JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

実家に帰る正月がチャンス?男性が彼女と結婚を意識する瞬間


年末年始や正月は実家に帰る人が多くいますよね。そんな時、あなたの彼が20代後半や30代に突入している場合、あなたと結婚を意識する大きなチャンスなんです。女性は誰でも愛する恋人の妻になりたいと思うもの。もちろんあなたも彼の妻になることを夢見ているはずです。そんな正月は願ってもいないチャンスが訪れる時期なのです。

そのチャンス、あなたは逃してはいけません。あなたが彼と結婚をしたいと思っているならば尚更、この記事を読んで男性が彼女と結婚を意識する瞬間とあなたのやるべきことを頭に入れておきましょう。そうすれば、あなたは彼の未来の妻になれること間違いなしですよ。

売上爆発中のアダルトVR!
いまやオカズはVRエロ動画が普通!数ある作品を押しのけアダルトVRが上半期売上ランキングTOPを獲得!
オナニーも仮想現実の世界に突入!
今すぐハイクオリティでお得なVRを体験してみよう! まだ体験してないかたは損をしているかもしれません

正月に男性が彼女と結婚を意識する瞬間


年末年始、正月は実家に帰省をする時期。だからこそ、男性はあなたとの結婚を意識する瞬間があるのです。では、その結婚を意識する瞬間とはどのような瞬間なのでしょうか?今回は正月に男性が彼女と結婚を意識する瞬間を紹介します。

親に「結婚はまだなの?」と聞かれる

これはある程度年齢をとった男性が親から必ず言われることだと思います。なので、正月に家に帰れば親戚の集まりなどで「まだ結婚はしないの?」「もうそろそろいい年なんだから…」なんて質問攻めされるでしょう。

そこで初めて彼は「俺もそろそろかな…」と思うのですね。何年も結婚を引き延ばしにしていたら親からのプレッシャーも計り知れないものになるので、男性は彼女との結婚を意識するようです。

この質問がダイレクトに一番意識させる言葉と言ってもいいでしょう。しかし、間違えてもあなたが「結婚はまだ?」なんて言ってはいけませんよ。いつの時代も重い女は嫌われるものですから、あなたからのプレッシャーは逆効果になってしまうのです。

「将来いいパパになれるよ」と言われた

親戚が集まれば、幼い子供がいる場合もありますよね。そんな時に男性が子供の相手をしてあげていると周りから「将来お前はいいパパになれるよ!」と言われるはずです。その言葉で「ああ俺もそんな年なのか」「いいお父さんになれるのか」と思うのですね。

そうすれば自然にあなたとの将来像も見据えてくるでしょうから、あなたとの結婚を意識する瞬間だと言えます。よほど子供が嫌いではない限り「子供が欲しい」と思うものなので、お父さんでもおかしくない年齢を実感した時に初めて意識するのでしょう。

彼女の年齢に気を遣われた

男性が20代後半または30代なら両親からも「結婚はまだなの?」と言われる年齢ですが、同じくあなたも同年代の場合、男性の両親からあなたの年齢に気を遣って結婚をすすめられる可能性があるのです。

「そろそろ彼女もいい年なんだから責任を取ってあげなさい」「彼女の年齢も考えてあげなさい」と両親に気を遣われることによって男性は彼女との結婚を意識するようになるのですね。あなたがもし、20代後半や30代で結婚を意識している年齢ならチャンスですよ。

友達が結婚をしていた

地元に帰ると周りの友達や知っている人が結婚をしていた…なんてことありませんか?それは誰でも一度は経験するようなことではないでしょうか。周りがどんどん結婚していけば当たり前のように結婚を意識するはずです。

周りの影響こそが男性が結婚を意識する瞬間を作りあげてくれるのですね。結婚を意識していなくても周りが結婚をしていたら「俺もそろそろかな」と感じてくるので、正月に友達と会う時はチャンスでもあるのです。

