JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

まだまだ認知度が低いセックスボランティアという存在について

「セックスボランティア」という存在をご存知ですか?

セックスボランティアはセックスワーカーとも呼ばれしばしばメディアで取り上げられることもあるのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんがまだまだ認知度は低いです。

「セックスボランティア」という言葉を聞いて受けるイメージは人それぞれだと思いますが、おそらく邪な考えを抱いた人も少なくないのではないでしょうか?

しかし、そんな想像とは違いセックスボランティアとはれっきとした介護の一つで、日本での認知度は低いですが、何年も前から職業としては存在していてそれを職業としている方や利用者も存在するのです。

VRで夢のエロ体験しませんか?
大人気女優「明日花キララ」の全力VRも配信中!年間500万本以上も売り上げるアダルトVRの破壊力がヤバイ!
ゴーグルをつければそこはもう夢の空間です。美女とのセックスに溺れてみませんか?
DMMなら無料お試し作品も視聴することができます! 人生で最高オナニーはもうすぐそこです。

障害者にどれだけ必要とされる存在なのか

今回は、まだまだ認知度の低いセックスボランティアという存在について詳しくご紹介したいと思います。

セックスボランティアとはどのようなものなのかその存在について理解を深めそれがどれほど障害者にとって必要なものなのかということを考えてみましょう。

セックスボランティアの活動内容

セックスボランティアとはどのような内容のことをするのかということをまずは知る必要があります。セックスボランティアは主にセックスの機会に恵まれない自慰行為などを行うことも困難な障害者の性的な行為や行動を介助するものです。

セックスボランティアという言葉を聞けばその内容は障害者と実際にセックスをすることを想像する方もいらっしゃると思いますが、その内容に実際にセックスすることは含まれていません。

セックスボランティアの方が行うことはあくまで利用者のオナニーの手助けに限り、その内容はオナニーができないほどの要介護者のオナニーを手伝いをしたり風俗店への予約や同伴を行ったりと多岐に渡ります。

利用者と介護者について

セックスボランティアは自らオナニーをすることができないほどの障害がある方が対象で、そのような方々の性欲の処理を手伝うのが介護者です。利用者はほとんどが男性のようですが女性の利用者も少なからずいらっしゃるようです。

障害者と一言で言ってもその方の障害が先天的なものなのか後天的なものなのかという点や知的障害なのか身体的障害なのかで求めているものが違う可能性が高いのでその点も介護者はしっかりと知っておく必要があります。

介護者は介護関係の職に就いている方で、そのつながりからセックスボランティアを行っているという方がほとんどですが、稀に個人で行っているボランティアの方もいらっしゃいます。

個人で行っている介護者とのつながりは、最近はインターネットを使ったものも多いようで利用者はそういう場で介護者とのつながりを得るのです。

介護者の年齢はバラバラで利用者につくときは、必ずしも男性利用者には女性介護者、女性利用者には男性介護者という組み合わせにはなりません。男性介護者が男性利用者の介助をする場合もありますしその逆もあるのです。

「ボランティア」と言っても有償であることが多い

セックスボランティアは「ボランティア」と名前についていても本当のボランティアでなく有償であることが多いです。その利用料金はさまざまですが利用者が比較的利用しやすい料金設定になっていることがほとんどです。

セックスボランティアの実情と問題点

セックスボランティアとその利用者の関係は利用するごとに信頼度が増していきますが、どうしてもセックスボランティアの方側の都合でその関係が崩れてしまうということがあります。

それはどういうことかと言いますと、直接的な行為はなくとも性に携わる仕事ですから自分はよくても家族やパートナーがいい顔をしないということがよくあるようです。

せっかく利用者との間に信頼関係が出来上がってきて安心して利用してもらえるようになってもセックスボランティアの方にプライベートでパートナーができたり家族からいい顔をされないと辞めざるを得ない可能性も出てきます。

このような問題が起きてせっかく信頼関係が築き上げられたにも関わらず辞めざるを得なくなってしまうと利用者は精神的に傷ついてしまうなんてこともよくあるのです。また、すでにパートナーがいる状態の方がセックスボランティアを始めるとパートナーとの関係がこじれてしまうなんてこともあります。

他にも社会自体の理解がなかなか進まないという問題点もあります。「ボランティア」と言う言葉を使っていても結局は料金が発生している場合がほとんどで介護者と利用者の間にも恋人同士のような精神的な結びつきは存在しません。

つまりそこから恋人同士で行う性行為のような安らぎは得られずその関係は金銭のみで繋がったものだという声もあるほどです。このようなことからセックスボランティアの存在自体に疑問を投げかける方も多く存在するのです。

今後の課題

セックスボランティアの存在は障害者にとってなくてはならない存在だと思います。それは人間にとって三大欲求のうちの一つである性欲をつかさどるものだからです。

人間は食事や睡眠ができないとイライラして多大なるストレスを受けてしまうように、性欲も処理したいと思ったタイミングで処理が行えないと多大なるストレスを受けてしまいます。

しかし、障害者は性欲処理という行動を自分のタイミングで行うことができずボランティアなしではオナニーどころかその行為自体を行うことさえ困難になってしまいます。

あなたが三大欲求のうちの一つである性欲を自分では処理できない状況を想像してみてください。そのような状況に置かれてしまえばかなりのストレスを受けてしまうことは間違いないでしょう。

障害者の方々にとってそのような状況が日常だということを考えるとセックスボランティアの必要性が見えてくるのではないでしょうか。

さきほども書きましたが、セックスボランティアの社会全体の理解はまだまだ乏しいです。

存在自体が必要でないと考える方も多く、その存在は必要だと感じていても売春などの観点から犯罪行為が発生してしまうのではないかと懸念する声もありなかなか世間には受け入れられ難い問題となっています。

また、介護者と利用者の関係についても精神的な面で問題視されていることも多々あります。どちらか一方でも精神的に傷ついてしまうのではないかと言う点でもまだまだ理解されない部分が多いです。

セックスボランティアにはこのような問題が小さなものから大きなものまでまだまだたくさんありそれらの問題を一つ一つ解決していかないと世間に受け入れられることはなかなか難しいというのが現状です。

しかし、障害者にとってセックスボランティアという存在はなくてはならない存在だということは確かだと思うので、その存在自体を世間に認知してもらいより認められることが今後の課題でしょう。

障害者が利用しやすい社会を目指して

今回は、セックスボランティアについてご紹介しました。セックスボランティアが障害者にとってどのような存在なのかを知ることができればその必要性について深く考えることができるはずです。

現状課題が山積みで世間にもあまり受け入れられているとは言い難いものですが、これから一つ一つ課題をクリアしていきその認知度を上げていけば本当に必要と感じている人が利用しやすい社会になっていくかもしれません。

まだまだ世間の認知度は低く賛否両論もあるのですが、その存在に興味を持った方はさらに詳しくその存在について学び深く理解することをオススメします。

-セックス
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.