JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

ディープキスの上手い下手を左右する重要要素5選

海外の映画なんかを観ていると女性をスマートにエスコートしていたり、濃厚なベッドシーンがあったりと何かしらテクニックを見せつけられることも多いですよね。そして「自分もいつかはあんなふうに女性を…」と考える男性も多いはずです。

大人になるにつれてテクニックの一つや二つ身に付けておきたいと考え始める男性の方も多いことかと思いますが、男性のみなさんは何か自信のあるテクニックというものを身に付けていますか?

それは女性をエスコートするテクニックであったりキスのテクニックであったりセックスのテクニックであったりすると思いますが、今回はそんな中からディープキスのテクニックというものをピックアップしてみることにしました。

売上爆発中のアダルトVR!
いまやオカズはVRエロ動画が普通!数ある作品を押しのけアダルトVRが上半期売上ランキングTOPを獲得!
オナニーも仮想現実の世界に突入!
今すぐハイクオリティでお得なVRを体験してみよう! まだ体験してないかたは損をしているかもしれません

ディープキスで満足するよりさらに上のステップを目指しましょう

今回は、ディープキスが上手いか下手かを決定する重要要素を紹介したいと思います。ディープキスができるパートナーがいると言って喜んでいるようではまだまだです。大人の男性を目指すあなたは、ディープキスでパートナーを満足させられるテクニックを身に付けてください。そして、ディープキスで満足しているだけの人たちよりさらに先の境地にいち早く足を踏み入れてみましょう。

ムード作り

ムードを作るところからディープキスは始まっているのです。ディープキスで女性を満足させるということは「この人とキスがしたい」「早く舌を入れてほしい」と思わせることが重要なのです。

女性をそういう気持ちにさせるためにはキスをする前にいい雰囲気の場所を選んでおく必要があります。そしてそんないい雰囲気の場所に女性を連れていき、キスをするところから始めなくてはなりません。

なかなか大変なことだとは思いますが、ディープキスで女性を満足させたいと考えているのであれば、常にムードということを意識して相手の女性の気分を盛り上げてあげる努力をしなくてはなりません。そして気分が盛り上がってきたなというところでゆっくりとキスを始めるがテクニックのある人のディープキスの始め方なのです。

ディープキスが下手な人はこのステップをはしょっている場合が多く、女性の気分を盛り上げ切れていないことが女性をディープキスで満足させられていない一つの原因になっていることがよくあるのです。

密着度

ディープキスが上手い人は女性との密着を最大限に利用します。女性と密着すればそれだけで相手をドキドキさせることができるので、女性を満足させるほどのディープキスをしたい場合は、口だけではなく全身に気を配る必要が出てきます。

これがディープキスが下手な人の場合、体と体の間に妙な隙間ができてしまったり相手や自分が変な体勢でディープキスをすることになってしまい、どちらかもしくは双方が疲れてしまうという結果になってしまうのです。

ディープキスをする際、特に意識したいのが胸やお腹や腰まわりといった部分です。手足だけでなくそのような体の中心的な部分もきっちり相手の女性の同じところに密着させることを意識すればディープキスは格段に良いものになるでしょう。

キスをするときは全身を使ってするということを覚えておけば、きっとディープキスで相手の女性を気持ちよくさせることができるようになるはずです。また、舌の密着度もポイントとなるのでその点も意識しながらキスを行うとひと味違ったディープキスになるでしょう。

リズム感

キス中のリズム感というのも非常に重要な要素のひとつです。ディープキスが上手い人は、素早くペロペロと舌を動かすのではなくゆっくり心地よいリズムで舌を動かします。しばらくこの動きで相手をとりこにしたら急に情熱的な激しいキスに変えてみます。そして少ししたらまた別のリズムに変えてみるといった相手を飽きさせないテクニックがとても上手なのです。

一方ディープキスが下手な人は自分のしたいように延々と一定のリズムで相手の舌をむさぼり続けます。これでは相手がその動きに飽きてしまうのも無理ありません。ディープキスをするときには、舌の動きに緩急をつけて相手を飽きさせないようにするということも非常に重要なことになってくるので覚えておきましょう。

呼吸のタイミング

ディープキスが下手な人とディープキスをしている女性は、いつ息つぎをすればいいのかよくわからなくなると言います。これは男性がリードしてディープキスをしているにもかかわらず動きがぎこちなさ過ぎて女性の方がどのタイミングで口を離して息つぎをすればいいのかわからなくなってしまうということなのです。

息つぎのタイミングがわからないと女性の方もキスに集中できませんし、なによりディープキスが下手だということが一瞬でバレて幻滅されてしまいかねません。

一方のディープキスが上手な男性の方は、緩急をつけてディープキスを行っているにもかかわらず呼吸のタイミングが自然に取れているため相手の女性にストレスを与えません。

女性が「少し呼吸を入れたいな」と感じたちょうどいいタイミングで呼吸を入れるのです。このテクニックはかなり高度なテクニックといえますが、女性の呼吸をよく観察していればいずれは身に付くテクニックなので、場数を踏んでテクニックを身につけましょう。

舌の状態と動かし方

舌の動かし方は上手い下手が特に現れるポイントです。ディープキスが上手い人は舌の力を抜いてとても柔らかい状態で始めます。そしてゆっくりと相手の女性の舌を愛でるように自分の舌を使って愛撫していきます。

これがディープキスをするのが下手な人の場合、最初から舌がカッチカチの状態になります。いかに相手の口内に自分の舌をねじ込むかだけを考えた動きをしてしまいがちなので、このようにカッチカチの舌になってしまうのです。

ディープキスをするときには舌の状態と動かし方も非常に重要な要素となってくるため、自分の舌には極力力を入れてしまわないように心がけ、動きにも注意しながら相手の舌を愛でるように動かしていくようにしましょう。

手の動き

キスをするときに手を使えば相手の女性をさらに感じさせることができるのですが、ディープキスが下手な人は、まるで自分には手がついていないかのように手をぶらんと舌に垂らしたままにしてしまいます。

せっかく手があるのに使わないなんてもったいないですよね。手を使えばあらゆるところを愛撫してディープキスとの相乗効果を狙えるのに口元の刺激に集中しすぎてそこまで気が回らないのです。

一方ディープキスが上手な人はきちんと手も使って女性を感じさせようとがんばります。指先だけを使ってフェザータッチで背中や腰を愛撫したり顔に手を添えてもっと情熱的なディープキスにすることも可能なのです。ディープキスをするうえで手の動きをマスターすることは上級者になるための近道なので、積極的に手を使ったキスを行うように心がけていきましょう。

動きを見直してテクニックを身につけましょう

今回は、ディープキスが上手いか下手かを決定する重要要素についてまとめてみました。普段行っているディープキスはきちんとできていましたか?

まだまだ改善する点がたくさんあると感じた方は、今回の記事を参考によりパートナーを満足させることができるディープキスを目指して努力してみましょう。動きのひとつひとつを確認していけばきっとパートナーを満足させることができるテクニックを身に付けることができるようになるはずなのでどんどんチャレンジしていきましょう!

-キス
-, , ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.