JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

Lineでも使える!彼を虜にする5つのメールテクニック


今のカップルは同棲していない限り、デートする回数よりもメールをしている回数の方が多いですよね。直接会っていなくても簡単に意思疎通できるメールはとにかく必要不可欠になりました。

思いを伝えることやどこでも繋がれることなどメリットが多いメールはその分デメリットもあるのです。そのデメリットはと言うと、メール一つで彼に嫌われてしまう可能性があるということ。

しかし、逆に考えてみればメール一つで彼のことを虜にできる可能性もあるのです。彼とデートをしていな時でも彼には自分のことを「好きだ」と考えて欲しいですよね。そんなあなたはこの記事を参考に彼を虜にするメールテクニックを身に着けて、いつでもどんな時でも彼の事を虜にさせてくださいね♡

VRで彼女を作りませんか?
VRなら国民的アイドルまで彼女に出来る!本物アイドルとセックスしたくない?
今だ経験したことがない!という人はオナニー人生を無駄に過ごしています
無料サンプル動画も充実で、お試しだけでも価値があります! 人生で味わったことのない最高のオナニーができます。

そもそも男性はメールが好きじゃない?


女性はメールをするのがとても好きな生き物。暇さえあればスマホを手に取り、メールをチェックしていませんか?電車の中でメールを打っているのも圧倒的に女性の方が多いですよね。一方で男性はそこまでメールに執着していません。むしろスーパードライなのです。

男性の考えとしてメールは必要以上のものをしようと思わないため、それ以上のものが来ると返信が疎かになり、女性が嫌いな既読無視になってしまうのです。ただ勘違いしてはいけないのが、「メールが来てうざい」ではなく「何故こんなことを送ってくるの?」と疑問に思っているだけ。

それでも女性は「冷たい」と感じてしまいますよね。だからこそ男性に「メールをしたい」と思わせるためにもこの記事を最後まで読んでポイントを掴んでくださいね。もう一度言いますが、男性がメールをしないからと言って愛情が減ったというわけではないのです。メールの頻度と愛情は別物です。

今日から使える彼を虜にするテクニック


恋人と会っていなくても繋がることのできる大事なメール。しかし、男性は女性に比べてメールの必要性をあまり感じていません。だからこそ今から紹介するメールテクニックを使って彼を虜にさせてしまいましょう。そうすれば彼はもっとあなたのことを想ってくれるはずですよ。

長文は逆効果!短文で愛を伝えよう

彼への気持ちが大きければ大きいほどメールも長文になってしまいがち。

  • 記念日事に愛の告白
  • 喧嘩をするたびに怒りの長文
  • 日記のように一日の出来事を報告

文章がどうであれ長文のメールを見るだけで気持ちが萎えてしまうことがあります。「読むのがしんどいな」「重く感じる」「長文で来たからこちらも長文で返さなくてはいけないのか?」このような感情にさせてしまうのです。

そうなれば彼はあなたとのメールを苦痛に感じてしまうこともあるので、彼へのメールは長すぎず、短すぎずを意識しながら送るようにしましょう。「今日で1年だね、今までいろいろなことがあったけど~」では長すぎるし、「1年おめでとう!好きです」でも短すぎます。

なので、「今日で1年だね、いつもありがとう。これからもよろしくね!」と長すぎず、短すぎずの文章を心掛けてください。そうすれば彼にダイレクトに気持ちを伝える事ができ、プレッシャーも与えずに済みます。「面倒くさくないメール」これこそが彼を虜にするメールテクニックなんですよ。

一人語りではなく二人語りを心掛ける

メールになると男性は受け身がちになってしまいます。何故受け身になってしまうのか?それはあなたが一人メールで語っているから。「今日はこんなことした」「ここに行ってこれ食べた」など彼の興味をそそることではないことを永遠に語っていれば当然彼はあなたとのメールをつまらなく感じてしまうでしょう。

