JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

【決定版】クラブナンパで女の子をお持ち帰りする方法


クラブでナンパした女の子とワンナイトラブを楽しみたいそう考える男性は少なくないはずです。でも、クラブ経験は浅いし、女の子と話すのもそんなに得意じゃない…そんなあなたのために、「決定版・クラブで女の子をお持ち帰りする方法」をお教えします。

VRで夢のエロ体験しませんか?
大人気女優「明日花キララ」の全力VRも配信中!年間500万本以上も売り上げるアダルトVRの破壊力がヤバイ!
ゴーグルをつければそこはもう夢の空間です。美女とのセックスに溺れてみませんか?
DMMなら無料お試し作品も視聴することができます! 人生で最高オナニーはもうすぐそこです。

クラブに行くときの服装

まずはクラブへ行くときの服装です。第一印象は見た目が9割、とも言われますから、ファッションはとても大事です。以下で詳しく見ていきましょう。

とにもかくにも清潔感


クラブで女子ウケをよくするためには、とにかく清潔感を意識しましょう。首元のヨレたTシャツとか、裾を引きずっているパンツはあまり印象が良くありません。

なるべく新調した服を着ていくことをお勧めします。また、奇抜なお洒落もNGです。お洒落過ぎると、近づきづらいオーラを与えてしまうからです。なるべく無難で、当たり障りのないファッションを目指してください。

例えば、清潔感があれば、白Vネックに黒スキニーでも十分です。髪型に関しても短く、しっかり整髪料で整えていきましょう。無精ひげも不潔な印象を与えてしまうので剃っていくのがおすすめです。1にも2にも、清潔感を意識してください。

黒い服はなるべく避ける

クラブに行く際は、なるべく黒っぽファッションは避けましょう。黒は怪しい印象を相手に与えてしまうため、女の子に警戒されてしまうことがあります。

それに、クラブはただでさえ暗い場所です。黒い服では目立たなくなってしまいます。ですので、なるべく明るい白などのアイテムを使うことをお勧めします。

短パン・サンダルはNGのクラブも多い


夏にクラブに行く場合、サンダルや短パンで行きたいという男性もいるでしょう。しかし、クラブの多くは短パンやサンダルでは入場ができません。せっかくクラブの前まで行ったのに帰る羽目になった…なんてことにならないよう、短パン、サンダルは避けましょう。

行く前には下調べを

クラブに行く前に、それぞれのクラブごとにカラーがあることを把握しておきましょう。例えば、客層が若いクラブ、来ている人のほとんどがナンパ目的のナンパ箱など、箱ごとで特色があったりします。

ですので、実際にクラブに足を運ぶ前に、一度ネットなどでそのクラブに関する情報を集めてみるのがいいでしょう。若い子をお持ち帰りしたかったのに、社会人のお姉さんしかいない…そんな事態を避けるためです。

声をかける時間帯

クラブは大体、夜の21時か22時から営業を開始していますが、どの時間帯に女の子に声をかけるのがいいのでしょうか

ベストな時間帯は0時を過ぎてから

声をかける時間帯は、0時を過ぎてからがベストです。0時から2時か3時くらいまでが、最もクラブに人が多く、一番盛り上がる時間帯なので、お持ち帰りも成功しやすくなります。

お持ち帰りしやすい女の子の特徴

では、次にお持ち帰りしやすい女の子の特徴をご紹介します。

露出が多い

お持ち帰りしやすい女の子の特徴としてまず挙げられるのが「露出の多い女の子」です。露出が多い女の子は、心理的に承認欲求が強いため、男性にちやほやされたいと望んでいます。

ですので、スカートが短かったり、肩を出している女の子がいたら、欠かさずチェックをしておきましょう。

明らかにクラブ慣れしていない

クラブ慣れしていない女の子も、お持ち帰りがしやすいです。クラブ慣れしている女の子だと、ある程度ナンパに耐性がついており、簡単に口説くことができない場合もあります。

しかし、クラブ初心者の女の子だと、ナンパされることに慣れていません。ですので、押しに弱かったり、普通にナンパされてうれしくなってしまい、お持ち帰りされてしまうケースが良くあります。

クラブ慣れしていないこの特徴は、ダンスフロアに出ず、通路やソファに腰かけてじっとしている女の子です。こういう女の子の多くはクラブに慣れていないため、場の空気に溶け込むことができていません。特徴に当てはまる子がいたら、目を光らせておきましょう。

声の掛け方


お持ち帰りしやすい女の子の特徴はわかりましたね。では、次に具体的な声の掛け方についてみていきましょう。

声かけは正面から

声かけは基本的に正面からします。ストリートナンパのように、横や斜め後ろから声をかけたのでは、「自信のない男」と思われてしまいます。ストリートナンパでもそうですが、クラブナンパでは「余裕があり、自分に自信のある男」を演じるのが得策です。

女性は自信たっぷりな男性に惹かれるので、優柔不断な態度や、声が小さかったりすると生理的にその男性は嫌われてしまいます。とにかく声かけは正面から、堂々とするようにしましょう。

初対面の女性の体には触れない

原則、クラブで声かけをするときは女性の体に触れてはいけません。いくらクラブという場であってもいきなり男性から肩や腕をつかまれれば、本能的に女性は恐怖を感じてしまいます。

ここで失敗してしまうと、お持ち帰りどころではありません。ですので、たとえ混雑していて声がかけられないような状況でも、女の子の体をつかんでこちらに気づかせるような真似は絶対にやめましょう。

