JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

「妥協が一番重要!?」いつまでも結婚できない婚活とは

将来の結婚相手を探すために、日々婚活に励む女性は多いと思います。婚活パーティーや合コン、そして街コンなど、昨今では出会いのない女性でも、結婚相手を探すことのできる機会は増えてきました。

しかし、中にはなかなかいい相手を見つけられない…という悩みを抱えた女性もいると思います。実は、あなたが結婚相手を見つけられない理由は、「妥協ができていないこと」にあるのです。婚活していたとしても、いつまでも結婚できない女性の特徴、結婚するために妥協すべき点、お教えします。

VRでおっぱい三昧!
最強ハーレムを体験できるのはアダルトVRだけ!年間500万本以上も売り上げるアダルトVRの破壊力がヤバイ!
風俗体験も気軽にできる!リアルすぎてフル勃起間違いなし!
今すぐDMMのハイクオリティなアダルトVRを試してみよう! 一瞬で自宅が風俗店に!

いつまでも結婚できない女性

頑張って婚活しているのに、いつまでたっても「理想の結婚相手が現れない…」という女性。いったいなにが問題なのでしょうか。それは、婚活において「理想」を強く求めてしまっている点です。そのような女性の特徴を以下にまとめます。

やっぱりイケメンじゃなきゃダメ

まず、結婚あいてに顔やスタイルのよさを求めすぎてしまっている場合です。結婚する時期にもよりますが、結婚相手は、何十年という時間を一緒に過ごす人です。顔やスタイルがいいほうが、長い時間一緒にいて気分がいいのは当然です。

しかし、顔やスタイルのいいイケメンをゲットできるのは、ほんの一握りの女性。「私の前にもいつか王子様が…」そんな小さな可能性にかけていては、あっという間におばあさんになってしまいます。

それに、冷静になって考えてみましょう。結婚して時がたてば、あなたも相手の男性も年を取ります。おじいさん、おばあさんになってしまえばイケメンもなにも関係ありません。相手の顔ばかり意識しすぎるのは、得策ではないでしょう。いつまでも結婚相手が見つからないという女性は、このように相手の容姿を気にしすぎている、という特徴があります。

年収は高ければ高いほどいい

顔の次に女性が気にしてしまいがちなのが、相手の男性の「収入」です。結婚してから、安定した裕福な生活を送りたいと望むのは当然のことです。年収は高ければ高いほどいいでしょう。

しかし、その理想が強すぎて、「年収1000万円以上の男性でないとダメ」という風に決めつけてしまうと、なかなか結婚相手が見つからなくなります。給与所得者の中で、年収1000万円を超える男性の割合は、わずか6.6%。大体16人に1人の割合です。

この16人に1人の高所得者を見つけるだけでも難しいのに、その男性があなたを結婚相手として選んでくれるかどうかはわかりません。このように、年収で男性を選ぶのは、相当難しいことなのです。婚活が成功しない女性には、このようにお金という価値観だけにとらわれ過ぎているという特徴もあります。

男性が自分に尽くしてくれないのは嫌

男性が自分に尽くしてくれないとダメ、考えている女性も婚活がうまくいかない傾向があります。女性ですから、ある程度は男性に尽くしてほしいと思う気持ちはあるでしょう。記念日にはおいしいディナーに連れて行ってほしいですし、事あるごとにプレゼントだってもらいたいものです。

しかし、そのようなことは「付き合っているカップル」がやることです。断言しますが、大抵の場合、結婚してからは「明日は記念日だね♪」みたいにラブラブな関係ではなくなります。ですので、付き合っている段階で、

  • 彼氏が私に冷たい・尽くしてくれない
  • つまり私への愛が足りない
  • だから結婚できない

というように考える女性は、いつまでたっても結婚できないということです。

家事はできてほしい

男性に掃除や洗濯、炊事などを求めすぎる女性は、大抵の場合婚活がうまくいきません。日本では女性の社会進出が進み、社会には家にいて家事を行う「専業主夫」という男性も出てきました。このことから見てもわかるように、男性も多少は家事ができなくてはいけない時代です。

しかし、それをいいことに「家事は全部分担できなくてはダメ」とか「料理は旦那に作ってほしい」とか、結婚相手に過度な要求をしてしまう女性もいます。それは、ただ単に、自分が楽をしたいだけのことです

日本全体で見れば、まだまだ家事や料理ができない男性の割合の方が多いでしょう。ですので、男性に家庭の仕事を求めるぎるのは、婚活にとってマイナスです。

価値観が一致していないとダメ

婚活がうまくいかない女性の中には、相手の男性に「価値観の完全な一致」を求めてしまっている女性もいます。笑いや泣きのツボが一緒、というくらいならまだいいですが、好きな食べ物やファッション、金銭に関する考え方まで一致していないとダメ!というような場合です。

断言しますが、結婚生活で価値観の違いが発生しないことなど、まずありません。お風呂の換気扇は付けたまま入るとか入らないとか、歯ブラシの向きはこっち側だとか、本当に些細なことでぶつかり合いがおきます。

そこでうまく折り合いをつけてやっていくのが結婚生活なのです。それに、結婚相手でなくても「完全に価値観の合う相手」などまずいません。存在しないも同然の相手を探し続けているわけですから、結婚相手が見つかるはずはないでしょう。