同じことをデートで語られても「つまらない」とは思いませんが、メールで語られると途端につまらなくなってしまうのです。なので、一人語りをする時は彼とデートをしている時がオススメです。

一方でメールの方はどうするのかと言うと、せめてメールくらいは二人が盛り上がれるような話題を送ってあげましょう。男性は必要以上のメールが好きではないと紹介しましたが、自分の好きなものでは話が別になっていきます。

たとえば彼の趣味についてメールをしたり、彼の好きなものについてメールをしたりと彼の興味をそそるような内容を送ることを心がければあなたとのメールが楽しくなることはもちろん、あなたから来るメールを待ち遠しく思ってくれるはずですよ。

返信は一定の時間を空けよう

大好きな彼からのメール、すぐに返したい気持ちはわかります。自分がすぐに返せば彼からの返事も早くなるかもしれないし、彼と一通でも多くメールのやり取りができるかもしれない。

しかし、それって全部彼に取ってはプレッシャーになってしまうのです。どんなにすぐに返事がしたいと思ってもそこは最低でも30分から1時間以上は時間を空けて返事をした方が良いでしょう。それによってちょうどいい距離感を作ることができるのです。

距離感はどのカップルにも必要不可欠なもので、無理やり距離を縮めようとすると空回りしてしまう可能性が高いもの。なので、メールでもお互いのちょうどいい距離感を作って心地よいメールをするように心がけましょう。

ポジティブな言葉のチョイスをする

あなたは男性が言われて嬉しい「さしすせそ」の言葉を知っていますか?さは「さすが」しは「知らなかった」すは「すごい」せは「センスある」そは「そうなんだ」この言葉に男性は弱いと言われています。

なので、メールの文にはなるべく「さしすせそ」を意識しながら使っていくようにしましょう。ポジティブな言葉は相手のことも明るくさせる魔法のような言葉なので、積極的に使っていってください。

反対にネガティブな内容ばかり送っていると「面倒くさい」「空気が悪い」「なんて返せばいいのわからない」とマイナスなことばかりしかありません。彼の気持ちもブルーにしてしまうので、ネガティブな内容は極力送らないように意識をしながらメールをしてください。

弱い自分を見せる事も時には大切かもしれませんが、基本的にネガティブな発言は「かまってちゃん」だと思われてしまう可能性が高いのです。だからこそ、メールではポジティブだと思われるようなメールを送りましょう。そうすればあなたとメールすることが日常の楽しみになっていくのです。

Lineで最も注意すること

メールと違いLineは無料で何通でも連続でサクサクやり取りができます。既読機能もついているため、相手が読んだのか読んでないかもわかってしまいます。それが良い事でもあり、悪い事でもあるのです。もはやメール以上にLineは好き嫌いを左右させてしまうことかもしれません。

では彼とのLineでどこを注意すればいいのでしょうか?それは、返事が来てもいないのに何通も何通も送り続ける事です。これだけは男性の気持ちを萎えさせてしまう最も危険な行為です。

自分がLineを見ていない間に何十件も通知が来ていたらもはや恐怖ですよね?そのような行動も束縛認定されてしまいます。男性は言わずとも知れる束縛嫌いな生き物ですから、Line一つでも虜にするどころか気持ちをどんどん下げてしまいかねません。間違えても返事が遅いからと電話で追い打ちをかけるようなことはしてはいけませんよ。

どんな時でもあなたのことで頭いっぱいに

今回はメール一つで彼を虜にするテクニックを紹介しました。お付き合いをする上で必要なことは自己中心的にならないようにすることと、相手の立場になって思いやる気持ちです。

それはメールで彼を虜にすることでも大切なこと。これらを忘れなければあなたはメールだけで彼を虜にすることができるのです。この記事を読んだあなたは、今までのメールでの反省点がわかったはず。

だからこそ、今からでも使えるこのメールテクニックで彼の事を虜にさせましょう。そして、一緒にいる時間もメールをしている時間でもあなたのことで頭いっぱいにさせてくださいね。

-恋愛
-, , ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.