JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

自分は一体どちらに当てはまる? 妻にしたい女と彼女止まりの女の境界線

気になる人ができたら、まずは彼女になりたい、そしてその先は結婚して妻になりたいと思う女性が多いかと思います。スムーズに妻の座まで辿り着ければいいのですが、何故か彼女までにしかしてもらえない女性がいるのも事実です。

男性に「結婚したい」と思わせ妻の座を射止めることが出来る女性と、男性から「付き合いたい」と思われても、結婚はできないなと思われる女性は、どこがどう違うのでしょうか。その境界線を探ってみましょう。

最強タッグのVRが登場!
確実に世界が変わります数ある作品を押しのけアダルトVRが上半期売上ランキングTOPを獲得!
いつまで2Dでオナッてるの?
今すぐハイクオリティでお得なVRを体験してみよう! 気持ちよさ・感動ともに当サイトが保証します

Point.1 金銭感覚

まず大切なのは「金銭感覚」です。男性には、今でも少なからず結婚すると女性を養っていかなければという感覚が残っているはずです。そこで妻に求めるのは正常の金銭感覚。これがズレているとどうしようもなくなりますからね。

彼女であるうちは、将来を見据えることなく短期間頑張ればいいかもしれないので、浪費する女性であってもそこまで慎重に考えることはないかもしれません。しかし、そういった浪費癖のある女性はまず結婚相手として候補に挙がらないと思ってください。そういう女性と結婚すると財布を握られた挙句に使い込まれてしまうかも…という不安がよぎるはずです。

そして、浪費癖はなくても毎回食事代を出そうとしない女性、男性が支払って当然という顔をしている女性も妻の座にはなれません。毎回ではなくてもたまには自分が出す、またはカフェでは自分が出す、もしくは奢られたら小さな何かをお返しするなど、常識的な部分を男性はシビアに観察しています。

彼女のままでいいのであれば、毎回どこか素敵なレストランへ連れていってもらいご馳走になる。もし妻の座を狙うのであれば、たまには自分が負担したり手料理を作ったりして、節制もできる金銭感覚をアピールしましょう。

Point.2 ビジュアル

簡単に一言で表現すると、彼女には派手な見た目を、そして妻には清楚な見た目を求めます。彼女はデザイン重視のアクセサリーで、妻は長持ちする腕時計といったところでしょうか。彼女には連れて歩いて自慢できるビジュアルを求め、妻には派手さはなくても誰に見せても恥ずかしくない程度のビジュアルと清楚さを求めます。

例えばファッションに関しても、トレンドに身を包み人の目をひくようなものを着こなすのは彼女タイプ。そしてシンプルで手入れの行き届いたものを着こなすのが妻タイプと言えるのではないでしょうか。彼女にしたいタイプは、食事に行った際や遊びに行った際、まるでデザインアクセサリーのように男性を引き立てる飾りのような存在で、妻にしたいタイプは、控えめながらも男性の価値観を高めてくれる存在です。

あまり派手にしすぎると彼女止まりの可能性が高くなりますので、付き合いの段階に応じて相手に合わせていくのが大切です。 

Point.3 第三者への対応

妻の立場と考えると、友人や会社仲間を始め、上司や取引先などの大切な方と会う機会も考えられます。また、将来子供ができると、その親達との交流や学校行事などに参加することもあります。その際に、非常識な行動を取ったり社交性のない人間性が見えると、周りとうまくいかなくなり男性にも影響が及びます。その為、男性はパートナーを第三者へ会わせた際の対応を見ていますよ。

もし彼女の時点で指摘され正すことができれば、妻の座へステップアップすることは可能です。しかし、そこで男性に見限られてしまうとステップアップは難しいでしょう。もしも男性の友人や知人に紹介される際は、自分を押し出さず少し控えめに、しかしきちんと協調性を持った言動を心がければバッチリです。

Point.4 親への対応

友人や会社の仲間に合わせて大丈夫と思えば、次はきっと家族に紹介されるはずです。パートナーを家族に合わせるのは、歳を重ねれば重ねるほど重みが出てきますので、男性もやはりある程度の心構えをして紹介するはずです。

その際に常識的な対応ができないと、次回家に招かれることはないと考えてください。挨拶がきちんと出来るか、きちんとした言葉使いが出来るか、礼儀作法を知っているか、目上の人を尊重できているか…と、あらゆるチェックを行っています。これは男性はもちろん、その家族も厳しい目で見ていると肝に銘じておきましょう!

緊張してぎこちないのは良いのですが、あまりにも常識から外れたことをしないよう気をつけて、最初の彼女の段階から、何度か招かれるようになる妻の座へとステップアップを目指してください。第一印象はうまく良い印象を残せたのであれば、別れ際もきちんと笑顔の印象を残すように心がけて。

Point.5 家庭的か否か

貴女を家に招いた時や、どこかへ旅行へ出かけた時など、貴女が妻になれるかどうかジャッジされているかもしれませんよ。例えば男性が服を脱ぎそのままにしていたとすると、男性が次にその場を通る際には出来る限り畳んでおきたいですね。着替えている際、シャワーを浴びている際、その隙にさり気なく畳んでいると、男性は「あ、きちんと気が利く女性だ」と感心するはずです。

また、同じように起きた後のベッドメイキングも見られています。布団が起きたままの状態にしているのを目にするとガッカリしますよね…。完璧に元通りにするわけではなく、チャチャッと一手間かけて布団を綺麗にするだけでいいのです。

同じように、貴女の家に招いた時もチェックの目は光っています。自分のテリトリーでは、ここぞとばかりに、しかし自然に家庭的な面を見せつけてください。料理を出す際は、凝った料理ではなく冷蔵庫の中にあるもので素早く手慣れた感じで調理する。水回りやトイレの見えない部分もきちんと磨かれて掃除されている。

きちんと自炊していることが分かる、キッチン周りや冷蔵庫の中身。あくまでも普段からの生活が垣間見える程度で、大げさに演出するのは逆効果です。家庭的な面を見せることが出来れば、男性も将来像が見えやすくなるはずです。

Point.6 癒しか刺激か

彼女には、一緒に居る時の楽しさを求め、妻には一緒にいる時の安心感を求めるのが男性です。一緒に居て楽しいと思わないと、人は同じ時間を過ごしたいとは思いません。なので、まずは楽しい時間を共有するというところから始めます。

しかし、その楽しいという刺激だけだと、いつかは疲れてしまいますよね。そのうち自分をさらけ出してゆっくりしたい気分になってきます。そんな時に自然に気兼ねなく一緒に過ごすことが出来るのが、妻になれる素質のある女性です。

常にドキドキを与える彼女止まりの女性ではなく、たまにはドキドキそしてたまには癒しを交互に与えることが出来る女性を目指してください。サプライズや刺激など、楽しい事を与えるのは意外と簡単なのですが、居心地の良さや癒しの空間を与えてあげるのは難しいことです。

その為に、貴女の気になる相手は、どんなことを求めていてどんな時にリラックスしているのかを、普段からきちんと観察しておきましょう。その癒しを与えられるようになれば、きっとパートナーはいつも貴女の元へ戻ってきたくなりますよ。

貴女はどちら?

6つのポイントを見てきましたが、貴女はどちらに当てはまりますか?自分がなりたい側の特徴を目指せば、そのポジションにつくことは十分可能です。妻の座を目指すか彼女の座で楽しむかは貴女次第です!

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.