JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

不倫は人生を棒に振る!後悔した女性の悲惨な話


誰でも夫がいるのにもかかわらず、魔が差してしまうことはあると思います。そこで不倫をしてしまうのか、しないのかはあなた次第です。

確かに、女性は男性とは裏腹に嘘をつくことが上手で、不倫もバレにくいと言われていますが、夫ではなく不倫相手に1ミリでも多くの愛情を注いでしまったら最後、あなたは不倫をしたことに深く後悔をすることになるでしょう。

「絶対に私は大丈夫」「後悔なんてしない」と思っていても、必ず痛い目に合うのは不倫をした人なのです。今まさに不倫をしている女性も、不倫に迷っている女性も、今後の参考にしたい女性もこの記事を見れば不倫一つで人生を棒に振ることがわかるはずです。事が起きてからでは遅いのです。

オナニーが10倍充実する!
ついにVRがアダルト業界に上陸!無修正よりも興奮するエロ動画があることを知っていましたか?
今だ経験したことはないという人は今すぐにでも体験するべきです!
無料サンプル動画も充実しているため、お試しだけでもする価値あり!
リアルすぎる疑似セックスの世界へ足を踏み入れてみましょう。
人生で最高に気持ちのいいオナニーができます。

不倫をして後悔した女性


夫ではない男性と情熱的な生活をしていれば当然舞い上がってしまうものです。しかし、後先考えずに不倫を続けていればいつか夫に不倫をしていることがバレ、最悪の事態になってしまうこともあるのです。それを防ぐためにも、今回は不倫をした女性が後悔したことについて紹介します。

愛してくれる人を失う

不倫をしてしまう女性や、不倫を迷う女性にありがちなことですが、誰が本当に自分を愛してくれるかに気づけない場合が多いです。「私は愛されていない」「いつも放っておかれている」このように寂しくなる気持ちはわかりますが、夫の愛は愛情表現がなくても意識してみればわかること。

ですが、一度「寂しい」と感じてしまったら自分の感情しか頭が回らず夫の行動を見る余裕なんてなくなりますよね。更に不倫相手となる男性が身近にいるのなら尚更不倫を正当化させようと夫のことなんて考えなくなってしまいます。

そして、まんまと不倫をしてしまうわけですが、夫に不倫がバレた時に初めて気づくんです。「あぁ、こんなに私のことを愛してくれたのは夫だけだったんだ」ということに。自分のことを心から愛してくれる人はこれからの人生に現れるかわからないですよね。

自分のことを愛してくれる人を一番大事にしないといけないことは、不倫がバレてからではないと気づけないのかもしれません。

慰謝料を払うために生きる

不倫がバレ、離婚をするとなると慰謝料が発生します。これは法律で慰謝料が取れることになっているので、請求されるのは仕方のないこと。慰謝料の相場は100万~300万と言われています。その金額を一括でポンッと出せるなら問題はないでしょう。

しかし、女性が専業主婦だった場合は稼ぎが少なく貯金ができていない状態なら一括で支払うことは困難なため、分割で払うことになりますよね。自分の生活のお金と慰謝料のお金。離婚をしても慰謝料を払い終わるまで女性が自由に使えるお金はないのです。むしろ、貯金をすることも困難でしょう。

そのため自分の人生に生きると言うよりは、慰謝料を払うために生きることになってしまいます。これはよくあるパターンですが、離婚が成立し、いざ女性が浮気相手と一緒になろうと思っても、浮気相手が本気ではない場合逃げられてしまいます。

そうなればあなたに残るのは本当に慰謝料だけになってしまうのですね。慰謝料だけ残った人生はとんでもなく後悔すること間違いありません。

親権を取られる

不倫をしたのは女性でも親権を取るのは女性の方が有利ですが、不倫相手に夢中で育児を疎かにしていたり、子供を実家に預けて不倫をしていたり…なんてことになれば親権は男性の方が有利になります。

「子供を取られるくらい」と考える女性も多いようですが、それは子供を生んだら変わると思います。自分の体調は全て子供に左右され、お腹は味わったことのない痛みに襲われ、やっと生まれてきた自分と血の繋がった子供です。可愛くないはずがないんですよね。

