JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

いつの時代も浮気は罪?歴史上の偉人たちから学ぶ浮気の名言集

浮気をされてしまった場合、気分は沈みこの世の終わりかと思えるほど世界が色あせて見えるようになってしまいますよね。されてしまった人を不幸のどん底に陥れる浮気ですが、パートナーはどうしてあなたを不幸のどん底に陥れてまで浮気をしてしまうのでしょうか?

オナニーが10倍充実する!
ついにVRがアダルト業界に上陸!無修正よりも興奮するエロ動画があることを知っていましたか?
今だ経験したことはないという人は今すぐにでも体験するべきです!
無料サンプル動画も充実しているため、お試しだけでもする価値あり!
リアルすぎる疑似セックスの世界へ足を踏み入れてみましょう。
人生で最高に気持ちのいいオナニーができます。

偉人たちの言葉から理解を深めてこれからに役立ててみましょう

今回は、歴史上の偉人たちの言葉から人はどうして浮気をしてしまうのかということを学んでみたいと思います。どんな時代でも浮気は許されざる罪ですが、浮気をする者の気持ちがわかれば浮気をさせない方法が見えてくる可能性があります。

浮気をされたことのない方はこの先ずっとパートナーに浮気をされないために、浮気をされた経験があるという方は今度こそ浮気をされてしまわないためにも、歴史上の偉人たちの言葉から浮気に対して理解を深めてみましょう。

『男が本当に好きな物は二つ。危険と遊びである。そしてまた、男は女を愛するが、それは遊びの中で最も危険なものであるからだ。』フリードリヒ・ニーチェ/哲学者

男性ならこの言葉に「うんうん」とうなずきながら共感しているという方も多いのではないでしょうか?これはドイツの哲学者であるニーチェの浮気についての名言ですが、「女性を愛すること」さえも男性にとっては「遊び」と言い放ってしまうその表現はとても潔いですよね。

こんなふうに考えて浮気をしている男性が多いのであれば、女性のみなさんも男性に対する考え方が変わるのではないでしょうか?そう思わせてくれる名言です。ニーチェはこの他にもたくさんの名言を残しているので気になった方は、ぜひ他の名言も調べてみてください。

『愛する人に本当のことを言われるよりも、だまされているほうがまだしあわせなときがある』ラ・ロシュフーコー/モラリスト文学者

この言葉も浮気をされたことのある人なら共感できる人が多いのではないでしょうか?「あんなに信じていたのに突然裏切られていたことを知らされてしまった。そんなこと聞かなければこんなつらい気持ちにならなくても済んだかもしれない…。」このような気持ちになったことのある人ならだまされたままだった方が幸せだったという気持ちもわかると思います。

愛する人に裏切られる苦しみを裏切られた側の視点で切なく表現した言葉で、だまされ続けてでも愛する人としあわせであり続けたいという健気な気持ちがひしひしと伝わってきます。

しかし、裏切られたことを知るよりもだまされ続けることを「まだ幸せ」なんて考えられる思考はかなり大人でないとできないですよね。もしあなたが本当のことを知りたいと思ったとしても、この名言を思い出してグッとこらえて本当の事を聞くべきか聞かざるべきかということを考えてみると人間として一歩成長できるのかもしれません。

『男にとっては今日一日だけの浮気心にすぎないものに、女はその一生を賭ける』フランソワ・モーリアック/カトリック作家

浮気をしやすい男性は確かにその日の出来心で浮気をしてしまうことも多いのですが、女もそんな男に一生を賭けて本気になってしまうと言っているあたりが本当によくあることだと共感できます。

一時の気の迷いで女性を口説く男性は多いですが、それを真に受けて本気になって入れ込んでしまう女性もまた多いということをとてもうまく説明している名言だと思います。いつの時代もこのような男女がいるからこそ浮気がなくならないのではないかということを思ったりもしてしまいます。

解釈によっては、「旦那はつい出来心で浮気をしてしまうが、妻はそんなことで離婚という一生を賭けるような決断を下す」という解釈もできますが、この場合もまた男性の一時の気の迷いにより真に受けてしまう女性がいるということが言えます。

もちろん浮気は許されざる罪ではありますが、女性のみなさんはそれを真に受けてしまいすぎた判断をしてしまうということも不幸を招くということを理解しておくと男性に惑わされて不幸になるリスクが減らせるのではないでしょうか?

