JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

噂のスローセックス「ポリネシアンセックス」を嫁と体験してみた感想

みなさんは「ポリネシアンセックス」という言葉をご存知でしょうか?ポリネシアンセックスとは究極のスローセックスとも言われているとても長い時間をかけたセックスの方法で1回の射精までになんと5日もかけて行います。

ポリネシアンセックスをする目的は主にカップルがお互いの愛情を確かめ合ったり快楽をより味わうために行います。ポリネシアンセックスをすることによってED気味の男性の勃起力が上がったり女性がオーガズムに達しやすくなったりするというメリットがあるのです。

最強の痴女責め体験しません?
アダルトVRが神すぎる!1本で1週間は抜ける史上最強のエロ動画登場!
気持ちよさと衝撃は当サイトが保障します!
今すぐFANZAで最強のオナニーを体験しよう!
楽天がエロに本気!
楽天TVでアダルト動画が見放題!31日間無料トライアル中!
まだ広告うざすぎるサイト使ってるの?
高画質でロングなエロ動画見放題はこれ!
15,000本以上が見放題!
エロサイトの広告ラッシュウザすぎません?超高画質&広告なしのアダルト動画見放題が登場!
知らないの…?もったいなすぎる!!
まだ悪質広告サイトを使いますか?

勃起力が弱まってきた人の勃起力は回復するのか

今回は、若い頃に比べ最近少し勃起力が弱まってきたと感じる筆者自らが嫁とポリネシアンセックスを体験してきた感想をまとめてみました。

やってみるまで全く想定していなかったことなどを細かく紹介しているので、ポリネシアンセックスに興味があるという方はぜひ参考にしてみてください。

簡単なルールの説明

「スローセックス」「ポリネシアンセックス」と聞いてもいまいちピンとこないという方もいらっしゃるかと思いますので、まずはポリネシアンセックスの簡単なルール説明からしたいと思います。

ポリネシアンセックスとはスローセックスの一種で、最初の4日間は二人の気分を盛り上げるために使い、5日目にだけ挿入が許されるある意味究極のスローセックスなのです。

挿入をしない4日間はなにもしないのかと言うとそうではなく、その4日間は性器以外の愛撫を重点的に行います。もちろん挿入はナシでひたすら肌と肌の感覚を味わってしっかり気分を盛り上げます。

お互いに挿れたくても挿れられないもどかしい日々が4日も続きますが、この4日間がお互いがお互いをより求めるようになるためにとても重要な期間なのです。

そして最終日5日目は最低1時間の前戯を行った後挿入するのですが、挿入してからも30分程度は抱き合いながらじっとその感覚を楽しみます。このとき男性のペニスが萎えてしまいそうだった場合は少し動いても大丈夫です。

ピストン運動を始めるときもできるだけゆっくりとした動きを心がけ、お互いのしぐさや肌と肌の密着感を楽しみましょう。

ポリネシアンセックスについてさらに詳しいやり方などは『究極のスローセックス!話題のポリネシアンセックスをマスターしよう』の記事でもご紹介しているので合わせて読んでみてください。

初日は特に問題なく過ごせる

私の場合、これから4日もオナ禁をしなければならないのかという気持ちがあったため、嫁とポリネシアンセックスを始める前日にペニスが勃たなくなるほどセックスをしておいたのがよかったのかもしれません。

初日から嫁とたくさんキスをして性感帯を外した愛撫をしたり抱き合ったりしましたが、ペニスは勃っても余裕で我慢できる範囲でした。この感じで4日目まで耐えるくらい余裕だとさえ思えてしまうほどでした。しかし、こんな余裕だったのもつかの間…2日目から早くも状況は一変してしまいます。

2日目には悶々とし始める

男性のみなさんは毎日オナニーをやっている方もそうでない方も2~3日程度のオナ禁なら余裕でできてしまう方が大半なのではないでしょうか?

しかし、ポリネシアンセックスはただオナ禁をするのとはわけが違います。きちんと毎日パートナーと裸で肌と肌を重ね合わせなければならないのです。私もポリネシアンセックスを始める前は1日や2日程度なら余裕だと思っていたのですが、2日目でも正直なかなかキツイ…。

嫁は「マッサージ感覚で気持ちいい~」なんてのん気なことを言っていましたが、何度も抱いた嫁でもやはり裸でキスしたり愛撫したりしているとどんどん性欲は湧いてきてすぐにでもセックスしたくなるものなのです。

しかし、ポリネシアンセックスをやると決めた以上2日でセックスしてしまうのは男としてのプライドが傷つくのでグッと堪えました。見た目には平静を装って嫁からはなんでもないように見えていたようですが、2日目の悶々とする気持ちはすごかったです。

常にエロいことを考えてしまう3日目

成人男性の精子が睾丸いっぱいにたまるまでの期間は大体約3~4日と言われています。そんな3日目は朝勃ちからすでにすごかったです。

いつもなら朝勃ちしていても休日でもない限り隣で寝ている嫁を襲ってしまうなんてことはまずなかったのですが、この日は平日にもかかわらずエッチな夢で目覚めてそのままギンギンのペニスを嫁に押し付けてしまいました。

少し時間があったのでそのまま嫁の体をまさぐっていると「ポリネシアンセックスやめるの?」と言われてしまい完全に目が覚めました。嫁が目を覚ますのがもう少し遅かったらポリネシアンセックスは失敗していたでしょう。