「外人化」する

クラブで女の子と話すときは「外人化」しましょう。外人化ってなに?そう思われた方もたくさんいると思います。外人化とは、ジェスチャー、リアクション、声量、それら全てを大きくすることです。

思い出してみると、外国人ってほとんどの人が声が大きかったりオーバーリアクションだったりしますよね。それをすることで、女の子に「しっかりとこちらに気がある」ということを意識させることができます。

声を掛けられたのに、相手の男のリアクションが小さかったり、反応が悪いと、女性は気分が悪くなりますよね。オーバーリアクションをすれば、それを防ぐことができます。

それに、クラブはタダでさえ音楽が爆音で鳴っていてうるさい場所ですから、声が大きいに越したことはありません。クラブで女性と話す際は、「外人化」が必須です。

会話の内容

「初対面の女性にどう話しかけたらいいかわからない」これは、声かけ初心者の男性によくある悩みです。

初対面の女性ですから、お互いのことを知っているわけでもありませんし、どう話していいかわからなくなってしまう気持ちもわかります。以下ではそれを解決するために、「会話を続けるためのコツ」をご紹介します。

状況を利用する

まずは、状況を利用する方法です。例えば、クラブがすごくすいていたとしましょう。そういう場合、状況を利用して「今日人少ないね」というところから会話に入っていけばいいのです。

「そうだね」と返ってくれば「いつも来てるの」というように会話を続けることができます。もし会話に詰まってしまったら、別の状況だって利用することができます。例えば、流れている音楽に対し「この曲知ってる」とか、目の前でいちゃついているカップルに対し「あのカップルすごいね笑」など、その場にあるありとあらゆるものが会話のネタになるわけです。

女の子の見た目ファッションなどを利用する

次は、女の子のファッションを利用する方法です。例えば、「その髪型可愛い○○モデルや芸能人がいるのかと思ったわ」など、多少ユーモアを交えて女の子の見た目をいじりましょう。

いじるといっても、初対面なので、否定的にいじるのはNGです。必ずプラスの方向にもっていきましょう。他にもピンポイントで、「鼻がミランダカーに似てるね」実際全然似ていなくても大丈夫みたいなのもおすすめです。

とにかく相手に話させるのがコツ

クラブで女の子とうまく会話を続けるには、「女の子に話をさせる」ことが重要です。女性には、話を聞きたい人よりも、話をしたい人が圧倒的に多くいます。

それに、人は自分の話を聞いてもらっているとき、「気持ちいい」と感じるものです。ですので、会話においては女の子の話を聞くことに注力します。

話を聞くといっても、押し黙るわけではありません。「質問をしてあげる」のです。極力自分の会話の最後は疑問形でしめることで、女の子の話を引き出すことができます。「話していて楽しい」と感じさせるために、疑問形を使って女の子に話をさせましょう。

会話の内容は深く考えすぎなくてよい

なにを話していいかわからない、という男性のほとんどが、会話する内容を考えすぎてしまっている傾向があります。「しっかり意味のある内容でなきゃいけない」とか、「これを聞いても相手がつまらない思いをするかもしれない」というようなことです。

しかし、会話の内容、というよりは「会話をすること自体」を目的にしましょう。最初のうちはつまらない内容でもいいので、女の子と会話を続けることが大事になります。

会話からお持ち帰りまで

会話からお持ち帰りまでの行動はどうしたらいいのでしょうか?

会話できたら、とりあえずお酒をおごる

会話に成功したら、とりあえずお酒をおごってあげましょう。お酒は会話の潤滑油ですから、あるに越したことはありません。それに、「おごってあげたんだから話そう」というように、その後もその女の子と会話を続ける口実にもなります。話しかけて反応が良ければ、お酒をおごってあげるのはマストです。

一緒に踊ってみる

一緒に飲みながらしばらく会話をしたら、一緒に踊ってみましょう。基本的に会話からお持ち帰りまでのプロセスは、

  • 声かけ
  • 会話が盛り上がる
  • ボディタッチ
  • ホテル

という流れがほとんどです。もちろん会話が盛り上がればそのままボディタッチに移行しても構いません。ですが、踊りながら会話をする方がスムーズにボディタッチに移行することができます。

「踊ろうよ」と、女の子の手を引いて、ダンスフロアに繰り出しましょう。踊るといっても激しく踊る必要はありません。音楽に合わせて軽く体を揺らす程度で大丈夫です。そしてさりげなく彼女の手を握ったり、腰に手を回したりしてみましょう。嫌がられなければ、もう一つ段階を上げます。

ボディタッチからのキス

ある程度のボディタッチが嫌がられなければ、キスをしてみましょう。注意点はこの時に「キスしていい」などと聞かないこと。先ほども述べましたが、女性は男らしい男性を好みます。

クラブに来ているような女性は特にその傾向が強いです。ですので、黙ってキスしてみてください。嫌がられなければ、舌も入れてみましょう。そこまでいけば「外で続きしよっか」という一言で、ホテルまで持ち込むことができます。

誰にでも可能性がある

クラブで女の子をお持ち帰りする方法をご紹介しました。ここでご紹介したテクニックは、あくまで「基本」です。自分なりにアレンジを加えて、やりやすい方法を編み出してみてください。失敗することもあるでしょうが、クラブではめげない心が大事です。諦めずにトライを繰り返しましょう。

-恋愛
-, , ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.