JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

彼の友達って実は鬼門?さまざまなケースに対する対処方法

恋人ができると、どうしても関わり合いを持つことになってしまうのが、彼の友だち。彼には彼で培ってきた交友関係があるため、多い少ないに関わらず、当然ながら友人はいますよね。恋人との距離が近くなればなる分、彼の友だちと関わる可能性も増えてきます。

「類は友を呼ぶ」という言葉はあるものの、彼がいい人だからと言って、その恋人である自分にとって彼の友人がいい人であるとは限りません。しかし、彼の友だちと会ってみて嫌な思いをしたとしてもそれを彼に正直に伝えるのは少し難しいですよね。

VRでおっぱい三昧!
最強ハーレムを体験できるのはアダルトVRだけ!年間500万本以上も売り上げるアダルトVRの破壊力がヤバイ!
風俗体験も気軽にできる!リアルすぎてフル勃起間違いなし!
今すぐDMMのハイクオリティなアダルトVRを試してみよう! 一瞬で自宅が風俗店に!

どのようなケースがあるのかを知っておきましょう

事前にさまざまなケースとその対処法を知っておくことで、嫌な思いを軽減することができます。では、いったいどんなケースが考えられるでしょうか。ご紹介します。

彼の友だちに口説かれた

彼がちょっと席を外した隙に、彼の友だちから口説かれる…というのは実は少ない話ではありません。そういう男性は大抵、横恋慕を狙っているか、彼との絆が本当かどうか確かめようとしています。いずれにせよ、そこでいい顔を見せたりはっきり断らずに誤魔化すというのはよくありません。

彼の友だちだからこそ拒絶しにくいというのも分かりますが、拒絶しないことで「もしかして気があるのかな?」「押せば流されそう」と思われてしまいます。あとになってその友人から「あの子、結構軽いよ」と誤解を受けるようなことを言われたら嫌ですよね。

あらぬ誤解を受けたり、その後もしつこく口説かれるより、最初のうちに誘いはきっぱりと断り、「流されやすそうな女性」という印象を払拭しましょう。

彼の友だちがマナー知らず

彼の友だちとの交流が始まると、一緒に飲みに行ったり遊びに行ったりする機会も増えるときがあります。しかし、その友人が必ずしも一般常識を兼ね備え、マナーを守る人だとは限りませんよね。

例えば酔っ払ってお店で馬鹿騒ぎしたり、禁煙の場所で煙草を吸ったり、周りの迷惑をまったく考えない人である可能性もあります。しかし、全く知らない人ならば注意することはできても、彼の友だちだからこそ、一方的に注意することで彼が気を悪くしてしまうという可能性もあります。

そんなときは、彼の友だちの目に余る行動を彼に伝え、彼から友人たちに注意してもらうのが無難です。彼も、いくら正しいと分かっていても自分の恋人が自分の友だちに注意する姿は見たくないもの。

彼から注意してもらえば角も立ちませんし、彼の友だちもすんなり受け入れてくれる可能性も高いです。彼の友だちのマナーが気になった時はこっそりと彼に伝えましょう!

女友だちが彼に馴れ馴れしい

女友だちがひとりもいない男性というのはむしろ珍しく、大抵の男性には女友だちと呼ばれる女性が傍にいることが多いです。多くの場合、彼と女友だちとの関係は、自分たちがつき合う前から続いているでしょう。

「彼女持ちだから」という理由でつき合い方を考えてくれるような女友だちならばいいですが、中には独占欲からか、「彼の方が私を知ってる!」という対抗意識を燃やしてくるような女性もいます。

しかし、もしもそのような態度を取られたことを彼に言ったところで、「俺の友だち関係に口出しするの?」「嫉妬?」と思われてしまいます。確かにつき合いは長いかも知れませんが、所詮は友だち。関係性の深さで言えば恋人の方が親しいですよね。あまりにも度が過ぎる場合は別ですが、女友だちの存在はあまり気にし過ぎないようにするのがいいでしょう。

