JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

汁男優の一日に密着!お仕事の流れを教えちゃいます!

女優さんに汁をぶっかけるのがお仕事な汁男優!そんな汁男優の一日を大公開!

オナニーが10倍充実する!
ついにVRがアダルト業界に上陸!無修正よりも興奮するエロ動画があることを知っていましたか?
今だ経験したことはないという人は今すぐにでも体験するべきです!
無料サンプル動画も充実しているため、お試しだけでもする価値あり!
リアルすぎる疑似セックスの世界へ足を踏み入れてみましょう。
人生で最高に気持ちのいいオナニーができます。

汁男優の一日に密着!お仕事の流れを教えちゃいます!

お仕事依頼を受けるところから、発射して帰宅するまで、その全ての流れをご説明いたします。

全ての始まりは手配師からのお仕事依頼メール!

手配師、それはAV会社と汁男優の、橋渡し役となる存在です。手配師はたくさんの汁男優と繋がっていて、AV会社から汁男優の手配を依頼されると、抱えている汁男優達に依頼メールを送ります。

メールには、日時、集合場所、報酬額、用意するもの等が書いてあり、最後に参加可能なのか返信をするように書いてあります。メールを受け取った汁男優は、都合があえば「参加します!」とメールを返信します。

こうして仕事が決まりましたら、撮影日の前日は自慰などの射精行為はしないで、精液を溜めておきます。人によっては数日溜める方もいます。こうして当日に向け、体調と精液のコンディションを万全にするのです。

撮影当日!現場入り!出番がくるまでひたすら待機です…

そして撮影当日。メールに記載されていた集合場所に向かいます。現場は、たいがいはスタジオで行われるのですが、作品の内容によっては工場跡地などの廃墟のような場所だったり、野外であったりします。

現場に入るとスグに撮影開始!というわけではありません。集合時間はある程度の余裕を持った時間に設定されています。

これは色々と理由があるのですが、遅刻してくる人への配慮など、想定外のトラブルが起きた時のために待機時間を設けています。これは飛行機に乗る時に、離陸する1時間前に搭乗口に入場させるのと同じ理由です。

待機時間の間、どこで待機するのか?それはスタジオの余った部屋などを利用した、待機場所というものが用意されています。

待機場所に行くと、そこには手配師がいます。まずは手配師に挨拶をして、現場に到着したことを知らせます。これを怠ると欠席扱いされてしまったり、手配師の機嫌を損ねて次の現場を紹介してもらえなくなってしまいます。

この待機場所、そもそも待機するように出来ている部屋ではなく、まったくもって普通の部屋なので、冷たい床にベタ座りすることが多いです。

そのため、小さくてもいいのでクッション的なものを持参する必要があります。これがないと、寒いし、お尻や身体が痛くなるしで、本番前に疲れきってしまいます。

ここで「スタジオの外で待ってたらいけないの?」という声が聞こえてきそうですが、それはNGなのです。というのも、外出を許可してしまうと、本番の時間までに帰ってこなかったり、ひどい人になると連絡が取れなくなって戻ってこなかったりします。なので、汁男優は待機部屋でひたすら出番を待ち続けるしかないのです。

では、本番の時間まで待てば出番がくるのかというと、実はそうじゃなかったりします。ほとんどの場合…割合でいうと8割以上、時間がおしてしまうのです。これには理由があります。

AV作品でメインとなるシーンは、当然ですが女優さんと男優さんとの絡みです。そのため、撮影の優先順位として、女優さんと男優さんによるメインのシーンが先に撮られます。

すると時間が少しづつおしていき、その時間が積み重なっていき、最終的に汁男優が登場するシーンにしわ寄せがきてしまうのです。1時間遅れなんてのはざらで、場合によっては2時間、3時間の遅れ、最悪の場合は終電間際になることもあります。

狭い待機部屋で何時間も待たされるのは、大変な苦痛です…しかも、いつ始まるのかわからない…肉体的にも精神的にも、かなりしんどいものがあります。

そうかと思うと、逆に時間がまきになっていて、現場に余裕を持って入ったのに「すぐ出番だから用意して!」と言われて、慌ただしく撮影になることもあります。

つまりは、我々汁男優は、現場に振り回されてしまうことが往々にしてある、ということなのです。

まもなく出番です!気合い入れてパンイチに!

待機部屋で待ち続けていると、スタッフさんがやってきて「そろそろ準備お願いします」と、出番が近い事を知らせにきます。

ちなみに汁男優達は、待機中にシャワーを済ませてあります。AVは映像作品なので、身体や男棒が汚れていると、視聴者に悪印象を与えてしまいます。清潔第一なのです!

