら、女々しく外堀から埋めていくのではなく、男らしく誠意をみせてアプローチしましょう。

女性にアプローチする前にはひと呼吸


遺伝的により多くの子孫を残そうとする男性に対し、女性は一人のパートナーの子孫しか残せない体の構造になっています。極端な話、男性は一発出せばそれで子孫を残すことができるのに対し、女性は子孫を残すのに約九カ月もの間体内で子供を育てなくてはならないのです。そのため女性は子孫を残す男性をより厳選する傾向にあると考えられます。

そんな女性に対してのアプローチというのは、たとえ遊び感覚でもやはり慎重にいくべきなのではないでしょうか?世の中絶対はありませんが、少し情報を集めるだけでもうまくいくことだってたくさんあります。

今回の記事を読んで、意外と自分もドン引きアプローチやってしまっているかも!?と思った方は要注意です!何にせよ彼女のことを手に入れたくてアプローチしているわけですから、やはり成功させたいですよね?ドン引きアプローチやってしまっているかも!?な人は、特に女性にアプローチするときには一呼吸おいてよーく考えてからアプローチしたほうが良いかもしれません。

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.