JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

カップル必見!二人が一番感じる体位の見つけ方

自分たちにとって一番感じる体位とはどのような体位なのか考えたことはありますか?本当に感じる体位を見つけることができれば、その後のセックスは今より格段に良いものになるでしょう。

しかし、二人が一番に感じる体位とはそう簡単に見つかるものではありません。一度や二度その体位でセックスをしてみてもその日のコンディションなどもあるため、どの体位が本当に二人が感じることのできる体位なのかなかなかわかりづらいということはあると思います。

オナニーが10倍充実する!
ついにVRがアダルト業界に上陸!無修正よりも興奮するエロ動画があることを知っていましたか?
今だ経験したことはないという人は今すぐにでも体験するべきです!
無料サンプル動画も充実しているため、お試しだけでもする価値あり!
リアルすぎる疑似セックスの世界へ足を踏み入れてみましょう。
人生で最高に気持ちのいいオナニーができます。

より早く二人が一番感じる体位を見つけるために

では、二人が一番感じる体位とは一体どのように見つければ良いのでしょうか。今回は二人が一番感じる体位を見つけるために、いろいろな方法から見つける二人が一番感じる体位の見つけ方をまとめてみました。

何も情報がないところから自分たちで試して探すより、記事から少しでも方法を知って探す方がはるかに早く見つかるはずなので、ぜひ記事を参考に二人が一番感じる体位を探してみてください。

「上つき」か「下つき」で合った体位を探す

「上つき」や「下つき」という言葉を聞いたことがあってもどういう意味なのか詳しくはわからないという人は多いのではないでしょうか?「上つき」「下つき」を簡単に説明すると膣のつき方のことです。「膣のつき方に個人差があるの!?」と疑問に思う方も出てくるかもしれませんが、実は膣にはさまざまなつき方があるので、かなり個人差がある部位と言えるのです。

「上つき」と「下つき」の違いは、女性の膣がついている位置がポイントなのですが、一般的には目安として肛門から膣までの長さが4㎝以上の場合「上つき」で、肛門から膣までの長さが4㎝より短い場合「下つき」と呼ばれています。

女性が上つきだった場合に試してみるべき体位

上つき女性は正常位のように二人が対面する体位がやりやすいと言われています。男女が向かい合ったときに丁度ペニスの角度と膣の角度がマッチするため、男性がとても挿入しやすい体位となっています。

「上つき」の女性が正常位でセックスをすれば、男性は挿入しやすいだけでなくピストンもスムーズに行うことができます。また、角度がピッタリ合うためなかなか抜けづらいという利点もあります。

このようなメリットがたくさんの状態でセックスをすれば、セックス中に余計なことで集中が途切れてしまうことが少なくなるのでとても感じるセックスができるようになります。

女性が下つきだった場合に試してみるべき体位

女性が「下つき」の場合は、バックがおすすめです。「下つき」の女性が四つん這いの体勢になったときにペニスが一番深くまで届く体位がバックだからです。

バックで突かれるより正常位で突かれる方が好きという女性は多いですが、バックは顔が見えない分、繋がっている部分に神経を集中させることができるので、場合によっては正常位よりもより感じることができる可能性を秘めています。

「上つき」と「下つき」はあくまで目安なので絶対にその体位じゃないとダメということは一切ありません。「上つき」「下つき」でどのような体位が向いているかということを知り、体位を決めるときの目安にしてみてください。

膣の角度から

女性の膣の角度から一番感じる体位を探すという方法もあります。女性の膣の角度にもつき方同様さまざまな角度があるのです。大きく分けて膣の角度がお腹の方に向かって傾いている場合とお尻に向かって傾いている場合の2種類があり、どちらがより感じるということはないのですが、ペニスを挿入する方向によって感度が変わってくるということがあります。

膣の角度がお腹の方に向かって傾いている人にペニスがお尻方向に向かって挿入されてしまったり逆のパターンだった場合、膣とペニスの間に隙間ができてしまったり、陰毛を巻きこんでしまって痛い思いをすることもあるので、膣の角度と挿入の角度は想像以上に重要なことなのです。

膣の角度とペニスの挿入の角度がぴったりマッチしている場合、フィット感がありより深く挿入することができるため気持ちよさも感じられます。フィットしていることも二人が一番感じる体位を見つけるためには非常に重要なことなので意識して感じる角度を探ってみましょう。

お互いの体型と相談

二人のうちどちらかが太っていたり両者が太っている、女性がやせすぎているなどの場合、まわりの肉が邪魔をして丁度良い角度や体位が見つかりにくかったり女性が痛みを感じてしまうということもあります。

たとえば女性のふとももが太いと男性がふとももの間に入って行う体位は難しかったり、痩せすぎている女性と騎乗位をすると女性が気持ちよさを感じ辛かったり痛みを感じてしまうこともあるのです。

体型によっては深く挿入できなかったり痛みを感じてしまう体位もあるため、お互いの体型とよく相談してより感じる体位をじっくり探してみましょう。上記でも説明した通り膣のつき方や角度も重要なためその点も頭に入れていろいろな体位を試してみると良いでしょう。

体の柔軟性から見つける

二人の体が柔軟であればあるほど二人が感じる体位の種類も増えます。「二人の股関節はどこまで開くのか」「腰の柔軟性はどれくらいなのか」ということを考え、二人の気持ちいい体位を探ります。女性の股関節がどれくらい開くのかということを知り、さまざまな体位で足を開いた状態とそうでない状態の感じ方の違いを調べてみるのもよいでしょう。

また、女性の腰の柔軟性が高い場合は男性が女性の腰を持ち上げた体位を試してみるなどいろいろな体位でその気持ちよさを調べることができます。「正常位から徐々に女性の足、もしくは二人の足を開いていって気持ちいいポイントを探る」「女性の腰を浮かせて一番気持ちいいポイントを探る」のようにしてみましょう。

お互いの体がより柔軟な方が感じる体位はたくさんあるでしょうが、その分見つけるのも大変になってきます。くれぐれも無理な体勢でしないようにだけ心がけ、体の柔軟性を活かした体位に挑戦してみましょう。

体型や柔軟性を考慮してさまざまな体位に挑戦してみましょう

今回は、二人が一番感じる体位の見つけ方をまとめてみました。二人が一番気持ちいいと感じる体位を探すには一度や二度のセックスではなかなか見つかりません。自分たちの体型や体の柔軟性からよく考えてさまざまな体位に挑戦してみることが大事です。

同じ体位でもクッションを腰の下に敷いて少し角度を変えてみたり椅子に座ってしてみるなど道具や場所をうまく使うことでも気持ちよさは全く変わってきます。今回の記事を参考に、パートナーと二人で二人が一番気持ちいいと感じる体位を探してみてください。

-セックス
-, ,

Copyright© JUCY , 2017 AllRights Reserved.