JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

あげまんとは?

「あげまん」という言葉、よく聞きますよね。意味をご存知でしょうか?これは、男にとって相性がよくて付き合った男を上げてくれる女性のことを言います。「あげ」は「男を上げる」の「あげ」、「まん」は「間(まん)」で「間直し=縁起直し」からきているといわれます。

ただ、「あげまんな女」ともっぱら女性に対して使われるので、「まん」はさらに女性器の名称から転じたともいわれています。と聞くと、なんだか隠語のようなのですが、伊丹十三監督の有名な映画「あげまん」があるぐらいで、あまり卑猥な感じではなく、ごく日常的に使われている言葉なのです。

ちなみにこの映画も、芸者ナヨコが愛した男にツキをもたらすストーリーとなっています。「あげまん」の意味がわかったところで、では、具体的にはどんな女性なのでしょう?また、男性からしたら「あげまんな女」の見つけ方、付き合い方、そして女性からしたら「あげまんな女」になって、男から喜んでもらえる方法などお話ししましょう。

オナニーが10倍充実する!
ついにVRがアダルト業界に上陸!無修正よりも興奮するエロ動画があることを知っていましたか?
今だ経験したことはないという人は今すぐにでも体験するべきです!
無料サンプル動画も充実しているため、お試しだけでもする価値あり!
リアルすぎる疑似セックスの世界へ足を踏み入れてみましょう。
人生で最高に気持ちのいいオナニーができます。

 あげまんな女の見つけ方

あげまんな女ってどこにいるのでしょうか?なにか見つけ方があるのでしょうか?ためしに周囲を見渡してください。いかがですか?いわゆる派手な女性、地味な女性、暗い、明るい、おしゃべり好き、無口…あなたの周囲にはいろいろなタイプの女性がいると思います。

しかし、実は一見しただけではわかりにくく付き合い出して初めてわかるというのが正直なところです。ただ、少なくとも「男にツキをもたらす」「男を上げることができる」という女性なので、あまり男に対して興味を示さない女性は問題外です。

また、普通の女性なら男性と付き合いたいと思うのですが、「どうせ私なんか」と引いてしまっている女性があげまんになることはまずありません。「あげまん」かもしれない女性は、やはり付き合い出してからわかることがいくつもあります。それは男女の関係までいかなくても、友達付き合いや仕事上の付き合いからでも、それとなく感じるものです。

世話好きである、じっとしているのが嫌いそうである、細かいところによく気が付く、快活である、面倒見がいい、打ち込むものを探している、あるいは持っている…いかがでしょうか。地味か派手かが問題ではなく、一言でいえばいわゆる「輝いている」女性です。

たとえば仕事の同僚で、気になる女性っていませんか?たまたま隣のデスクだが朝出勤するとせっせとデスクの上を整理しておいてくれる、電話の伝言メモは丁寧で、自分のことでも忙しいのに気配りの言葉が添えてある、気持ちよく挨拶してくれるなど、なんとなく気になる女性です。

ちなみにこれらの印象や行動は、接する相手が男性であっても、女性であっても変わることがなく、また何か見返りを期待するような素振りもありません。行動自体が生来もっている地と感じれば、もしかしたらあげまんのあたりかもわかりません。

 あげまんな女との付き合い方

しかし、いくらあげまんかも?と思っている女性が身近にいても、そのことで「男が上がる」なんてことはまずありません。そこには、やはり男と女の付き合いをしてはじめてわかるあげまん度があります。男女の関係で付き合い出すと、「付き合い出す前」と「付き合い出した後」の変化に気付きます。

この変化があげまん度を見る目安になり、これから先、さらにお付き合いを深めていった時、男にとって「あげまんな女」になるかならないかがわかってきます。結論から言えばこの変化は、「付き合い出す前」の印象が「付き合い出した後も」まったく変わらず、むしろ「付き合い出した後」のほうが好感度がより顕著になる人はあげまん度はかなり高いといえます。

よく気が付き、職場でも重宝がられていた行動は、二人だけのデートの時もまったく変わらず、さらに男女の関係となっても変わらないとなれば本物です。男女の関係に進んでセックスを重ねると、お互い遠慮がなくなるのが普通です。セックスの後にちょっとだらしない部分が見えたり、言葉遣いや態度が雑になりがちな人がいますがどうでしょう?

「付き合い出す前」の好印象である、面倒見の良さ、世話好き、明るさ…がそのまま変わらない女性が、今後、結婚して共に生活をした時きっと「あげまん」として「男を立ててくれる」ことでしょう。

 「あげまん」の自覚はあるのか

一方、こういった女性側に自分自身が「あげまん」という自覚や自意識はあるのでしょうか?答えは「ノー」です。自覚がなくて、無意識に男を立て男を上げられる女性がそもそも「あげまん」なのです。「私は頑張ってこの男のためにあげまんになってやろう!」なんて意気込みは男にとっては邪魔なのです。

もしそんな意気込みで付き合われたら、男はきっとうんざりしてしまい、逆効果になるのは目に見えています。そもそも「あげまん」というのは天性のものです。生まれ持っての性が、男を立て男を上げるようにプログラムされている女性なのです。

プログラムと言うとたいそうですが、無意識のうちに「選ばれやすい」ように、また「選ぶに値する」素敵な女性として生まれ、自然と自分磨きをしているというのが、あげまんな女性の本当の姿なのです。

 男性を出世させるために選ばれた女性のプログラム

男と女の関係は、選び・選ばれると言います。一般には、男の性は選ぶ方で、選ばれるのは女の性と言います。では、女性は選ばれるのをただ待つだけかというとそうではないのです。女の性は、選ばれたことに対して「決める」「決めない」の決心をする性なのです。

つまりあげまんな女性が 、自分を選んでくれた男性となら、誰彼となく付き合うかというとそうではありません。そこには、どこかに生殖本能で優秀な種を保存できる男性であるかどうかという「基準=選び方」を持っています。

たまたま出会った男性がつまらない男性であっては、自分が存在する意味がありません。しかし、今は一見だらしなさそうであっても、将来素晴らしい能力を発揮すると、男の本質を見抜いた時は、迷わず「決める」のがあげまんな女性の力です。

世間でよく言われるのが、「あのつまらない男が、〇〇さんと付き合い出して見る見るうちに出世した。彼女はきっとあげまんだよ。」と。

いいえ、「決めた」時点で彼の優性遺伝を見抜いているのです。女性に「なんであんな男と一緒になったの?」と聞くと、女性のよく言うセリフで「私がいなければあの人はダメになる。」という言葉をよく聞きますが、本音はそうではありません。

無意識とはいえ積極的に「あの人(彼)は私がいることによって、なりたい自分本来の彼にしてあげることができる。」というのがあげまんな女性の偽らざる気持ちなのです。

 まとめ

この「私がいなければあの人はダメになる。」という言葉ですが、本当にどうしようもない男に尽くして、自身もボロボロになっていく女性がいます。これは、自分が大したあげまんの素質も素養もないくせに、偽あげまん志望になっている場合です。

男性側からすると、そんな悲劇のヒロインみたいな女性と付き合うと二人とも堕落していく一方です。女性側からすると、あげまんとして男を成功させ、その結果として何か見返りが期待できるかのような邪心であげまんを捉えてはいけないということです。

いかがでしたでしょうか?裏表なく自分磨きに余念がない女性は、男から見るとよくわかります。しかもそれは、急ごしらえでなく、長い時間をかけて磨かれてきた女性は、知らず知らずのうちにあげまん度を上げています。

あげまん度を「上げる」ことが、これから付き合う男ことになる男を「上げる」ことに繋がって行っているのです。

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.