その日は朝から勃起しているにもかかわらずセックスできないもどかしい気持ちがあったため常に頭の中がエロいことで支配されているようでした。通勤中にOLや女子校生を見るだけで変な妄想をしてしまうためできるだけ別のことを考えるようにして仕事が終わるまで過ごしました。

家に帰って日課のポリネシアンセックス3日目のイチャイチャタイムを嫁と始めましたが、私は愛撫しながら嫁に何度も股間を擦りつけようとしていたのを「ポリネシアンセックス中だから」と自分に言い聞かせて制止していたのを覚えています。

目の前にセックスしている相手が裸でいるのにセックスできないことがこれほどまでにつらいということを身をもって体感しました。この日も舌や手を使って嫁にたくさんの愛撫をしましたが、なんとか挿入・射精せずに眠ることができました。

同じような愛撫をしているにもかかわらず嫁も前日とは比べ物にならないほど良い反応をしていたので、「女性も3日目くらいから感度が上がるのかな…」なんて思ってしまったほどです。

4日目はやめたい気持ちでいっぱい

4日は3日目同様朝から悶々とした気持ちでいっぱいで少しでもペニスに意識が向いてしまうとすぐにペニスが勃起し始めてしまうほどでした。最近少しED気味だった自分のペニスがこんなはち切れそうな状態になったのを見るのは久々だったのでその点は素直に感動しました。

しかし、それ以上に「挿れたい」「ヤりたい」「セックスしたい」と頭の中で常にぐるぐると考えがめぐっていたので感動よりもとにかくなんとかしてセックスしたいという気持ちが強かったです。

ポリネシアンセックスのためのいつも通りのキスや愛撫でも意識が入り込み、よりエロいものに感じてしまいすぐに頭の中は挿入することでいっぱいになってしまうほどでした。

愛撫をしながら嫁に何度も「挿れたい」と言っていたのを覚えています。嫁の方もかなり悶々としていたようで二人して「今日エッチしちゃう?」なんて話していたのを覚えています。

しかし、あと1日でできるので二人ともセックスしたい気持ちはかなりありましたがしっかり我慢し愛撫だけをしてなかなか眠れぬ夜を過ごしました。

とにかく触れ合っていたい気持ちが強くなっていたので普段はそんなことはあまりしないのに愛撫が終わってからも足を絡めて手をつないだ状態で眠るまでいたのを覚えています。

最終日はお互い朝から今夜のセックスのことで頭がいっぱい

ようやくセックスができる5日目を迎えることができました。朝から今夜のセックスに向けてお互いにそわそわしていたように感じます。仕事中も「どんなセックスをしようか」「こんなに我慢したんだから少しでも感じられるセックスがしたい」ということを考えてしまうほど悶々としていました。

それは嫁の方も同じだったらしく夜のセックス前に「今日ずっとどういうエッチするか考えてた」なんて話をしていたので女性も考えることは一緒なんだなと感じました。

そしていざ本番の時間がやってきたわけですが、ここで1時間以上かけてしっかり前戯を行うというルールがあったためそれをしっかり守ります。昼間に考えておいた前戯の方法でゆっくりと全身を愛撫しようやく性感帯に触れられる喜びにテンションが上がりました。

普段はやらない性感帯周辺からのゆっくりと焦らしを交えた愛撫もせっかく時間があるのだからという理由で丁寧に行うことにしました。

そして性感帯へ直接愛撫を始めると嫁は普段イクまでに15分くらいかかるのですが、普段と同じような愛撫でもその日はなんと5分足らずでイッてしまいました。私は「これがポリネシアンセックスか…」とその時一番実感しました。

私もフェラをしてもらったのですが、これがいつも以上に気持ちよすぎて自分から腰を振ってしまうほどでした。そしてようやく挿入の時間になりゆっくりと挿入したのですが、どういうわけか嫁の締まりがいつも以上に良いわけです。

もちろん私のペニスもいつも以上にギンギンになっているため気持ちよすぎてすぐにイッてしまいそうな感覚でした。

30分はそのままの状態でいなければならなかったのですが、凄まじい気持ちよさにより深くまで挿入するように少し腰を動かしては止めてということを繰り返してしまいました。

ようやく30分が過ぎ腰を動かし始めたのですが、するとすぐに嫁が中イキしてしまいいつもに増して甲高い声で喘ぎながらガクガクと痙攣している中私の方も同じように焦点が定まらなくなるほど大量にイッてしまいました。

しかも波がおさまるとすぐに2回戦が始められるほどペニスの回復が早くその点に私は驚きました。このとき改めてポリネシアンセックスのすごさを実感しました。

お互いが性への意識を高める

ポリネシアンセックスをしてみた結果、男性側の意見としては3日目も4日目も最終日も同じように悶々とした日々を過ごすことになってしまったため、正直3日目でセックスをしてしまってもよかったのではないかと思いました。

3日目から「早くセックスしたい」という気持ちが頭の中に溢れていたのであの時やっていても5日目と同じように目が眩むほど大量に射精できていたと自分では思います。嫁の方も3日目はいつもよりエッチな気分だったという感想だったので3日目でもアリだったかもというのは二人が感じたことです。

今回の調査で、ポリネシアンセックスのような「セックスしたい気持ち」を高めてからセックスするという方法はお互いの感度が段違いになるということがわかったので興味のある方はぜひ試してみてください。

-セックス
-, , ,

Copyright© JUCY , 2019 AllRights Reserved.