そんな我が子と引き離されたらそれはもう辛いですよ。更に、夫が再婚をするのであれば、子供の母親は女性が知らない人になるのです。つまり、あなたは子供の母親ではなくなるということですね。

血の繋がった我が子が他の女性の子供になると考えただけでも不倫をしていることに後悔してしまいますよね。

実家からも見放される

自分の娘が不倫しようとも、自分の娘には変わりないからと言う親はたくさんいますが、中には「不倫なんてふざけるな」「なんてことをしてくれたんだ」と見放す親もいます。これは両親に慰謝料を一括で払わせたり、夫と離婚をして不倫相手と一緒になる場合に起こりえることです。

たとえ血の繋がっている娘でも理解のできない行動をされたら絶縁されてしまうことなんてザラ。この場合、不倫相手と一緒になり、幸せな生活を送れるなら問題ありません。

とは言え不倫から幸せになる女性は極わずか。なので、家族からも絶縁され、不倫相手とも幸せになれないのならあなたに待ち構えていることは「孤独」ただそれだけですよね。

誰かに甘えることも、誰かに頼ることも、今後一切そのようなことができなくなるのです。孤独に生きる女性は精神が病んでしまったり、自殺してしまったりするケースもあるんですよ。

幸せだったことに気づく

これは不倫相手と一緒になった場合ですが、不倫をしている時は自分の幸せに気づけずに目の前の不倫相手に夢中になってしまうものです。それが故に「早く離婚をしてこの人と一緒になりたい」「どうして今私はあんな夫と一緒にいるのか」と自分を不幸だと思い込むわけです。

時が経ちその願いが叶い、離婚が成立。これから不倫相手と幸せな生活を送れる!と暖かい気持ちで結婚をすれば痛い目に合う可能性が高いのです。もし、不倫相手が夫以上の男性であるならそのような気持ちにはなりません。

しかし、不倫相手が家事は手伝わない、家でダラダラしている、威張ってくるなど、夫以下のような男性なら女性は一瞬にして夢から覚めるでしょう。もちろん、そのような生活に幸せなどありません。むしろ、自分がどれだけ幸せな生活をしていたかに気づき、惨めな気持ちになるのです。

自分が幸せな状況なことは、当たり前と化しているので気づきにくい部分があります。そして、安易に不倫してしまい、不倫相手に溺れてしまうのです。待ち構えていることは不幸の人生と後悔をする日々だということに気づかずに。

家政婦のようになった

夫に不倫がバレたとしても、再構築する家族もいます。女性の反省した態度や行動を見て再構築を決める夫。それでも不倫をされていた事実は消えることがないので、女性への態度が冷たくなることは珍しくありません。更に子供もいるのであれば子供も女性への態度が厳しくなるでしょう。

しかし、不倫をしたのは女性で、罪を犯したのは女性です。罪を償い許してもらう立場から「その態度どうにかならないわけ?」なんて言えるはずもありません。家族に冷たくあしらわれることは辛いものであり、どんどん女性は家族ではなく家政婦のようになってしまうのです。

もちろん家族としての思い出を改めて作ることも困難になるでしょう。自分の家なのにもかかわらず息苦しくなるのです。それでは何のために自分が生きているのかわからなくなることもしばしば。夫や子供の笑顔の中に女性の入る隙がなくなるのです。

バレてしまってからでは遅すぎる

今回は不倫をして後悔した女性の実態を紹介しました。不倫を始めるのは相手に舞い上がったりだとか、バレないだろうと高を括ったりとか、要は安易な気持ちで浮気をしてしまう場合が多いのです。

そして、不倫をしている時こそ一番舞い上がり自分を悲劇のヒロインだと思ってしまう傾向にあるため、夫への罪悪感も薄れていくのです。そのあなたの姿に夫は不倫に勘づき、証拠を集め不倫を突き止めます。

ここで離婚をされるかされないかは夫次第ですがどちらにせよ深く後悔する結果が待っているのは明らかなのです。バレてしまってからではあまりにも遅すぎます。

この記事を読んだ不倫をしている女性、不倫に迷っている女性は今一度本当に不倫をしてもいいのかを考えてください。不倫はあまりにも代償が大きい行動になることを忘れないでくださいね。

-浮気
-, , ,

Copyright© JUCY , 2017 AllRights Reserved.