たまにシャワーがなかったり、使用できない(女優さんや男優さん専用になっている等)場合がありまして、そういうときはウェットティッシュで男棒を綺麗にします。冬場だと、このウェットティッシュが冷えきっていて「冷たぁ!」ってなります。

さて、汁男優の準備というのは、いったい何をするのか?それは衣装チェンジです。服装の指示は現場によって違うのですが、ほとんどの場合が全裸、またはパンイチです。ちなみにパンイチとはパンツ一丁のことです。この着用するパンツには指定がありまして、たいがいは黒のボクサーパンツか白のブリーフです。

このパンツですが、もし持ってくるのを忘れてしまった場合は、買ってくるなりして用意しなくてはなりません。他の汁男優が全員白いブリーフを履いているのに、ひとりだけ違う格好だったら変ですよね。

もしも用意できなかった場合は、撮影に参加できなくなります。つまり報酬ゼロで撤収しなくてはならなくなるのです。なので、パンツはとっても大事!私はそのようなことがないように、黒ボクサーパンツと白ブリーフは、常に持ち歩いていました。

ここからは白ブリーフを履く現場であることを想定してお話します。汁男優達全員が白ブリーフのみの格好になりましたら、スタジオまで移動します。

このときスタジオでは撮影しているかもしれないので、物音をたてるのは厳禁です。そのため、パンツ一丁の格好をした男達が、泥棒コントのような抜き足差し足忍び足状態で、一言もしゃべらず、無音のままぞろぞろと列を成してスタジオまで移動します。

この時、現場によってはスタジオと待機場所が別の階であることがあります。そうなると、エレベーターにパンツ一丁の男どもがぎゅうぎゅうになって入って移動したり、外階段をパンツ一丁の男どもが移動したりと、珍妙な光景を目の当たりにすることがあります。

こうして汁男優達はスタジオ入りすることになります。

チャージ開始!男棒の準備を整えよ!いつでも発射オーケーです!

スタジオに入ると、汁男優達は壁際などの端の方で待機させられます。このとき、汁男優達はブリーフの中に手を突っ込み、男棒を刺激してチャージを始めます。

まだ気が早いように思えますが、いつ発射の合図が出るのかわからないので、ある程度の準備はしておくのです。試合前のウォームアップといったところでしょうか。

スタジオでは女優さんが目の前でエッチなことをしています。我々汁男優は出番を待ちながら、女優さんの素敵プレイを見つめながら、男棒をいじってチャージします。

そうこうしていると、スタッフさんが手で「ぶっかけ始めてください」と合図します。すると汁男優達はラストスパートとばかりに男棒をしごきまくります。

ほとんどの場合、この合図が出てから5分くらいがタイムリミットとなります。つまり、あと5分以内で射精まで導かねばならないのです。

イけそうになると、汁男優は手を上げてスタッフさんに「イキそうです」と伝えます。それを見たスタッフさんは「行ってください」とGOサインを出します。

この時、撮影の状況によっては「まだ待ってください」とスタンバイ状態にされることがあります。もうイキそうなのに我慢!これはかなり辛いです。最悪の場合、暴発して射精してしまい、ぶっかけに失敗してしまうことがあります。

GOサインをもらった汁男優は女優さんに速足で近づき、女優さんの顔に(顔射のシーンの場合)男棒がくっついてしまいそうなくらいに近づけて、ゴシゴシしごきながら発射!見事に麗しきお顔に着弾!女優さんの顔にどろどろっとした真っ白い精液がぶっかけられます。

ちなみに顔射の場合、注意点があります。それは目に入らないようにすることです。精液は目に入ると物凄く痛いし、目の病気になってしまうことがあるそうです。その為、汁男優達は目から遠い場所にぶっかけるようにします。

無事にぶっかけが完了しますと、汁男優は素早くその場から消え去ります。出番を終えた汁男優は、すみやかに待機部屋へと戻るのがお約束なのです。

スタジオの出入り口にはスタッフさんがいて、ティッシュをくれます。これで男棒に残った精液を拭きとります。これは現場の親切心でもあるのですが、スタジオを汚さないための配慮です。

スタジオはレンタルなので、汚すと苦情の原因になったり、別料金を払わねばならなくなったり、最悪の場合は出禁になってしまうこともあります。

ぶっかけ完了!これでお仕事終わり!でもまた待機…

ぶっかけが終わって待機場所に戻ると、あとは報酬をいただいて帰宅するのみです…なのですが、ここからまた待機することになります。

というのも、報酬はスタッフさんから手配師に渡されて、それから汁男優達に配られるのですが、その報酬というのはほとんどの場合、ぶっかけが成功したことを見届けてから払われるのです。そのため、ちゃんとぶっかけがうまくいっているのか、映像チェックをするのです。

これには時間がかかります。というのも、すぐにチェックしてくれればいいのですが、撮影の流れ的に、汁男優の出番が終わったあとも撮影が続行していることがあるのです。

そうなると、そのシーンが終わるまでは待っていなくてはなりません。そして、そのシーンが終わってからチャックが始まるのです。というわけで、汁男優達は待機部屋で待機します。

ぶっかけの成功が確認されると、手配師から報酬が配られます。これを受け取って、汁男優はお役御免となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。汁男優は射精の一瞬だけしか出番はないのですが、一日の拘束時間はかなりのものです。そのほとんどが待機時間…ひたすら待つことになるのです。

この待機という名の軟禁的自由時間をどう過ごすのか。寝る人もいれば、スマホや本や雑誌を見ていたり、仲のいい人同士で話してたりと、様々です。

この待機時間を苦痛に思ってしまう人は、汁男優になるのはキツいと思います。

短い時間で射精せねばならなかったり、長い時間をひたすら待ち続けたりと、汁男優は時間と戦い続けているのです。

 

-セックス
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.