恋愛感情が強くなければ一緒にいたくない

「好き!愛している!」という感情が強くないと結婚できない、と考えてしまっていることも婚活がうまくいかない女性の特徴です。長年連れ添うことになる相手ですから、そういう気持ちが強いに越したことはありません。

しかし、「嫌いじゃないけど、あんまり好きじゃないんだよなぁ…」という相手を、結婚対象から除外してしまうことは、一生独身の可能性を広げてしまうことになります。なぜなら、ものすごい恋愛気質の人を除いて、眠れなくなるほど好きな男性が現れることは稀なことだからです。

今までの人生を振り返ってみてください。あなたが死ぬほど好きになって、結婚まで考えた男性が何人いたでしょうか?その数は少ないはずです。つまり、そのように心を強く動かす男性を求めるのは、婚活においてはNGということ。

それに、人間の恋愛感情の限界は3年と言われています。結婚してしばらくたてば、好きという感情もなくなってしまうのです。「あなたのこと好きすぎる!」という相手を探し続けているようでは、いつまでも結婚できません。

今住んでいる場所から離れるのが嫌だ

「結婚してからも地元を離れたくない」というように、住む場所を限定してしまうのも、結婚できない女性の特徴です。もちろん、住む場所は便利な方がいいですし、住み慣れている土地であることに越したことはありません。都会で暮らしている女性は、田舎暮らしは嫌だと感じる人も多いでしょう。

しかし、そのように考えていると、選択肢の幅が格段に狭くなってしまいます。男性の会社員の場合、出張などで引っ越しをする機会が多い人もいるでしょうし、結婚したら自分の実家の近くに住みたい、と考えている男性も多いはずです。そのような男性をすべて結婚対象から除外してしまうわけですから、結婚ができなくなる可能性も大きくなってしまいます。

結婚相手を見つけるためにすべきこと

婚活をしているのに、いつまでたっても結婚相手が見つからない、という女性の特徴はわかりました。もし、先述した特徴に当てはまってしまったという女性でも、もう結婚できる可能性がないというわけではありません。考え方を変えることで、結婚相手がみつかるチャンスは格段に増えます。では、そのためにはどのようにするべきなのか、以下で詳しく見ていきます。

自分の条件に、幅を持たせてみる

自分の条件に幅を持たせることで、結婚相手が見つかる可能性が大きくなります。自分の譲れない条件を書き出して、その条件をワンランク下に引き下げてみるという方法がおすすめです。例えば、

  • イケメン⇒不潔ではない
  • 年収1000万円⇒人並な生活ができる年収(400~500万円も可)
  • 価値観の一致⇒笑いのツボが合っていればOK

というような具合です。こうすることによって、選択肢が広がり、結婚相手を見つけやすくなります。こんなのただの妥協じゃないか、と感じた女性もいらっしゃるでしょう。

そうです、妥協です。あなたはこのような妥協ができないからいつまでたっても一人なのです。理想の相手を求める、つまり相手にばかり変化を求めるのでは脳がありません。自分を少し変えてみるだけで、各段に世界は広がりますよ。

たとえ条件に合わない相手でも会ってみる

例え、自分の理想や条件にそぐわない相手でも、積極的に関りを持つようにしましょう。例えば、友人の紹介で「お金は持ってる方じゃないんだけど…」と、言われた時、もし相手の年収を判断基準に婚活をしていた場合、会うのをためらってしまうはずです。

そんな場合でも、なるべく関係を持ってみることで、視野が広がる可能性があります。「この人、お金はないけど優しいな」という風に、その人のほかの魅力に気付けるかもしれません。

このように考えられると、ほかの男性に対しても、同じような見方をすることができるようになります。人のいいところを自分から発見できるようになるわけです。そうなれば、かなり「結婚してもいいかな」と思える相手を見つけやすくなりますよ。

「結局は慣れ」であることを知る

婚活には、少なからず妥協が必要です。妥協をするにあたり、「どうして人生最大の決断なのに妥協しなくちゃいけないの」と考える人もいるでしょう。

しかし、たとえどんな妥協をしたとしても、最終的には「慣れ」が解決してくれます。例えば、年収1000万円という条件を妥協して、年収500万円の人と結婚したとしましょう。もちろん、1000万円を稼ぐ人と一緒になる場合と比べれば贅沢はできません。

しかし、年収500万円は、2人で生活するのには事欠かない年収です。やりくりすれば、子供を作ることだってできます。きっと結婚生活を送るうち、この選択をしてよかったと思える瞬間がやってくるはずです。

住む場所に関したってそうです。田舎や住み慣れていない場所が嫌だと感じていても、何年かすれば、必ず慣れてしまいます。住めば都です。このように、たとえ最初に自分が決めた条件に妥協したとしても、「時間」と「慣れ」がそれを解決してくれるのです。

結婚には少なからず「妥協」が必要

婚活をしていても、なかなか相手が見つからない女性の特徴、結婚相手を見つけるためにすべきことをご紹介しました。重ね重ね申し上げますが、結婚には少なからず「妥協」が必要です。いつまでたっても相手が見つからないという人は、自分の判断基準にゆとりを持たせてみましょう。きっと、選択肢が広がるはずですよ。

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.