JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

脱・モヤモヤ関係  男友達と彼氏、女友達と彼女の境界線を知りたい!

男と女の、答えのない永遠のテーマである「友達と恋人の境界線はどこ?」それが分からずモヤモヤしながら関係を続けてる人も多いのではないでしょうか?「付き合ってください」と、まるで学生のように明確なスタートラインがあればいいのですが、大人になって男女の始まりがそんなに明確になるシーンはなかなかないですよね。

特に海外では告白してから恋愛が始まるという定義は定着していないそうで、男女の始まりは何となくや自然にが当たり前のようです。しかしやはり気になるのが、今の相手が単なる男友達なのか彼氏なのか、単なる女友達なのか彼女なのか。今回はその境界線を探ってみましょう。

売上爆発中のアダルトVR!
いまやオカズはVRエロ動画が普通!数ある作品を押しのけアダルトVRが上半期売上ランキングTOPを獲得!
オナニーも仮想現実の世界に突入!
今すぐハイクオリティでお得なVRを体験してみよう! まだ体験してないかたは損をしているかもしれません

男女間での定義の違い

まずはじめに頭に入れておくべきことが「男女間での定義の違い」はあるという事実!要するに、男性が考える境界線と女性の考える境界線は同じではないということです。

そもそも、老若男女全ての人が同じ定義を持っているのであれば、いとも簡単に解決でき問題にもあがらないのです。しかし、多くの人がその境界線というものに頭を悩ませ不健康な日々を送っているということは、答は1つではなく難しいということです。

男女に「どこからが浮気か?」という質問を投げかけたところ、女性は嘘をついた時点でというような精神論が多く、男性は体の関係を持ったらと、肉体的な返答が多く返ってきました。そのように、男女の価値観には大きな差があります。

男女ともに「浮気」に関してはかなりハッキリした境界線を持っているにも関わらず、始まりである「2人の関係性」に関しての境界線は曖昧というのが面白いところです。しかしこの問題点を解決しなければ、モヤモヤした気分を引きずったままで過ごさなくてはいけなくなります…それは精神的にも身体的にも不健康ですので、ある程度の定義を定めていきましょう。

キスは境界線か否か?

昔の日本であれば考えられないかもしれませんが、今は恋愛に関してかなりオープンになってきました。それこそ性別にすら関係なく、ハグやキスは以前より軽くなってきたような気がします。もちろん、中には手をつなぐことすら躊躇する人だって沢山います。

「恋人でもない人と手をつなぐ必要ある?」と真剣に聞かれることもありますが、今回はその段階はすでに通り越したところでのお話とさせてください。例えば男同士や女同士でも堂々と手を繋いで歩ける世の中ですし、お酒が入ると辺り構わずキスするキス魔もいますし、女友達同士のふざけたキス写真をインスタにアップする時代です。

そんな現在で、キスしたら恋人という定義は重すぎるのではないでしょうか?そして、キスするシチュエーションやキスの種類によっても変わってきます。例えば明らかに最初からお互いに男女を意識していて、そして初めて2人で会った際にキスをしたのであれば、もう友達という域は脱しているような気がします。

反対に、お酒が入って勢いでキスした、またはただ何となく雰囲気に流されて…というような場合はノーカウントですよね。また、軽いキスと、そのままベッドに流れ込みそうなディープなキスでは、意味合いが違ってくる気がします。これは、軽いから友達でディープだから恋人というような簡単なものではなく、むしろ反対ではないでしょうか。

このキスによって恋人になりたいと思っているのであれば慎重になり、相手に対して強引にいけないはずです。今日はまだキスでやめておきたいと自制できれば2人には先があり、今日このまま関係を持ってしまおうと狙っているのであればディープなキスでそのまま流れに任せ、そしてその先真剣になる可能性は低いと思えます。とりあえず、キスは完全な境界線と言うには少し難しいですね。

体の関係は境界線か否か?

では、キスの次のステップである体の関係が発生するとどうでしょう。これは友達と恋人の境界線になり得るでしょうか?先にも述べたように、体の関係になる前の段階であるキスしたシチュエーションにもよります。決してノリではなく、お互いの気持ちが高まりキスし、ある程度の冷却期間を置いてから体の関係に至ったのであれば、これは友達から恋人への境界線を超えたのではないでしょうか。

しかし、勢いに身を任せてキスから体の関係へとそのまま流れ込んだのであれば、これはいわゆるセフレである可能性が高いと言えます。しかし、まず1回目の関係は勢いの結果であるため、重要なのはその後の2人の関係性です。

その後、気まずい雰囲気になり連絡が途絶えるようになったのであれば、残念ながら友達のまま…あるいは友達以下でしょう。その後、良い雰囲気のまま2人の関係は続くけれど体の関係はその1回こっきりだとすると、これは健全な友情関係に戻ったと思いましょう。

もしも、1回目のハプニングの後に相手から何らかのアクションがあり、体の関係も2人の関係も今まで通り良い雰囲気で続くのであれば、それは自然と恋人関係に昇格したと思ってよいかもしれません。ここで注意したいのは、それは本当に恋人関係になれたのか、それともセフレなのかをしっかり見極めておくということです。その見極めはどこにあるのでしょうか?