彼の友だちが元カレ

彼氏の友だちの中に元カレがいたという場合。最初から元カレとの共通の友人と知ってて好きになってしまった場合は気まずくなることは覚悟しなければなりませんが、知らずにうっかりつき合ってしまうということはありえないことでありません。

そこで元カレと示し合わせ、「なかったことにしよう」と過去を隠してしまうと、万が一それがバレてしまったときに、「どうして黙っていたの?」と彼に疑われかねません。

後から気まずくなるよりも、最初に気まずい思いをしたほうがいいですよね。万が一、彼の友だちの中に元カレがいることを知ってしまった場合は、正直に彼に伝え、「いまはあなたが一番」という気持ちを伝えましょう。きっと彼も理解してくれるはずです。

彼の悪口を吹き込まれた

悪ふざけで彼の悪口を吹き込まれたとき、どんな反応をしたらいいか迷いますよね。あまつさえ、「こいつ学生の時は鈍くさくて~」など、彼のコンプレックスを刺激する可能性もあるようなことを言われてしまっては、こちらの反応次第で彼の態度も変わってしまいそうです。

とはいえ、強めに「そんなこと聞きたくありません!」と過剰反応してしまうと、「ノリが悪い」と思われてしまいかねません。そういった場合は何も反応しないのが一番です。何を言われたとしても特に反応せずに聞き流していれば相手もしつこくしてこないでしょう。

相手が空気を読めない人で何度も言ってくるような場合はさりげなく話題を変えたり、席を変えてその人と離れるなどするようにして対策をすれば、誰にも角を立てず話を聞かなくて済むようになります。

気を遣い過ぎて疲れてしまう

彼の友だちとの食事会や飲み会など、必然的に気を遣わなければならない場面ってありますよね。取り分けやお皿を下げるタイミング、飲み物が終わりそうな人はいないかなど、ずっと気を張っていると疲れてしまい、会がお開きになってから「もう一緒に時間を過ごしたくないな」と拒否反応が出てしまうことがあります。

しかし、せっかく彼の友だちとも親しくなれるチャンスは活かしたいですよね。もちろん気を遣うことも大切ですが、ある程度時間が過ぎてしまったらあまり気を遣いすぎなくても気にするような人はいません。

お酒が入っているならなおさらで、次第に誰が何をしているのか注意するような人はいなくなってくるので、最初の気遣いだけ気を付けていれば、後は案外適当でも大丈夫なのです。気を遣いすぎず、適度に力を抜いて自分も楽しむようにしましょう。

デートに毎回彼の友だちが着いて来る

デートだと分かると、彼が制止するのも聞かずに勝手に着いてきてしまうという常識知らずの人もいます。1回や2回程度ならむしろ新鮮な時間を過ごすことができても、それが毎回になってしまうと誰とつき合っているのか分からなくなってしまいますよね。そういう時は遠くへデートをしに行ったり、2人きりで楽しめるようなデートの計画を立てるのがいいです。

また、自分の家で自宅デートというのも、さすがに彼は着いてこれないのでおすすめです。友だちとも行けるような場所ではなく、カップルでしか行けないような場所でデートをすると、さすがに彼の友だちも空気を読むのではないでしょうか。

彼の友達は彼と付き合う上で通らなければならない道

彼の友だちとの間に起こりうるトラブルとその対処法をご紹介しました。いくら恋人同士とは言え、ずっとふたりだけで過ごすというのは無理がありますよね。時には彼の友人たちと交流し、印象も良くしておきたいところ。トラブルを起こしたくて起こす人はいませんし、人と人には相性というものがあるので、揉めてしまうのは仕方のないことです。

「どうしても会いたくない!」と頑なにならず、恋人とつき合う上で必ず通らなければならない道と割り切り、お互い不快になることのないよう気を付け、時間を過ごしてみましょう。彼の友だちと仲良くする姿を見て、相対的に彼のあなたへの評価も上がるかもしれません。

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.