JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

適齢期になったら焦らなくちゃいけない?女性が結婚を考える時期とは


女性にとっても男性にとっても人生の一大イベントとなる結婚。生き方が多様化している今の時代では必ずしも結婚を選択しなければいけないわけではありませんが、それでも多くの人は結婚という選択を選びますよね。

よく「結婚適齢期」という言葉を聞きますが、結婚を望む女性が結婚を考え始めなければいけない時期はいつ頃になるのでしょうか。そのタイミングなどを具体的にご紹介します。

VRで彼女を作りませんか?
VRなら国民的アイドルまで彼女に出来る!本物アイドルとセックスしたくない?
今だ経験したことがない!という人はオナニー人生を無駄に過ごしています
無料サンプル動画も充実で、お試しだけでも価値があります! 人生で味わったことのない最高のオナニーができます。

女性が結婚を考える時期

では、一体女性が結婚を考える時期とはどのような時期なのでしょうか?今回は女性が結婚を考える時期を紹介します。

仕事の将来が見えた

20代後半や30代が近くなってくると、いまやっている仕事の限界が見えて来るときってありますよね。自分が望んでいた職種で大好きな仕事をしているという人は実は一握り。大抵の人はストレスを感じながら仕事をしているものです。転職しようにもこの不景気。

希望する職業に就けるとも、給料が上がるとも限りません。そんな時に自然と頭に浮かんでくるのが「結婚」ではないでしょうか。結婚をすると多くの場合、結婚相手と財産を共有することになります。

家計に入れる金額は夫婦により異なってきますが、通常はそれぞれの収入と家事負担の割合で決まります。もしも夫となる人にある程度安定した収入があるという場合、思い切って頼ってしまうというのもひとつの選択肢。

その場合は自分の家事負担を増やすなどをあらかじめ提案しておけば結婚生活がスムーズになるでしょう。もしも仕事に魅力を感じなくなってきてしまったときは、結婚で現状を変えてみるのもひとつの選択肢なのです。

友人の結婚が増えてきた

何故か同じ時期に重なってくる友人の結婚。式に呼ばれた場合は祝儀代も馬鹿になりませんよね。「そろそろ祝儀代を取り戻したい!」と考えてしまうのも人間の心理。また、身近で年齢が近い人の結婚が続くと、「自分もそろそろかな……」と自然と意識してしまいますよね。

そんな時こそ、そのブームに乗ってしまうというのもひとつのタイミングです。もしも長年つき合っている恋人がいる場合は、「私たちもそろそろじゃない?」と持ち掛けてみたり、恋人がいない場合は婚活を始めるきっかけにもなります。

気を付けなければならないのは、仲のいい友人の結婚とタイミングが被ってしまうこと。3ヶ月程度でも空いていればいいですが、同じ月などになってしまうと自分の結婚の特別感が薄れてしまうことも。共通の友人にもご祝儀やお祝いなどで迷惑を掛けてしまうこともあるので、周囲の人のタイミングを察することも重要になってきます。

好きな人とずっと一緒にいたいと思った

カップルの結婚には、「子どもができた」「彼の転勤が決まった」などさまざまな理由もありますが、理由がなければ結婚を選べないわけではありません。むしろ、「つき合っている彼とずっと一緒にいたい!」というのは恋愛結婚の一番の理由になりえるでしょう。

恋人同士の口約束で「ずっと一緒にいようね」と言っても将来的に本当にそうなるかは分かりません。女性は安心感を求める生き物。ずっと一緒にいるために法律的にお安定した関係になりたいと望むのは普通のことです。お互いの気持ちが定まらないまま「ずっと一緒にいたいから」という理由で同棲をするのはあまりおすすめできません。

結婚を前提にしない限り、同棲は結婚を引き延ばしてしまうこともあります。「ずっと一緒にいたい」と思った時がそのカップルにとっての結婚のタイミングなのではないでしょうか。なかなか彼が動いてくれないときは女性から逆プロポーズするというのも彼の気持ちを動かすひとつの手ですよ。

