JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

たまにはこんなセックスもいいかも! おすすめのソフトSMのやり方

 

彼とのセックスは好きだけど、最近ちょっとマンネリ気味……。そんな悩みを抱えた女の子は意外と少なくありません。セックスは一度流れがパターン化してしまうと、なかなか刺激的なセックスには戻れませんよね。いつもより少し体位の順番を変えてみたところで、根本的な解決にはなりません。

じゃあどうやってセックスのマンネリを解消するの? という疑問を抱いた方におすすめなのが、ソフトSM。いつもより刺激的なセックスでパターン化してしまったセックスに刺激が加わります。では実際にどのようにしてソフトSMをすればいいのか、ご紹介します。

オナニーが10倍充実する!
ついにVRがアダルト業界に上陸!無修正よりも興奮するエロ動画があることを知っていましたか?
今だ経験したことはないという人は今すぐにでも体験するべきです!
無料サンプル動画も充実しているため、お試しだけでもする価値あり!
リアルすぎる疑似セックスの世界へ足を踏み入れてみましょう。
人生で最高に気持ちのいいオナニーができます。

ソフトSMって?

ハードなSMは怖いけど、いつもより強引に責められたい! という願望を抱いている女性は意外と少なくありません。ソフトSMではハードなSMよりももっと手軽にSMを楽しむことができます。いわば、そこまで気負わなくてもいい、軽い感じのSMプレイなのです。

SとMという嗜好は頻繁に使われていますが、実はその実態を結構誤解している人も多いんです。S(サディスト)は責め役でM(マゾヒスト)は責められ役というのが一般的な認識ですが、実際のところ、SはサービスのSでMはマスターのMとも言われています。

つまり、Sはただ自分勝手にMを責めるのではなく、Mの望むことをしてあげなければならないのです。ソフトSMはそれが如実に出ているプレイであると言えます。Sとなる男性はMである女性をいたわり、本当に嫌がることを無理強いしてはいけないのです。ただ意地悪で強引なのは「S」ではなく、ただの乱暴者です。

いずれにせよソフトSMで大事なのはふたりの信頼関係になってきます。女性もただすべてを男性に任せきりにするのではなく、男性と一緒に楽しみながらプレイしましょう。

目隠し

ソフトSMの代表的なプレイのひとつが、目隠しです。アイマスクがなければタオルでも簡単にできるので、ソフトSM初心者にもおすすめとなっています。

目隠しをされていると、相手の行動が読めなくて不安になりますよね。それは逆に言えば「相手に何をされるか分からない」ということなのです。暗闇の中で女性はどこからどうやって責められるのだろう、どんな刺激が与えられるのだろう、と予想します。

そして、予想外のところからその快感が与えられたとき、気持ち良さと一緒にすごく興奮するのです。しかも、視覚が遮られることによってその他の五感の感覚が鋭くなり、身体の感度が増すと言われています。男性側も、「目隠しされているから何もできない」「自分だけが彼女に触れることを許されている」「信頼されている」といった認識から支配欲が増すでしょう。

手軽にできていつもとは違う気持ち良さを味わえるプレイです。もちろん、女性が男性に目隠しするというプレイも楽しめますよ!

言葉責め

セックス中の言葉責めは、女性がもっとも興奮するプレイのひとつです。「好きだよ」「可愛い」「気持ちよくなっていいよ」といった愛情が込められた言葉の数々も言葉責めのひとつです。また、そこから少し進んだ、「濡れてるよ」「もっとして欲しい?」「エッチだね」といったような実況系の言葉責めも女性は喜びます。

さらに、ただ言うだけでなく耳元で囁くようにして言うと女性の興奮がより高まることもあります。男性側も女性の身体を口に出して伝えることで、言葉責めを興奮材料のひとつにすることができます。注意点としては、あくまでソフトSMのプレイでは罵倒系や罵り系の言葉責めはやめたおいたほうがいいということです。

それまで何のSMプレイもしていないのに急に「メス豚が!」などと言われたらセックスをする気もなくしてしまいますよね。ふたりの仲を深めるどころか、不信感を買ってしまいます。せめて最初は無難な言葉責めから始めてもらうようにしましょう。

軽い緊縛

本格的な緊縛ではなく、あくまで軽い緊縛もカップルのセックスを盛り上げるスパイスのひとつとなります。緊縛というと、「緊縛師」というプロもいるくらいですから、縛り方も縄の扱いも難しいというイメージがあります。しかし、ソフトSMの場合は初心者がやるので、縄にこだわったり難しい縛り方に挑戦しなくとも大丈夫です。

むしろ、初心者が安易に難しい縛り方に挑戦すると事故に繋がったり縛るのに戸惑ってセックスをする雰囲気じゃなくなってしまうこともあるので、やめておいた方が無難です。

そこでおすすめなのが、ストッキングやネクタイを使った緊縛です。彼女が履いていたストッキング、彼が締めていたネクタイを使用すれば緊縛までの流れもスムーズですし、手首を軽く縛るだけで緊縛感も演出することができます。

緊縛をして女性の自由を奪うことで、男性には支配感が生まれ、女性にも、「彼に全てを委ねれば気持ちよくしてくれる」という思いが出てきます。

道具

本格的なSMだったら、使う道具も、鞭、縄、赤いロウソク……などと調達も難しくなってきますが、ソフトSMの場合は、ローターだけ充分です。

肌に触れるか触れないかの距離でローターを全身に当ててあげながら、プレイへの期待と身体の感度を高めた上で、クリトリスにローターを押し付けてあげるようにして刺激しましょう。しかし、これだけだと単なるおもちゃプレイです。

ソフトSMにするためには、先ほどご紹介した緊縛や目隠しをしながらのおもちゃプレイです。

緊縛や目隠しをすることによって一気にSMっぽさを演出することができ、いつもより感じることができるでしょう。また、ラブホテルなどには備え付けのバイブもありますので、それを使って言葉責めをしながら少し強引に責めてあげるのもおすすめです。

おもちゃは少し違う使い方をするだけで普段のセックスとは全く異なるプレイを体験することができますよ。

スパンキング

ソフトSMで注意しなければならないのは、相手に痛みや苦痛を与えてはならないということです。多大な痛みを与えないと前提した上での軽いスパンキングもソフトSMになります。ソフトSM初心者の場合、鞭などの道具を使ってしまうと力の加減が分からなくなってしまうので、素手でのスパンキングをおすすめします。

手のひら全体を使って女性の身体の柔らかい部分などに軽く当ててあげるだけでそれなりに大きい音を出すことができます。音の割に痛みはそれほどないので、女性も痛がることなく雰囲気を出すことができます。言葉責めと合わせながらスパンキングをしてみると、男性側には加虐心が生まれ、少し強引に責めてもらいたいという願望を抱いている女性も満足できるプレイです。

まとめ

ソフトSMにもさまざまなプレイがあります。いくつかを組み合わせながら楽しむことでより興奮を得ることができ、いつもと違うセックスをすることでマンネリを解消することもできます。基本的にソフトSMはカップルのセックスの延長線上にあり、ふたりの絆をより深めるためのものです。いくら自分が興奮するからと言って無理強いすることはやめましょう。

また、恋人同士のソフトSMの後はいつも以上に後戯が大切になってきます。プレイ後はお互いを労わることも忘れないようにしてください。ソフトSMには決まったパターンはありません。いつものセックスに少しだけ取り入れてみる、といった感じでも充分楽しむことができますよ。是非、カップルでソフトSMを勉強していつもよりもっとセックスを楽しんでください!

-セックス
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.