JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

遠距離恋愛を始める前の心構え


「進学先の違いで春から恋人と遠距離になってしまう」「仕事の転勤で遠距離になってしまう」など恋人と遠距離になってしまう人はあとを絶ちません。

さらに近年、インターネットが普及し、それに伴いネットで出会うということも日常になってきたのではないかと思います。しかし、近場で出会えるのなら問題ないのですが、必ずしも相手が近場の人とは限らないのがネット恋愛ですよね。この場合、最初から遠距離恋愛というとてもハードモードでの開始です。

そんな遠距離恋愛ですが、やはり成功率は低いようです。主な理由としては、

  • 「会いたいときに会えない」
  • 「お金も時間もかかる」
  • 「期限がなく先が見えない不安」
  • 「だんだん面倒くさくなってくる」
  • 「近場で他にいい人を見つけてしまった」

などです。悲しいですねぇ…
せっかくこの広い世界で出会えた二人なのですから、できればうまくいってほしいものです。

売上爆発中のアダルトVR!
いまやオカズはVRエロ動画が普通!数ある作品を押しのけアダルトVRが上半期売上ランキングTOPを獲得!
オナニーも仮想現実の世界に突入!
今すぐハイクオリティでお得なVRを体験してみよう! まだ体験してないかたは損をしているかもしれません

遠距離恋愛を始める前の心構え4選

今回はこれから遠距離恋愛を始める人たちに向けて、遠距離恋愛を始める前の心構えをまとめてみました。

ルールは決めても良いがきびしくしない


よく言われるのが、「毎日決まった時間に〇〇分以上電話しようね」などという約束をしてしまうことです。最初は楽しいと思います。しかし、のちのちほぼ間違いなくこの縛りが二人を苦しめることになるでしょう。毎日決まった時間に連絡するということは、その前後の時間の調整も必要になってきます。

遊びに行って帰りが遅くなる日もあるかもしれません。そんな楽しい時間の最中にパートナーとの連絡の時間がふと頭をよぎるかもしれません。

時間を決めて連絡を取り合っている場合、もしいつもの時間に相手からの連絡がなかったとき、「なにかあったんだろうか?」「いつもこの時間に連絡するって言ったのに!!なんでこの時間に連絡がつながらないの!?(イライラ)」これではお互い少しずつ不満がたまりかねません。パートナーを気にしながら過ごしても楽しい時間も半減してしまいます。

ですので、連絡のルールは細かく設定せずに、肩の力を抜いて、できるだけお互いのしたいときにするようにしていけたら良いと思います。

他によくあるのは、「絶対月に〇日はお互い行き来して会おうね」などもあります。これも決めるのは構いませんが、絶対というのは避けたほうが無難だと思います。最初から「自分が一方的に通うことになっても構わない」くらいの気持ちでいると不満は出辛いと思います。

このようなルールは、お互いがよほどルールを真面目に守ることのできるきっちりした性格でない限り、守り続けることはかなり困難であると思います。ルールがあっても臨機応変にルールを変えていけるような関係のほうが遠距離恋愛はうまくいくでしょう。

相手を疑わない


遠距離恋愛を始めたら、正直あやしいと感じることはいくらでも出てきます。だからといって四六時中LINEなどで相手に連絡をいれたり、SNSで監視したりするのはやめましょう。疑いだしたらキリがありません。全面的に自分のパートナーを信じることに徹しましょう。
そのほうが余計な感情が邪魔をせず、お互い絶対うまくいきます。

もしも疑わしいことが起こってしまった場合、相手を問い詰めるのではなく、苦しいかもしれませんが、相手にもっと愛情を注ぐことで解決していく方向ですすめていきましょう。疑ってしまった場合、ちょっと勘のいい相手でしたらおそらく気付かれてしまいます。そんなことが積み重なれば破局は時間の問題です。

ですので、最初から「何かあるかもしれないけど、何があっても相手を疑わない」という強い気持ちをもって遠距離恋愛を始めると良いかもしれませんね。

逆に相手に疑われてしまう場合もあります。そんなことがないように自分の中で「異性の話は極力しない」や「異性のいる飲み会などには極力参加しない」などのルールを設けておくと良いかもしれません。

お金がかかるということ


遠距離恋愛は普通の恋愛に比べ、お金が格段にかかります。特に移動が飛行機などの場所での遠距離恋愛は相当な覚悟をしておかなければなりません。一回会うだけでも相当な金額が相手との楽しい数日で吹き飛んでいきます。具体的には、移動費、食費、プレゼントやおみやげ代、そして相手が実家暮らしなどで相手の家に泊めてもらえない場合はホテル代、その他もろもろ…

最初に多少は考えていても、遠距離の状態が終わらない限り永久に終わらないことなのですから、相当な覚悟で挑む必要があると思います。ですので、ここはもう損得勘定で動かない、使うお金は決めておくが使ったお金は忘れるようにしたほうが良いかと思います。

くれぐれも恩着せがましく「〇〇を買ってやった」や「この日の食事代は全額自分が負担した」、「自分は〇回そっちに行ったのにそっちは1回しか来たことがない」などと文句を言ってしまわないように!

最初にお金がかかるということをしっかりと頭に入れておけば、金銭面で少々理不尽なことがあったとしても、別れにつながるような文句は出てこないはずです。「こういうもんだ」と最初から割り切っておきましょう。

空いた時間の有効活用


近距離でもよくあることなのですが、空いた時間は常にパートナーのことを考えてしまう人がいます。しかし遠距離恋愛においてこれは自分の首を絞めかねません。そもそも遠距離恋愛は近距離恋愛に比べて自由な時間がかなり多いです。近くにいればデートしていたと思われる時間もポッカリ空いてしまうなんてこともザラです。

この会えない時間の使い方が重要なのです。会いたいと思った瞬間に会いに行ける距離なら良いのですが、物理的に不可能なことをずっと考えていても、エネルギーだけ消費されていき、虚無感が増幅され寂しさが募る一方でしょう。

そこで、この空いた時間を有効活用してみてはどうでしょうということです。具体例として、例えば趣味に打ち込むことはとても効果的だと言えます。

何か熱中できることがあるのでしたら、それをやっているあいだは一時的にパートナーのことを忘れて、通話や実際会える日までとことん打ち込んでみると次にパートナーと接するときに意外な一面や魅力を見せるチャンスにつながるかもしれません。

遠距離恋愛は少しの心構えで楽になる!?


ここまで読んでくださった方はわかると思いますが、基本的に遠距離恋愛は普通の恋愛と違って苦しいことが多いです。特に会いたいのに会えない夜は、枕を涙で濡らす日々が続くかもしれません。しかし「遠距離恋愛とはこういうものなんだ」と少し心構えをしておくことで、しなくてよかった嫉妬や不満が抑えられることもあります。

遠距離恋愛は時間が解決してくれるということを忘れないでください。良い未来か悪い未来かはわかりませんが、いつかは終わりがきます。これから遠距離恋愛を始める予定のみなさんは良い未来を勝ち取るために、ぜひ少し「遠距離恋愛とはこういうものなんだ」という心構えをしてみてください。

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.