JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

女性はもっとオープンになるべき!叶恭子のセックス名言が意外に深い


みなさんはもちろん叶恭子さんをご存知ですよね?叶恭子さんは叶姉妹の姉でも知られており、現在は様々なテレビにも出演しています。

しかし、「セレブ」という印象があまりにも強すぎるため、タレントの中でも一際ミステリアスかつ謎めいた人物ですよね。自分の過去や経緯などをあまり口にしないことから、より一層謎めいているように思いますが、それこそが叶姉妹の魅力でもあるのかもしれません。

そこで今話題になっている叶恭子さんのお言葉はみなさんご存知でしょうか?恭子さんのファンではない人でも「グッとくる」「心に刺さった」と思いのほか大反響を得ているのです。その言葉というのが、セックスに関する言葉なんですね。

度々恭子さんは名言を残していますが、特にセックスについての言葉が「名言だ」と言われています。恭子さんのファンでもない人をも心に刺してしまう名言とは一体どのような言葉なのでしょうか?

大人気女優のVRも半額!
4月25日(水)から5月9日(水)までの二週間!DMMの対象作品がなんと半額!
紗倉まなをはじめとする大人気女優作品や超リアルで抜けまくると話題のリアル痴漢シリーズまで50%オフ!
ぶっちゃけ大人買いまで検討するレベルです。
不定期開催の最強キャンペーンを逃すな!

叶恭子の名言は意外にも深い言葉だった


誰もが知る「叶姉妹」しかし、その私生活などは謎に包まれています。テレビに出ていることから本業は「タレント」と思う人も多くいますが、本業は「ライフスタイルプロデューサー」なんですね。

叶姉妹(かのうしまい)は、叶 恭子(かのう きょうこ)と叶 美香(かのう みか)の2人からなるユニット。戸籍上の姉妹ではないことを、2000年頃のインタビューや書籍で自ら明らかにしている[注 1]。「トータルビューティーアドバイザー」「トータルライフアドバイザー」「ライフスタイルアドバイザー」を自称していたが、現在は「ライフスタイルプロデューサー」。

タレント活動の初期の仕事として、1984年、『平凡パンチ別冊』(平凡出版)9月号におけるセミヌード・グラビアがある。バスト96~98cm、ウエスト58~60cm、ヒップ91~92cm、アンダーバスト68cm~70cm、手首14~14,5cm

叶姉妹の姉(長女)。「美香には少し厳しいが、美香がいなくなると困ってしまう」というように、奔放な姉。愛称の「ココ(CocoまたはKoko)」は主に取り巻きメンズ達が使用している。

引用元:Wikipedia

そして、言われなくてもわかるはずですが、叶姉妹は本当の姉妹ではありません。それにしても二人とも美しく、羨ましいボディの持ち主です。身長は書いてありませんでしたが、調べたところ、二人とも170㎝近い身長があるということがわかりました。

見た目も美しく、セレブな叶姉妹。そんな完璧とも言える叶姉妹の姉・叶恭子さんのセックスの名言を紹介します。この言葉を見たらあなたもセックスに対する価値観が変わってくるかもしれませんね。

全身が顔なのです。あなたは全身をパートナーに舐めさせることができますか?


全身が顔ということは、胸や陰部、足の裏でさえも自分の「顔」のように気を遣っているか?ということです。もちろんあなたは男性に美しく見られようとまずは「顔」に気を遣うでしょう。

スキンケアを入念に行い、化粧もバッチリ時間をかけ顔を整えていく。もちろん顔だけではなく、露出しているところは全て人の目を気にして細心の気を遣っているはずです。しかし、それだけでは足りないということを恭子さんは言いたいのでしょう。

一番大事な顔と同じように胸や陰部のケアをしていますか?男性に頭から足のつま先まで隅々と舐めさせられますか?「恥ずかしくて舐めさせられない」「舐めさせるほどの体ではない」と思った女性のみなさんは、この言葉を胸に自信を持って全身を舐めさせられるような体を目指していきましょう。

胸は張りのあるやわらかい胸を、お腹はくびれたなめらかなお腹を、陰部は綺麗で臭いのない陰部を、お尻は引き締まった弾力のあるお尻を。もちろんムダ毛処理は大前提です。

とたえ見られていない所でも大事な顔と同じように扱うようにすることで、自信を持てる体を手に入れることができるのです。「全身は顔」この言葉を忘れないようにしましょう。

メイクラブの相性は、一人の男性と最低3回は試してみないとわからないものです


男女の付き合いでセックスの相性はとても重要なことです。セックスの相性が悪ければそこまでの関係になってしまいますし、逆に相性が良ければ今まで以上に深い仲になれるのです。

誰でも相性が良いことに越したことはありませんから、まずは相性を確かめるという女性も数多くいますよね。しかし、たった一回のセックスで相性を判別してしまう人がいるんです。それではあなたと男性の相性が良いか悪いかの判断はできていません。

それを恭子さんは言いたいのではないかと思います。そして、恭子さん自身も男性と最低3回のセックスをしてから相性を決めているのでしょう。

それほど恭子さんもセックスの相性がどれほど大切なのか、重要視していることがわかりますよね。3回も同じ相手とセックスをしていれば緊張もほぐれ、だんだんお互いの性癖や本性がわかってくるでしょう。

そこで初めて自分と相手の相性がどのようなものなのかを決めるのです。なので、1回セックスをしたからといってそれだけで相性の良い・悪いを判断するのは勿体ないということですね。お付き合いしていないとしても1回してしまえば何回しても変わらないので最低3回は男性とセックスをしてから相性を確かめえてくださいね。

欲望やエロスというものは、お勉強するようなたぐいのことではありません。ただ感じることで得るものなのです。

セックスやキスの仕方は親や先生が教えてくれるものではありませんよね。だからこそ男性も女性もアダルトビデオを観たり、友達に相談したりして知恵などを得ていくと思いますが、恭子さんはそのようにするのではなく、お互いの体に触れ合い感じる快感や、空気などから得るようにと言っているのではないでしょうか?

確かに、エロスは体を触れ合うことでしかわからないことがあります。たくさんの男性と経験がある恭子さんだからこそ、この言葉が出てくるのでしょう。

セックスを決められたものにするのではなく、自分の思うようにやることでよりもっとセックスを楽しめるのです。セックスは決して恥ずかしい事ではありません。女性はもっとセックスに対してオープンになっていきましょう!

よいセックスとは、自分と同程度の知性を持った相手とすることで、初めて可能である

セックスはどちらかが固かったり、馬鹿みたいに本能のまま動いていたりすれば満足するセックスはできませんよね。恭子さんはそれを十分にわかっているからこそセックスは快楽を求め、満足するものだからこそ自分と同じような知性・価値観を持った相手とするようにと伝えたいのではないでしょうか?

フィーリングが合わない相手とセックスをして、どちらかが満足をしてもどちらかは満足できません。なので、セックスは自分と同じレベルの知性を持った相手とすることで、初めて可能であり、快楽を得ることができるのです。

経験者が残す名言こそ納得する言葉はない

今回は叶恭子さんが残したセックスの名言を紹介しましたが、多くの男性と関係を持った恭子さんだからこそ言える言葉であり、その言葉が心にグッとくるのですね。

私も今回初めて恭子さんの名言を調べてからセックスに対する価値観が多少変わりました。女性はもっとセックスにオープンになること、セックスを知ることが大事なだということ、セックスは決して恥ずかしい事ではないこと。

しかし、恭子さんはセックスに溺れることはありません。躍るよりも躍らせているんです。そんな恭子さんだからセックスの名言を残すことができるのですね。

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.