環境を変えたい

友人関係を整理したいとき、仕事を変えたいとき、親との関係を見直したいときなど、生きていれば環境を変えたくなるときってありますよね。そんなとき、結婚をして自分のまわりの環境をがらっと変えてみるのもひとつの手ではないでしょうか。

結婚をすると良くも悪くも環境が変わってきます。今まで人間関係も自分中心だったものが、夫婦が中心となってきますし、仕事も夫となる人に合わせて変えることもできますし、反対に変えざるをないこともあります。

親との関係も、夫を含めた関係に変化してくるでしょう。結婚は決して逃げ道になるわけではありませんが、人生により多くの選択肢が生まれることがあるのです。

安心感が欲しい

独身でいるデメリットのひとつは「孤独感がある」ということ。その点、結婚をして夫婦になればおのずと孤独感は減ります。「誰かと一緒にいたい!」「ひとりになりたくない!」「安心感がほしい!」と思ったときこそが結婚のタイミングなのではないでしょうか。

人は誰でも一人では生きていけません。「生涯独身でキャリアーウーマン」というような強い女性像には誰しも憧れがあるものかも知れませんが、「寂しいから」という理由は結婚を決意する充分な理由になりえます。

「友だちさえいれば結婚なんてしなくていい!」という意見もありますが、その友人たちもいつまでも独身でいるとは限りません。友人を目当てにしていたのに気が付いたら自分だけ独身……という悲惨な結果にだけはならないように気を付けましょう。

子どもが欲しくなった

誰しも一度は考える自分の子どものこと。特に女性ならば子どもを産み育てることに憧れを持つ人も多いです。医療の発達で現在では50代の出産の話も聞かれますが、さまざまなリスクを考えると高齢出産は避けたいもの。

だからこそ、「子どもが欲しい!」という願望は結婚を考えるタイミングとなりうるのです。結婚しなくとも妊娠や出産は可能ではありますが、経済的にも精神的にも不安定になってしまいます。

特別な事情がない限り、子どもは夫婦で育てるのがベストです。つき合っている彼がいる場合は、子どもを望んでいることを伝え、ふたりの関係性を見直してみましょう。もしも恋人がいない状態で子どもを望んでいる場合は妊娠・出産を前提とした婚活をしてみるのがいいかも知れません。

奨学金などの借金を返し終わった

学校を卒業して社会人になったときに地味にのしかかってくるのが奨学金。人によって借りた額も返済ペースも異なりますが、一般的には早くて8年程度。大学卒業してすぐ返済を始めたとすると、30歳には支払いが終わる計算になります。

奨学金は通常の借金とはまた異なるものですが、それでも払い続けている間はなんとなく気が重いもの。だからこそ完済した時は身軽になり、結婚を意識するタイミングになるのではないでしょうか。また、キャッシングなどの明らかな借金がある場合は、返済してからの結婚がベストです。

夫となる人と協力して返していくという手もありますが、借金は一般的に印象が良くありませんし、後々の火種になることもあります。結婚をしたいと考えている人はまず借金を返す努力をしましょう。

全てはタイミング


結婚を希望する女性が結婚を考えるべきタイミングをご紹介してきました。一般的に結婚適齢期は20代後半~と言われています。もちろん、それぞれのタイミングでそれよりも前に結婚することもありますし、逆に20代の頃は結婚に興味がなかったけど30代後半や40代になってから結婚に興味が出てきたという人もいるでしょう。

子どもを望むならばなるべく早い方がいいかも知れませんが、結婚というものは自分と相手のタイミングをそれぞれ考慮して決めるもの。必要以上のプレッシャーは感じなくてもいいのではないでしょうか。「結婚したい」と思ったときが一番の結婚適齢期なのです。

-恋愛
-, , ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.