JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

使いこなしてメロメロに!誰でも上手になれるキスの上達法

好きな人とキスをすれば誰でも幸せな気持ちになれますよね。キスがうまくできればそれだけで自分も相手も気持ちが高まりお互いをより大切に思うことができるようになります。逆に下手なキスをしてしまうと相手を嫌な気持ちにさせてしまったり幻滅されてしまい、二人の関係が悪化してしまう可能性もあるのです。

そんな二人の関係を良い方へも悪い方へも導く力があるキスですが、やはり恋愛において必要不可欠な物ですし上手く使いこなせばこれほど相手を魅了する行為もありません。この機会に相手をメロメロにさせる方法を学んでキスを上達させてみませんか?

売上爆発中のアダルトVR!
いまやオカズはVRエロ動画が普通!数ある作品を押しのけアダルトVRが上半期売上ランキングTOPを獲得!
オナニーも仮想現実の世界に突入!
今すぐハイクオリティでお得なVRを体験してみよう! まだ体験してないかたは損をしているかもしれません

ただ唇を重ねればいいというものではない

キスはただ唇を重ねればいいというものではありません。また、自分が気持ちよくても相手も気持ちいいと感じているとは限りません。なので、しっかりキスのやり方を学びスキルを上達させることが重要なのです。

今回はそんなキスの誰でも上手になれる上達法をまとめてみました。「相手をもっとメロメロのキスで魅了したい!」「キスだけで相手をエッチな気分にさせたい!」というやる気に満ち溢れた方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

キスをする前に自分の口内環境を確認

キスをしたときに一番気になることと言えば口臭ですよね。相手の口臭が気になるのも嫌ですが、自分の口臭を相手に不快に思われてしまうのは本当にショックです。なので、キスをする前にはしっかり口内環境を確認しておきましょう。

口臭対策グッズを使う

口臭対策をしっかりしておかなければ、いざキスをしたときに相手に口臭で嫌な思いをさせることはありません。いつでもキスができるように日頃から口臭対策グッズを使って口内環境を清潔に保っておきましょう。毎日の歯磨きに加え、舌磨き、液体洗浄、ガムやタブレットを噛むなど口臭には常に気を配っておくとよいでしょう。

焦らずゆっくり

キスをするときは焦らずゆっくり相手に近づいていき、唇が触れ合ってからもゆっくりとした動きを心がけるのが基本です。くれぐれもキスを始めていきなりディープキスをするのはやめましょう。キスには雰囲気が大切ですがディープキスはさらによい雰囲気が要求されます。さらによい雰囲気とはキスを始めてからやさしく触れたり見つめ合ったりして生まれるものです。

キスを始めていきなりよい雰囲気にすることは難しいので、焦ってディープキスをしてしまうことのないように心がけましょう。キスが盛り上がってきたらディープキスに挑戦してみましょう。舌の力を抜いて一番柔らかい状態で相手に触れることを心がけましょう。

手の動きに気をつける

上手なキスには手の動きがとても大切です。手ひとつで二人のキスの盛り上がり方は段違いになります。キスが始まったらキスの感触を楽しむことももちろん大切ですが、手を動かすことを意識してみましょう。相手の髪や顔、背中や腰などをやさしくなでるように触ってあげましょう。きっと相手はその気持ちよさに興奮してくるはずです。

二人の仲がまだそれほど進展していない場合は上半身や主に顔回りを中心に、二人がかなり深い仲の場合は下半身も混ぜていくと盛り上がります。

緩急をつける

ずっと同じようなキスが続くと少し物足りなく感じてきてしまいます。そこで、緩急をつけるということが重要になってくるのです。キスが始まった当初はゆっくりやさしいキスを心がけているかと思いますが、だんだん盛り上がってくるとキスが激しいものになっていきますよね。

こうなってしまうとずっと激しいキスばかり続けてしまいがちですが、ここであえてやさしいキスを混ぜてみることで相手を飽きさせないというテクニックがあります。このテクニックを覚えればあなたはかなりキスの上級者に近づいているはずです。

甘噛みしたり吸う

相手の唇を甘噛みしたり吸うということも単調なキスに刺激を加えるのにちょうどよいテクニックです。同じような刺激ばかり与えているなと感じたときに相手の唇を甘噛みしたり吸ったりしてみましょう。

そうすることで相手を飽きさせることなくキスを盛り上げることができます。噛み方や吸い方も強くしたり弱くしたりといろいろと試してみましょう。

NGキス

これまでキスの上達のためにさまざまなテクニックを書いてきましたが、ここからは逆にやってしまうと相手を嫌な気持ちにさせてしまうNGキスを紹介していきたいと思います。

よだれでベトベト

男性はよだれでベトベトのキスでも大丈夫という人が多いかもしれませんが女性はほとんどの人が気持ち悪いと感じています。

よだれで相手の口の周りをベトベトにしたり、ましてや唾液を移そうなんてことはそういうプレイがお互いに好きとわかっている状態でもない限りしないようにしましょう。いきなり相手に唾液を飲ませようと移してしまった場合、相手に強烈なトラウマを植え付けることになりかねません。充分注意しましょう。

歯が当たる

「歯が当たって痛かった」というのはファーストキスのエピソードでよく耳にすることですが、大の大人でもやってしまう人はいます。酷い場合は歯でどちらかの唇が切れてしまいお互い口の周りを血で真っ赤にしながらキスすることになりかねません。歯が当たってしまうとせっかくのいいムードも一瞬にして台無しになってしまいます。

これはゆっくりとしたキスを行うことで防げることなので、できるだけゆっくりと雰囲気を壊さないように注意しながらキスを行うようにしましょう。

呼吸が出来ない

キスすることに夢中になり過ぎて呼吸のタイミングを見失ってしまうということがあります。自分だけならまだよいのですが、自分が呼吸できないくらい激しくキスをしているときは大体相手も同じような状況になっています。

ディープキスなどで一番盛り上がっている状態のときに苦しくなってしまい、途中で息継ぎのために変な間ができてしまわないためにも呼吸するタイミングは常に考え、ところどころで息継ぎをするように心がけましょう。

本番でしっかりできるように頭に入れておくことが大切

今回まとめたキス中のテクニックを頭に入れ、本番でしっかり行うことができれば、相手はあなたのキスにメロメロなること間違いなしです。

まずはイメージトレーニングでキス中に心がけることを頭に叩き込んで、いざ本番を迎えたときにしっかり動けるように準備しておきましょう。

-キス
-, , ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.