JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

思いがけない悩みがあった!巨乳の女性たちがひそかに悩むデメリット

  • あなたは巨乳だからいいわよね
  • 私もあなたくらい大きかったら絶対もっといい彼氏ゲットできたわ
  • いいなぁそんな巨乳羨ましい!

周りの女性たちからは羨ましがられる「巨乳」ですが、本人たちはそれほど良いものだと思っていない場合もしばしば…。

普通、または小さめのおっぱいの方たちから見れば巨乳はとても羨ましいものに思えますが、実は巨乳には巨乳にしか分からないひそかなデメリットがあるのです。

売上爆発中のアダルトVR!
いまやオカズはVRエロ動画が普通!数ある作品を押しのけアダルトVRが上半期売上ランキングTOPを獲得!
オナニーも仮想現実の世界に突入!
今すぐハイクオリティでお得なVRを体験してみよう! まだ体験してないかたは損をしているかもしれません

巨乳にしかわからない苦労

今回はそんな巨乳の女性たちがひそかに悩むデメリットについてまとめてみました。記事を参考に巨乳の気持ちを考えてみましょう!

いやらしい目で見られる

巨乳=エロいという世間の目はいつの時代もあります。幼いころは胸が大きいだけでからかわれ、大人になったらなったでエロい女性だと思われエロい視線を浴びせられる…。

巨乳でいるということは、そのような世間の目にさらされながら生きていくしかないのでかなり疲れます。世間のいやらしい目線というものは決してなくなるものではないので自分が変わるしかないのです。

これは巨乳税とも言われますが、若い時代をずっといやらしい視線を受けながら過ごすことを考えると税を取られ過ぎな気がしてなりません。また、知人曰く視線だけならよいのですが繁華街を歩いていると胸だけ見て変なスカウトマンや気持ち悪い男性によく声をかけられることが多いそうです。

普通に声をかけられるだけでも困るのにスカウトや気持ち悪い男性が頻繁に声をかけてくるなんて想像したくもないですよね。巨乳の女性たちには、このようなデメリットが他にもたくさんあるのです。

肩がこる


巨乳は肩がこるということは有名ですが、これは想像以上にカラダにきます。1日や2日の悩みではなく、常について回る悩みですからその苦労は計り知れません。巨乳のおっぱいはよく「スイカをぶら下げている感じ」と例えられることがありますよね。試しにスイカを二つ胸にぶら下げて一日を過ごすことを想像してみましょう。

私ならとてもじゃないですが無理だと思いました。そんな状態でずっといるわけですからそれは大変な苦労だと思います。巨乳の女性の肩は常にこのような状態なのでこの記事を読んでいる男性の方々は巨乳のパートナーがいる場合は労わってあげましょう。

うつぶせが苦しい

うつぶせが苦しいという意見も意外とたくさんありました。うつぶせなんてそんなしないんじゃ…と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際生活しているとマッサージやお腹が痛いときなどうつぶせになる機会は意外とありました。

巨乳の女性たちにとってどうしてもうつぶせにならなければいけない、またはなりたいときに胸が苦しいというのも意外と重要なデメリットなのです。

谷間や下乳にあせもができやすい

巨乳の女性の中には、夏場になると特にムレやすく頻繁にあせもができてしまうという女性も珍しくありません。おっぱいの間の汗なんていつでもどこでも拭き取れるわけではないので実際かなりムレます。

するとムズムズと気持ち悪い感じがしたりかゆみが出たりしてしまうので、なかなか目の前のことに集中できなくなってしまうこともよくあるのです。あせも問題は巨乳の女性たちの間ではかなりポピュラーな部類の問題ですが、それだけに悩んでいる巨乳女性たちもかなりの数がいるのです。

運動しづらい

小さい頃はスポーツが大好きだったという女性がいたのですが、思春期を迎え胸が周りの子たちよりも成長し始めると急に胸の重さで存分にスポーツに打ち込めなくなってしまったという話を聞いたことがあります。

極端な話、スレンダーなままだったらそのままスポーツを続けて良い成績を収めることができたかもしれないのに、巨乳のせいでそれが夢に終わってしまったなんてこともあり得るのです。そう考えると巨乳の女性も私たちが想像もしていなかったようなことで悩んでいることがあるということがわかるはずです。

かわいい下着がなかなかない


下着を買いに行ってもかわいい下着がなかなかないという問題にも巨乳の女性はよく直面します。女の子なのでかわいい下着を身につけたいということは誰もが思うこと。

しかし、普通の下着屋さんに行ってもマネキンがつけているような派手でかわいい下着はなかなかないことが多くしぶしぶ地味な下着を手に取って帰るなんてことは巨乳女子たちにとってよくあることなのです。

また、仮に奇跡的にかわいい下着を発見することができたとしても想像以上に値段が高いということもあります。本来なら2枚は買えたところを1枚しか買えないなんてこともよくあることなので巨乳はお財布にも負担がかかってしまうというデメリットがあります。

着られる服もなかなか見つからない

下着がないということはもちろん着られる服も制限されてきます。特にかわいい系の服は胸の部分がかなり絞られていることも多く、巨乳だから着られないということはよくあることなのです。

たとえ購入できたとしてもすぐに服を傷めてしまったりボタンが飛んでしまうなんてこともあるので、安易にジャストサイズの服を買うことができません。

私の周りにも実際胸のボタンがはじけ飛んだという方がいらっしゃり、「ボタンがはじけ飛ぶことなんて日常だよ」とおっしゃっていたので、巨乳の方にとってボタンがはじけ飛ぶということは日常でそれを考慮して服を選んでいる方も多くいるのかもしれません。

そう考えると服選びに制限がかかってしまっているわけですから気の毒といえば気の毒なように感じますよね…。

将来たれてしまわないか不安


おっぱいが大きいと重力を多く受け将来たれてしまうという話もよく聞きますよね。年配の方からも昔巨乳だった人が今はすごくたれてしまっているという話もよく聞くので信憑性はあります。

そんな話から現在巨乳の女性たちは将来自分のおっぱいがたれてしまうのではないかという不安と戦っている女性も多いようです。日々おっぱいがたれてしまう不安と戦い続けるということを考えるとかなりしんどいだろうなという気持ちになりますよね。

隣の芝生は青い

今回は巨乳の女性たちの意見を参考に、巨乳の女性たちがひそかに悩むデメリットを紹介してみました。貧乳や普通のサイズの女性たちからすれば羨ましいのひとことかもしれませんが、巨乳でいることでのデメリットというものもたくさんあるということがわかったかと思います。

胸の成長のし過ぎで将来が変わってしまうなんてこともあり得るので、周りから見ればただの巨乳かもしれませんが本人たちはいたってまじめに悩んでいる場合も多々あるのです。

巨乳の方が知り合いにいる場合は、ただ羨ましがるだけではなく彼女たちには彼女たちの苦労があるということを想像しながら接してみるとよい関係が築けるかもしれませんよ!

-セックス
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.