嫉妬心が境界線か否か?

難しい問題点である「本当の恋人なのかセフレなのか?」という境界線。体の関係があるけれど友達と言い張る人の多さにビックリしますが、男女問わずセフレがいる人は多くなっています。中には複数人のセフレがいる強者も存在します。

何故、特定の恋人ではなくセフレを作るのか尋ねたところ、多くの人から返ってくるのは「楽だから」という言葉です。恋人を作ると色々と面倒くさいけれど、セフレであれば割り切って付き合えるから面倒くさくないらしいのです。

ということは、その面倒くさい関係が恋人であり、面倒くさいことが無い関係がセフレ(友達)という定義になりますね。恋人との間で面倒くさい事項と言えば、記念日だとか約束だとか束縛や嫉妬心といったところでしょうか。

最初の3個に関しては、パートナーを所持するという感覚に陥った表面上の面倒くささですが、注目すべきは最後の嫉妬心です!この嫉妬心は、まず相手への感情がないと生まれてきません。その感情が好意なのか妬みなのか独占欲なのか、いずれにせよすでにその時点で相手に対して特別な感情を抱いているということです。

2人の間に体の関係があったとしてもなかったとしても、嫉妬心が芽生えたと同時に「誰にも取られたくない」という独占欲が芽生えてくるはずです。そしてそうすると人は闘争心が湧き、もっと相手との関係を密にしようとします。

その結果、会う回数が増えたり連絡がこまめになったり、何もしなくても一緒に過ごす時間が増えてくるはずです。そうすればもう恋人と言わざるをえないのではないでしょうか?反対に、会うのは関係を持つ時だけ、連絡があるのは会いたい時だけ、いつも何をしていようが興味がない、終わるとすぐに帰る…というような状況であれば間違いなく面倒くさくないセフレだと思いましょう。

結婚が境界線か否か?

相手に対して嫉妬心が生まれたら恋人なのではないかという定義を出してみましたが、それでもやはり決定的ではありませんよね。嫉妬心というのは本人しか分からないものですし、せっかくの都合の良い関係を崩したくないために平気で嘘をつける人だっています。

実は何とも思っていないのに恋人のような雰囲気を出して相手をその気にさせますが、肝心な言葉もなければ行動もない…これは危険です。そこで行動にうつしたいのが、身近な人物への紹介です。思い切って親友や同僚などの第3者に紹介してみましょう。

コミュ障ではないのに誰かを交えて会うのは拒むだとか、友達に関係を尋ねられた際に相手が「友達です」と答えた場合は友達認定です。しかし、自分や相手の友人知人を交えて紹介し合ったり、その際に「彼女です」「彼氏です」と答えれば恋人確定ですね。

2人で意思の確認をし合う前に、第3者により確認してもらうという荒業ではありますが、一番確実で手っ取り早い方法ではないでしょうか。第3者に確認させるということは、いわゆる証拠作りになりますから。第3者にきちんと会い紹介するということは、2人は面倒くさい関係に足を踏み入れ、その先には何かしらの約束が生まれるということになります。

これは少し先走った考えかもしれませんが、お互いが独身であればそれは結婚かもしれませんし、そうであってもそうでなくてもお互いを束縛できる権利をゲットしたということになります。そんな面倒くさいことを抱えてまで関係を続けようとするということが、友達と恋人の境界線なのかもしれません!

結論

一番最初に述べたように、男女に「どこからが浮気か?」という質問を投げかけると、女性は精神論、男性は肉体的関係という明確な答えが出ます。もうお分かりの通り、その「浮気の定義」と「友達の恋人の境界線の定義」に大きなズレがありますよね。

体の関係を持っても友達という関係が成り立つこともあるのに、恋人が自分以外の人と関係を持つと浮気になるだなんて少し矛盾している気がしますが…。始まりは結構アバウトで寛大にも関わらず、いざ恋人になると浮気に対しては厳しいのです。始まりは自分メインで考え、浮気は相手メインで考えるからでしょうか?自分には甘く相手には厳しいということでしょうか?

そもそも、相手との関係を友達なのか恋人なのかをハッキリさせる必要があるのでしょうか。肩書よりも、一緒に居たいと思う人と居たい時にいるのが自然な気がします。相手に嫌われたくないという気持ちからハッキリしない関係をダラダラ続けるより、最初から潔く「私たちはどういった関係ですか?」と、お互いの意思の確認をしておくことをオススメします。

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.