『安定は愛を殺し、不安は愛をかきたてる』マルセル・プルースト/フランスの小説家

原文をストレートにとらえると安定しすぎると愛がなくなっていき、不安要素があると愛は一層燃え上がるということになるのでしょうか。たしかに安定した恋愛は心地よいものかもしれませんが、その安定を手に入れてしまうとだんだんと愛情が薄れていってしまうというカップルは多く存在します。

逆にどちらかが不安に思っている恋愛は、パートナーを失いたくないと感じ、より一層愛情が燃え上がるということもよくあることですよね。いつの時代もこのようなことは起こりやすいということがよくわかる名言だと思います。

この名言を胸に、安定と不安を意識して上手くコントロールできるようになれば恋愛でパートナーより優位に立てるようになれるでしょう。

『ヴァイオリニストが同じ音楽を演奏するのにいくつかのヴァイオリンを必要とすると言われているように、男は四六時中、ひとりの女を愛し得ないのも理に適っている』オノレ・ド・バルザック/小説家

こんなにも堂々と浮気を肯定するような名言も珍しいですが、浮気をする男性をヴァイオリニストに見立てて「男は浮気をする生き物だ」と言い放っているこの名言にはぐうの音も出ません。そう言われてしまえば「そうなのかも…」としか反論できなくなってしまいます。それほど浮気する男性という生き物を的確に表現した名言だと思います。

女性のみなさんは浮気を繰り返す相手をパートナーにしてしまった場合、彼をヴァイオリニストと考えおおらかな気持ちでいると、なにか別の考えが生まれてくる可能性がありますよ。

『愛とは、この女は他の女とは違うという幻想である。』ヘンリー・ルイス・メンケン/ジャーナリスト

人が人を好きになると相手のことを当然のように「この人は他の人とは違う。運命の相手だ。」と思うことが多いと思います。しかし、その思いが強くなりすぎるとだんだん本質が見えなくなって「こうであってほしいという気持ち」が強くなってきてしまいます。

すると相手が少しでも自分の思い通りに動いてくれないことがあったとき「そんな奴だとは思わなかった」「思ってたのと違う」という自分の理想だけを押し付けてしまう結果に陥ってしまうのです。

すると理想を押し付けられてしまった側は「どうして自分じゃだめなの?」「どうして受け入れてもらえないの?」という悲しい気持になり、そんな状況で他にやさしい異性が現れてしまうと気持ちがふらっとその異性に流れていってしまうのです。

こんなことになってしまわないように男性のみなさんはメンケンの名言をよく胸に刻んで常に自分のパートナーのことを他の女とは違うという幻想を抱き続けると同時に理想を押し付けすぎない努力をする必要があるのではないでしょうか?

自分のパートナーのことを他の女とは違うと幻想を抱き続けながら、たとえそこから外れてしまったとしても他の女とは違うと思い込むことによって浮気になんてものに走ってしまわない男性になることができるのです。

考え方を広めてみると新たな世界が見えてくることも

偉人たちの名言は難しいことを言っているものも多く、人によって解釈が違うことも多々あります。私もまだまだ勉強中で、解釈に誤りがある場合もありますが、偉人たちの浮気に対する名言と向き合うことによって浮気に関して少し理解が深まったように思えます。

もちろん浮気は罪ですが、歴史上の偉人たちの浮気に対する名言を読んで、浮気に対する考え方を広めてみましょう。

-浮気
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.