JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

メールでモテちゃうって、どんな特徴があるの?

モテる人、モテない人はメールにも特徴があるってご存知ですか?せっかく興味を持った相手とメールアドレスを交換したのにフェードアウトしてしまうのはモテないメールだったから!逆にそこまでじゃなかったけれどメールのやりとりをしているうちに「この人いいかも!」なんて思ってしまうこともありますよね。

普段言葉に出しにくいことも、伝えるハードルがちょっと下がるのもメールのメリット!シャイなあなたでも少し積極的になれる、態度での駆け引きなんてうまくできない!なんて方も一回落ち着いて読み返せる。そんな便利なツールを恋愛の場で上手く生かさないなんてもったいない!

売上爆発中のアダルトVR!
いまやオカズはVRエロ動画が普通!数ある作品を押しのけアダルトVRが上半期売上ランキングTOPを獲得!
オナニーも仮想現実の世界に突入!
今すぐハイクオリティでお得なVRを体験してみよう! まだ体験してないかたは損をしているかもしれません

メールをうまく生かしてモテちゃいましょう

メールだけで上手くいくことは難しいかもしれませんが、うまく生かせば効果的。そんなメールの使い方、もう一度見直してみませんか?

男性には返事をしたくなるメールを!

最近ではSNSでのやりとりが主流で、長いメールを打たなくなり、リアルタイムでのやり取りが多い気がしませんか?

実は文章が長いメールって読むのに疲れてしまうし、返事をしにくいもの。しかも1回で長文を送ってしまうと、あなたからのメッセージは1通で終わり。次に書くことがなくなってしまいます。あなたの情報を小出しにすることで彼はあなたのことが知りたくって返事を返してくることもあるのです。

また、男性はやり取りの間に待たされることで興味がそれてしまいます。ポンポンとキャッチボールのやりとりができなければ「間の悪い女」になっちゃうのです。SNSでのやりとりなら簡単な返事はスタンプ1つでも「感情を伝える」ことのほうが男性は喜ぶのです。お誘いメールが来て嬉しければ、とりあえず「嬉しい!」気持ちを伝えてから本題の約束に進めばいいのです。

女性が送ってしまいがちなNGメールは「長文の日記」メール。彼はあなたに興味があるかもしれませんが、あなたが何をしていたかなんてしょっちゅう送られてきたら返事に困ってしまうもの。一回メールを書いてから、それが彼や友人から送られてきて嬉しいものか?返事をしたくなるか?読み返してから送信をするか決めましょう。

返事をしたくなるメールは楽しい会話のようなメールであって、質問をして返事を期待しています。というメールは負担になるので避けましょう。あなたも「今何しているの?」「ご飯何食べた?」「明日は何をするの?」なんて質問攻めにされたら見張られているような息苦しさを感じると思います。あくまで「ここでメールが終わっても問題ないが、楽しくてつい返してしまう」ということが大事。

距離が近づいたと思うとやってしまうのが、愚痴や噂話メール。話す内容が思いつかなくなったり、用はないけれど構ってほしかったりするときに送ってしまいがちですが、これらはあなたの印象をネガティブに印象付けてしまうのでやめておきましょう。

今では参考になる文章ってSNSにもあふれているもの。ついついみんなが返信してしまうような文章ってありませんか?そこから学ぶのも「モテるメール」の秘訣です。せっかく登録しているのならうまい文章をどんどん盗んじゃいましょう!

女性が気になる男子は返信の早い順!

女性はメールを送ってきたタイミングが「あなたと話したい!」の合図。そのタイミングで話がどんどん進めば、デートの約束もすぐに取り付けられるのです。女性って自分から誘うのは…。なんて思っている子が多いので、メールがサクサクやりとりできるならあなたと話していて楽しい、もっと話したいということ。お誘いをしてもNGということはまずありません。

男性から女性へ送るメールは「返事を期待しない」程度が◎。たとえば「今日は楽しかったよ!ありがとう。次はいつ会える?」なんて送ってもたぶん返事はしばらく来ません。次に会うか考え、どのタイミングならコンディションがいいのか考え、そこにあなたと行く必要があるか考え…と、よほどフットワークの軽い女性でない限り、「次回のデートはすぐ決まらない」のです。

先の話をするよりも「今日は楽しかったね!帰り道気をつけて」程度の、今の彼女を気遣ってあげると喜びます。たくさん歩いたデートの帰りなら、「足は痛くなってない?ゆっくり休んでね」なんて言っておけばいいのです。

すぐに次のデートに誘われたら「早くヤりたい」って思われているの?なんて思うのも女性です。次を焦らずに、メールでも君と話せることが嬉しいとアピールできるようにしていきましょう。

男性に誘われて嬉しいタイミングは女性からの「暇アピール」が来た時です。男性からしたら「だから何?」と思うような「何してるの~?」「ひまー!」とメールが来たら誘ってほしいタイミングなのです。

男性から女性へのメールで気を付けたいのは「柔らかい雰囲気」を心がけること。普段は「報連相」のためのツールでも、相手が女性なら絵文字やスタンプで楽しく柔らかい雰囲気にしてあげると会話も弾みます。初めてのメールで緊張して「業務メール」のようになってしまったら女性も構えてしまうものです。

ただ、絵文字やスタンプを多用しすぎると軽い感じや慣れている印象になってしまうので、ところどころや、一言で済む場合に使うくらいが効果的。

男性の友達同士では一言ずつの「何時に○○」「了解」なんてやり取りで済むところも、女性とのメールには「何時に〇〇でいいかな?場所はわかる?」「了解!楽しみだ~!」なんて文字に温度を付けてあげると女性も気持ちが乗ります。男性同士ではいらない「感情」を女性とのメールでは大事にしましょう。

モテるメールの法則

今では特に長い手紙を読んで嬉しいなんて風習はなくなってきているのです。いかに「リアルタイム」で「会話をするように」メールをできるかが重要。

相手とのやり取りが増えてくるにつれて「どの時間帯ならメールをしやすいのか」がわかってくるはず。そこでいつでも話しができる相手になれれば、その相手のその時間はあなたと話をする時間として習慣になっていき、生活の一部として入り込めるのです。

生活の一部になってしまえば、あなたのメールが来ないことに対してご飯を食べ忘れたり、お風呂に入りそびれたり…といった「物足りなさ」につながります。あなたが居ないと物足りないと思わせれば、あとは二人で過ごす時間を増やしていくだけ。

男性も、女性も「興味のないことへの話題」を振られてもこまるのが一般的。自分の1番好きなものや得意分野でも、必要になるときまではその知識は披露しなくていいのです。自分がもらって嬉しいメールを送ることを心がけるのも大事です。でもそれは自分がいいからいいのではなくって、第三者として嬉しいか?ということです。

メールを恋愛にうまく取り入れましょう

メールだけでモテることは難しいものです。まず連絡先を交換できるかにもかかっています。けれど連絡先を聞けた時点ではあなたに対して悪い印象を持ってはいないということ。メールでのやり取りによってその先をお互いどういう関係にするのか探っている状態であること。あくまで「次への繋がり」を作った段階です。

しかしたったメール、されどメール。メールをおざなりにしては良い相手をみすみすのがしてしまうことにつながるのです。

せっかく出会ったのなら、連絡先を聞いて相手の好きなもの、都合のいい時を知って二人の時間を作っていく。ありがたいことに今時メールでいつでも相手に言葉を伝えられる時代だから、恋愛にもうまく使っていきたいですね。

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.