JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

彼を上手に嫉妬させたい!今スグ使える簡単なテクニック

  • 彼の気持ちがどこに向かっているのかイマイチわからない…
  • もっと私のことを見て欲しい…
  • 最近私の扱いが雑になってる気がする…

こんなふうに悩んでしまうと「私のことを雑に扱ったらあなたから離れていっちゃうんだからね」というアピールを込めてちょっと嫉妬させてやりたくなりませんか?

しかし、やりすぎてしまうとかえって逆効果で彼の気持ちが離れていってしまう原因にもなりかねません。彼を嫉妬させてしっかり自分の方を見てもらうためには「決してやりすぎでない嫉妬させるテクニック」でアピールしていくことが重要なのです。

【VR】三上悠亜の最新作登場!
あの超有名アイドルがVRアダルトに登場!年間500万本以上も売り上げるアダルトVRの破壊力がヤバイ!
彼女もハーレムも風俗も!VRならなんでもできる!
今すぐDMMのハイクオリティなアダルトVRを試してみよう! アイドル彼女とラブラブセックスしませんか?

嫉妬させたいときは「程度」が肝心

そこで今回は、彼を嫉妬させるけど決してやりすぎではない簡単なテクニックをご紹介したいと思います。

軽く嫉妬させることで関係に慣れきった彼のそっけない対応にも変化が出てくる可能性があります。嫉妬をさせるときは「やりすぎない」という点が最も重要になってくるので、その点を意識して彼のことを嫉妬させるというテクニックを身に着けていきましょう。

過去に告白されたときの話をする

「現在」ではなくあくまで「過去」に告白された経験を彼に話します。現在の話をしてしまうとやりすぎ感がでてしまい彼によっては嫉妬に狂ってしまう可能性もあります。

また、「お前に隙があるからだ」「彼氏がいるって言わなかったの!?」とちょっと嫉妬させたかっただけのあなたが攻められてしまうことも考えられるのです。

そこで彼を嫉妬させるけど決してやりすぎではない簡単なテクニックでは、過去に告白された話をするという方法を使います。過去の話なら彼氏の方もそれほど強い嫉妬をしてしまうことは考えづらいですし、終わっていることなので彼の方も現在のことよりはいくらか冷静に聞くことができるのです。

話し方のポイントは「昔こんなふうに告白されたんだけどおかしくて」「変な告白してきた人がいてさー」と面白おかしい話し方が良いでしょう。当時告白されて「嬉しかった」「感動した」などの言葉を混ぜてしまうと彼の嫉妬はかなり強くなってしまうので控えましょう。

また、このとき本当は告白してきた男性と付き合っていたとしても絶対に「その彼と付き合った」なんてことは言ってしまわないようにしましょう。

あくまで告白されただけできちんとお断りしたということを必ず伝えることによって彼氏を少し嫉妬させながらきちんと「ほっ」とさせることまでできるのです。

知らない男性にナンパされたと伝える

知らない男性からナンパをされたとなると彼の方もモヤモヤとした気持ちになってしまいますが、きちんとお断りをしてきたことを伝えればその嫉妬は軽いもので済みます。

  • 帰り道にLINE交換を求められた
  • この前知らない男性に声をかけられた
  • 男性に名刺を渡された

このように伝えたあとで

  • 全然知らない男性だったし怖かったから逃げてきた
  • 名前を教えたりLINE交換はしてない
  • 家の近くではなく遠いところでのナンパだったからもう会うことはないと思う

と言うことをきちんと伝えることでその男性と何かつながりができたわけではないということを感じ彼は「ほっ」とします。そしてナンパをされたという事実から「自分の彼女はナンパされるほど魅力的なんだ」ということを再確認するのです。

あくまで彼に少しだけ嫉妬してもらうことが目的なので、注意点は先ほど書いた通り「きちんとお断りしてきた」「それ以上のことは断じてない」「もう関わることはない」ということをはっきりと彼に伝えることです。