あなたのやるべきこと


彼が正月に実感に帰っている時は、結婚を意識してくれるチャンスですが、だからこそあなたがやるべきことがあるんです。もし、これをやっていないとすれば彼の結婚への意識がどんどん薄れていくかもしれませんよ。

改めて家庭的をアピール

結婚とは二人で同じ家に一生住むわけですから、男性なら誰しも家庭的な女性を求めるでしょう。それは結婚を意識したらもっと望むことになるわけです。なので、あなたは彼に「やっぱり家庭的でいいな」「妻に相応しい女性だな」と思われるために彼が実家から帰ってくるタイミングで改めて家庭的な女性だということをアピールします。

そうすれば結婚の「意識」から「確信」に変わるかもしれません。整理整頓や、料理などをさりげなくアピールし、彼にもっと意識してもらいましょう。

小言を言わない

長く付き合っていれば「ここはこうして欲しい」「それは直してほしい」と思うこともありますよね。だから女性は男性に小言を言ってしまうのだと思います。しかし、男性はお母さんのようにガミガミ小言を言われることが大嫌い。彼のためを思い、人として成長して欲しいと思って言っていることでも男性は嫌気が指してしまうのです。

何度しつこく言おうと直らないことは直らないですからね、自分もストレスが溜まってしまうので、自分のためにも彼のためにも結婚のためにも小言を言うことはやめておいた方が良さそうです。

女性らしさを保つ

男性がどれだけ欲しくても手に入らないものってなんだと思いますか?それは「女性らしさ」でしょう。だからこそその女性らしさに男性は惹かれていくのです。

よくある話ですが、彼とのお付き合いに慣れてきたらだらしなくなり、女性なのにもかかわらず化粧をしなかったり、髪はボサボサのままだったりしても平気でいられる女性もいますが、そのような姿を見せ続けていれば当然彼が結婚を意識したとしても「やっぱりこの人じゃないかな」と思うようになってしまうのです。

なので、女性は女性。男性は男性と越えられないものがあるのであれば、あなたは女性らしさを保つことを意識しなければいけません。

しつこくしない

「私達結婚するんだよね?」「いつ結婚式あげようか?」など、結婚を夢見るあまり男性に迫ってしまう女性がいます。結婚をしたい気持ちや結婚に焦る気持ちはわかりますが、そのような行動を取るのは全くの逆効果です。男性にドン引きされてしまうことは間違いありません。

しつこくすればするほど彼の気持ちも冷めてしまうことを覚えておきましょう。男性から見て焦っている女性の姿は醜いものですから、「そろそろかなぁ」と結婚への道を考えていてもしつこければ結婚に訪れることはありません。常に余裕を持つことで自分の自信にも繋がり、男性にも輝いて見えるのです。

常に見られている意識を持つ

結婚を意識している男性に対しても、結婚を意識しない男性に対しても、常に自分は見られているんだという意識を持つようにしましょう。実家に帰る正月がチャンスだとは言え、正月以外でももちろん男性が結婚を意識する時は訪れます。

それはあなたの行動次第だということを忘れないでください。あなたが本当に彼と結婚をしたいのであれば、「私はいつでも結婚ができる」という気持ちで余裕を持つのです。ここで焦りを見せればせっかくのチャンスも無駄にしてしまうことがあるので、結婚を急ぐにしてもその態度を悟られないようにしましょう。

正月は誰しも実家に帰る時ですから、なかなかプロポーズしてくれない…と思っている女性でもまだまだチャンスはあるのです。実家・地元に帰ることで結婚への意識がかなり高まることは間違いありません。だからこそ今回紹介したこの記事を参考に、彼が正月へ帰ったタイミングであなたがやるべきことを頭に入れておきましょう。

そして、あなたがやるべきことは今から行っていけばもっと結婚への意識を高めてくれるのです。今からでもこのことを常に意識しながら生活してみてください。きっと近い将来あなたは彼の妻になること間違いありませんよ。

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.