JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

コーヒーを飲むとおっぱいが小さくなる!? コーヒーの正しい飲み方

女性のみなさんの中にはコーヒーが大好きという方がたくさんいるはずです。スタバやタリーズなど街にはさまざまなコーヒーショップが溢れ女性たちが行列を作っている姿もときどき目にします。でもちょっと待ってください。コーヒーにはおっぱいを小さくしてしまう効果があるということをご存知でしたか?

「そんなことを知ってしまったらもうコーヒーなんて飲めない!」と思ってしまうかもしれませんが、そんな女性たちのために今回はコーヒーの成分からおっぱいを小さくしてしまわない飲み方までを詳しく紹介しちゃいます。

大人気女優のVRも半額!
4月25日(水)から5月9日(水)までの二週間!DMMの対象作品がなんと半額!
紗倉まなをはじめとする大人気女優作品や超リアルで抜けまくると話題のリアル痴漢シリーズまで50%オフ!
ぶっちゃけ大人買いまで検討するレベルです。
不定期開催の最強キャンペーンを逃すな!

おっぱいが小さくなってしまうのはなぜ?

コーヒーにはあなたの体にもたらすさまざまな効果がありますが、そんな中でもコーヒーがおっぱいを小さくしてしまう効果というものはどうして起こるのでしょうか。

それは、コーヒーにたくさん含まれているものの代名詞とも言えるほどの存在であるカフェインによるものが多いのです。コーヒーがおっぱいを小さくしてしまう理由は次のようなものがあります。

カフェインよる血管収縮作用

カフェインはコーヒーに含まれる代表的な成分ですが、過剰摂取はよくないということはさまざまなところで目にしますよね。

カフェインの主な効果として体を冷やす効果があります。これはカフェインが持つ血管を収縮させる作用のために起こります。血管が収縮すると体の先まで十分に血液が行き届かなくなってしまったり血行が悪くなってしまったりするわけです。

するとおっぱいを大きくするために必要な栄養素がおっぱいまで届かなくなってしまい、徐々におっぱいは小さくなっていくのです。

覚醒作用によって

カフェインには覚醒作用というものがあります。覚醒作用と言うのは単に眠気を覚ますだけではなく、気分を高揚させたり感覚を研ぎ澄ますことができる効果なのです。

体をこの覚醒状態にしてしまうと眠れなくなってしまいます。女性のおっぱいが成長する時間はPM10時頃からAM2時頃と言われているので、その時間に眠れなくなってしまうのはおっぱいを成長させたいと考えている方にとっては深刻な問題です。

カフェインは摂取してから30分後くらいから効果が現れ始め、3時間くらいは覚醒状態が続くので寝る前には特に摂取してしまわないように注意しましょう。

利尿作用によって必要な栄養素が排出されてしまう

形の良いおっぱいを作るためにはビタミンCやカルシウムが必要不可欠ですが、カフェインを過剰摂取してしまうとそれらの栄養素が利尿作用によって出ていってしまう恐れがあるのです。

せっかくおっぱいを作るための栄養素を摂取していてもすぐに出してしまっていてはもったいないですよね。なのでカフェインを多く含むコーヒーの過剰摂取には十分注意しましょう。

飲みすぎると女性ホルモンの活動を抑えてしまう

カフェインは摂取しすぎると女性ホルモンであるエストロゲンの活動を抑えてしまうという作用もあります。おっぱいの成長にはこの女性ホルモンがかかせないので、カフェインを摂り過ぎるということはおっぱいが小さくなることに繋がります。

それだけではなく、あくまで過剰摂取した場合ですが、ホルモンバランスを崩してしまう恐れもあるので注意しましょう。

脂肪燃焼作用

カフェインには脂肪燃焼作用があるため、カフェインダイエットなどという言葉も良く耳にします。脂肪を燃焼させてダイエット効果を狙うということはもちろんおっぱいも小さくなっていってしまうということなのです。

コーヒーには良い効果も

「こんなにもコーヒーにはおっぱいを小さくしてしまう効果があるならもう絶対飲まない!」と思う方もいるかもしれませんが、コーヒーにはおっぱいを成長させるために良い効果もあるのです。

それはエストロゲンを増やす効果です。さきほど「『飲みすぎると女性ホルモンの活動を抑えてしまう』の項目でエストロゲンの働きを抑えてしまうと書いたばかりなのにどういうこと?」と思う方も多いはずなので説明します。

カフェインは摂取しすぎるとエストロゲンの働きを抑えてしまうのですが、適量の摂取ならエストロゲンを増やすという効果があるためおっぱいの成長に役立つのです。

さらにコーヒーにはポリフェノールが多く含まれていて、このポリフェノールの抗酸化作用によって細胞や血液を常に若々しく保ってくれるという効果が期待できるのです。他にも抗酸化作用によって乳がんの予防効果などもあるので体にとってはとても良い飲み物でもあるのです。

コーヒーの正しい飲み方

バストアップを目指している方でコーヒーが大好きだという方も結構いるはずです。そんな方が気になることと言えば、ズバリ「バストアップを目指しているならコーヒーを飲まない方がいいのか」ということでしょう。

たしかに飲まなければリスクは避けられますが、大好きなコーヒーが飲めないことによってストレスが溜まってしまいます。すると今度はストレスからホルモンバランスが崩れてしまい結果的におっぱいが小さくなってしまうことに繋がりかねません。

1日3杯までなら大丈夫!

これまでの説明でコーヒーは適量なら女性ホルモンの分泌を促してくれて、さらに乳がん予防にもなるということがわかったと思います。つまり適度にコーヒーを飲むことはおっぱいにとっては良いことなのです。では、具体的にはどれくらいの量なら大丈夫なのでしょうか?

その答えは1日に摂取するコーヒーの量と胸のサイズの関係を調べたスウェーデンのルンド大学、Helena Jernstrom教授が発表した論文に書いてありました。

教授の論文によると、1日に3杯以上コーヒーを飲む女性は、それ以下の女性に比べて胸のサイズが17%小さくなり、大きな胸を持つ女性ほどそのリスクが高くなるとのことでした。

引用元:PMC

このことから1日のコーヒー摂取量を3杯以内にしておけばとりあえずは問題なさそうだということがわかります。それ以上飲んでいる方は少し意識して自分のペースで1日3杯程度に抑えていくのがよいのではないでしょうか。

適切な量を摂取していきましょう

コーヒーを1日3杯以上摂取すれば、みんながみんなおっぱいが小さくなるわけではないのですが、やはり女性としてはおっぱいのサイズの増減は気になる話ですよね。

今回の記事で、コーヒーにはおっぱいのサイズに影響を与える効果があるということを知り、自分のおっぱいのサイズと向き合いながら適切にコーヒーを摂取していけるようになりましょう。

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.