ナンパをされたということを彼に伝える際は、しっかりとその後何もなかったということを説明する必要があります。

年配の男性に褒められたアピール

身近な若い男性の名前を出してしまうと彼の嫉妬は強くなってしまいます。そこで名前を出す男性を到底恋愛対象とはならないであろう年配の男性にするのです。

年配の男性に褒められたということをアピールすれば彼はあなたに対して「年配の方に褒められるなんてすごい」「尊敬する」と感じるのですが、一方でそんな男性に対しても少しだけ嫉妬してしまうことがあります。

彼氏もわかってはいるはずなのですが、年配の男性とは言え男性であるため彼女を褒めるとなると多少は意識してしまいます。

あえて口や態度に出して嫉妬しているアピールをしてくることはまずありませんが、年配の男性に褒められたアピールをするだけでも彼の心には十分小さな嫉妬心を芽生えさせることができるのです。

ここでのポイントは褒められたという話をするときに「すごく嬉しかった」「褒めてもらえてもっとがんばろうって思った」など喜んでいる様子を彼に伝えることです。

相手は年配の男性なので「素直に嬉しい」というふうに伝えればよいのです。そうすることで彼にしっかりとモヤモヤを植え付けることができます。

ただこのとき褒められたことに対してならいくらでも喜びをあらわにして大丈夫ですが、褒めてくれた年配男性を褒めてしまうことは少々やりすぎテクニックなので、少しだけ嫉妬させたいと思っている場合は避けましょう。

彼が知らない世界についての話をする

自分の仕事や趣味など彼が知らないことであなたが楽しいと思っていることを素直に彼に話してみましょう。

彼が知らない職場での出来事や趣味の話を楽しそうに話すことで彼に小さな嫉妬心を芽生えさせることができます。ただしこのときの注意点として絶対に他の男性を話に出すのはやめましょう。

他の男性を登場させてしまうと男性によっては「そいつといるとそんな笑顔になれるのかよ…」「俺といるよりそいつといる方が楽しいんじゃないの…」と完全に嫉妬してしまうことがあります。今回の目的はあくまで上手に嫉妬させることなのでこのような危険な橋を渡る必要はありません。

ですので彼の知らない世界の話を楽しそうに話すときはどれだけ楽しそうに話してもかまいませんが、他の男性を登場させることだけは避けて女性のみ、もしくはあなた一人で楽しんでいるというふうに伝えるのがベターです。

「〇〇ちゃんがねー」「〇〇ってやつがあってさー」と彼の知らないことの話でテンションを上げながら楽しそうに話すことで彼は「自分にはまだまだ彼女の知らないことがたくさんあるんだ」と感じるのです。

そしてその気持ちはほんの少しの嫉妬となって彼の行動にも反映されるはずです。あなたの交友関係をより深く知ろうとしたり同じ趣味について興味を抱き出したりという反応であなたに関わろうとしてくるでしょう。

こうさせてしまえば彼を上手に嫉妬させている状態と言えるので、彼を少しだけ嫉妬させたいと考えている方は、彼が知らない世界についての話をするという方法も試してみると良いでしょう。

彼の自分に対する対応に不満がある女性は積極的に使っても大丈夫

今回は、彼を嫉妬させるけど決してやりすぎではない簡単なテクニックをご紹介しました。「こんなもんじゃ嫉妬しないんじゃない?」と思ってしまう女性も多いとは思いますが、少しだけ彼を嫉妬させる場合はこれくらいがちょうど良いのです。

彼に嫉妬をさせすぎてしまうと「面倒くさい」「別れたい」と思わせてしまう危険性があります。しかし、ほんの少しだけ彼を嫉妬させるだけなら「面倒くさい」「別れたい」なんて感情を与えてしまう心配はないので、積極的に使っていっても大丈夫なテクニックです。

最近の彼の自分に対する対応に不満がある女性のみなさんは、今回の記事を参考に彼を少しだけ嫉妬させる方法を試してみてください。

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.