JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

結婚したい女性が彼に課すべき7つの条件

20代も後半になってくるとおのずと意識し出してしまうのが「結婚」。アラサーになってくると、自分が結婚するのかしないのかの選択肢も大切になってきますよね。結婚を考えている人は、それなりに将来を視野に入れたつき合いをしなければならないもの。

10代や20代前半の頃は深く考えず「好き」という気持ちだけでつき合うことができても、結婚を意識し始めるとそういうわけにはいきません。いまつき合っている彼とつき合うのがもっとも手っ取り早いですが、彼が頼りない場合はそういうわけにもいきませんよね。

VRでおっぱい三昧!
最強ハーレムを体験できるのはアダルトVRだけ!年間500万本以上も売り上げるアダルトVRの破壊力がヤバイ!
風俗体験も気軽にできる!リアルすぎてフル勃起間違いなし!
今すぐDMMのハイクオリティなアダルトVRを試してみよう! 一瞬で自宅が風俗店に!

結婚を意識し始めた女性のために

そこで今回は、「彼が変わってくれれば結婚できるのに…」と思っている女性に向けて、結婚を考えている女性が彼に課すべき条件をご紹介します。

経済面がしっかりしている

経済面、つまり、一定の金額を稼ぐことや金銭感覚がしっかりしているかどうかは結婚において重要な要素のひとつです。月の給料はすべて趣味につぎ込む、クレジットカードを当てにして買い物をしている、奨学金以外の借金がある、などの要素のある男性は結婚相手として黄色信号。金銭面がしっかりしていない限り、幸せな家庭どころか、平凡な家庭を築くことすら難しいでしょう。

奨学金であれば毎月一定額を返すことが決まっており金利はあっても非常に低いため、マイナスポイントにはなりませんが、キャッシングなどの借金はお金を計画的に使えないということを表しており、あまりいい印象はありません。

基本的に家計を共にするわけではない恋人同士である場合にはあまり気にならないことかもしれませんが、相手と結婚を考えているような場合には金銭面は細かくチェックした方がいいでしょう。

家事に積極的である

結婚をしたらほとんどの場合、同じ家でともに生活することになります。つまり、結婚相手イコール生活をともにする相手ということになります。さらに、今の時代は女性が専業で家事をするよりも、共働きでふたりの収入を家計に入れるというケースの方が多いです。

そこで、相手が積極的に家事をしてくれる相手かどうかというのも結婚相手を選ぶ上で大切な要素となってくるのです。一般的に女性の方が家事分担の割合が大きくなりがちですが、女性だからと言って最初から家事が得意なんてことはあり得ません。

「女だから家事全般担当して!」と丸投げしてくるような男性は要注意であると言えます。彼が一人暮らしをしている場合はある程度家事をする習慣も身に付いていますが、実家暮らしで一度も家を出ていない男性だと家事スキルがかなり低いという場合も。

一緒に暮らしている場合、家事の原動力の大部分を占めるのは「気遣い」です。家事を丸投げしてくるような男性は気遣いができない男性であることも多いので注意してください。

思いやりの気持ちを持って居る

先々の予定を共有する、相手の変化に気付く、自分勝手に振る舞わないなど、一緒に暮らす上で最低限意識していなければならないことがあります。これらのことを「何故やらなければならないのか」ということを突き詰めていくと、すべて「一緒に暮らす相手がいるから」ということに帰結します。

つまり、相手が人に対する思いやりの気持ちが欠如しているという場合、結婚して一緒に暮らすというのは圧倒的に難しくなってしまうでしょう。しかし、つき合っているときに相手が思いやりの気持ちを持った人かを見抜くことはできます。

たとえばデートに出掛けた時に自分の行きたいところだけを優先して行っていないか、逆に、行き先を丸投げで文句だけを言っているということはないかなど、自分本位な行動が中心になっていないかということを注意して相手を見てみると、自然に相手が結婚相手に適切か否かを判断することができます。

我慢強いこと、心に余裕がある

忍耐力がない男性はあまり結婚相手には向きません。いくら結婚するほど仲が良くても、もともとは別々の環境で育ってきたふたり。相手のことを許容する余裕や、少しくらい合わないことがあっても我慢できるくらいの忍耐力がないと生活は成り立たないでしょう。

些細なことですぐに怒ったり、相手を許す気持ちがないような人と一緒に暮らすのは少々ハードルが高くなってしまいます。完璧主義で自分ルールを破る他人を責めるような人や、少しくらいの失敗も見逃せないような人とつき合っている場合は、結婚を見直した方がいいかもしれません。

価値観が合う

価値観が合うことはつき合う上でも大切ですが、結婚となるとより大切な要素となってきます。結婚とは、その相手とその後の人生をずっと共有していくということ。

どんなことをすると楽しいと感じるか、どんなものを美味しいと思うか、どんなことを大切にして生きているかなどの価値観はまったく同じというわけにもいきませんが、ある程度は同じでないと一緒に暮らしていくうちに息が詰まってしまいます。味覚や好きな嗜好品などが同じだとより関係もスムーズになることができます。

価値観が正反対の場合、つまり、自分はテレビが好きだけど相手はテレビが嫌い、自分は猫を飼っているけど相手は犬を飼いたい、自分は野菜が好きだけど相手は野菜が大嫌いなど最初は自分と違うところが魅力に思えつき合う分には苦はないかも知れません。

しかし、これからの人生をずっとその違う価値観で過ごしていくと苦痛に感じてしまう場面も増えてしまいます。価値観がまったく異なるひととの結婚はあまりおすすめできません。

将来のことをちゃんと考えている

「今」だけを楽しみ、将来のことを何も考えていない人や計画性のない人とつき合っている場合、そういう人との結婚はあまり期待しない方がいいでしょう。いまの時代は定職に就かず、フリーターでも問題なく生きていくことは可能ですが、それはあくまで独身の場合。

結婚をするとなるとそれなりに責任も伴います。「今が楽しければいい」という理由で責任逃れを続けているようでは幸せな結婚生活を送ることはできません。将来の自分の像を描けていない人とはつき合うのはまだしも、結婚を考えるのはやめておいたほうがいいでしょう。

感情の起伏が激しくない

すぐに怒る、すぐに泣く、すぐにいじけるなど、感情の起伏が激しい人との結婚もあまりおすすめできません。大人ならば、感情のコントロールはできて当然です。そのコントロールができないということは性格的にも何らかの問題があると考えられますし、特に怒りっぽい人だと、それがのちのちDVに発展するということもあり得ます。

喧嘩をしたとしても、激しく怒るのではなく、冷静に問題解決に努めようとする人こそ結婚に向いている人です。ずっとともに過ごす相手は、感情に波があるような人よりも、穏やかな人がいいでしょう。

彼に足りないところがあれば素直に伝えましょう

結婚したい女性が彼に求めるべき条件をご紹介してきました。年齢が上がるにつれ、結婚について焦ってしまうのは普通のことです。しかし、そこで「ちょっとくらい条件に合わないから妥協しよう」と考えてしまうのは危険なことです。最初に少し気になったことは、一緒に生活するにつれ問題が大きくなってしまうでしょう。

もしも彼に足りないところがあると感じた場合、それを素直に伝えて直してもらうのがいいでしょう。改めて恋人に向き合うことで、いろいろな発見もありますし、そこから良い関係を築くこともできます。しあわせな結婚ができるように努力を頑張りましょう。

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.