JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

夫が離婚を考える理由と対策5選!こんな理由が多かった

「結婚」という単語を耳にする機会は多いですがそれに負けないくらい「離婚」という単語も頻繁に耳にしますよね。ニュースやお昼のワイドショーなんかを観ていても芸能人の「結婚」や「離婚」に関するニュースはたくさん流れてきます。

しかも最近では男性の浮気が原因ではなく女性の浮気から離婚に発展するといったケースもよく目にするようになった気がします。

そんな私たちの身近な話題である「結婚」と「離婚」。「結婚」はお互いが愛し合ってするものですが、では愛し合って結婚したはずなのに離婚だなんて一体どうしてそのようなことが起きてしまうのでしょうか。

多くは女性側からの提案のようですが、実はひそかに離婚したいと思っている男性は意外とたくさんいるのです。

売上爆発中のアダルトVR!
いまやオカズはVRエロ動画が普通!数ある作品を押しのけアダルトVRが上半期売上ランキングTOPを獲得!
オナニーも仮想現実の世界に突入!
今すぐハイクオリティでお得なVRを体験してみよう! まだ体験してないかたは損をしているかもしれません

男性が離婚したいと思う瞬間

そこで今回は、夫が離婚を考える理由と対策をご紹介したいと思います。女性よりもすぐに離婚したいと考えることは少ないですが、それでも男性にだって離婚したいと思うことはたくさんあるのです。

「最近夫の様子がおかしい」「離婚の危機かも…」と感じることがある妻のみなさんは、世の中の夫たちが離婚を考える理由をしっかり把握し、一度真剣に何がいけなかったのか考えてみましょう。

家事をしない

共働きが一般的になった現代でも女性に家事スキルを求めている男性は非常に多いです。やはり家庭的な女性は容姿など他の部分が少々劣っていたとしても男性からの人気は高いです。

そんな男性が多い中掃除、洗濯、炊事なにひとつ満足にできないような妻であった場合、初めのころは夫も「俺がやるから大丈夫だよ」なんてやさしい言葉をかけてくれるでしょうが徐々に不満がたまってきます。

  • どうして自分の妻は何年経っても家事ができないんだろう
  • 家事ができないならせめてやろうとする努力くらいしてほしい
  • 家事ができないんじゃなくてやる気がないんだな…

このような考えが頭をめぐり人によって異なる一定のラインを超えると「こんな家事ができない妻とは離婚したい」という考えに至るのです。

特に妻の料理がおいしくないときに「離婚したい」と考える夫は多いので、料理に自信がない方は料理のスキルアップに努めるかその他の家事を完ぺきにこなせるように努力したほうがよさそうです。

結婚前に「家事なんて結婚してから覚えればいいや」という考えで「家事は一通りできますアピール」なんかをしてしまって結婚した女性は要注意です。

「家事ができなくても結婚できたからいいや~」と楽観的に考えて何も努力しないでのうのうと暮らしていると突然夫から離婚届けを突きつけられるなんてことが起きてしまう可能性も十分考えられます。

家事ができないとわかっていながら結婚したのならなおさら努力して家事が一通りできるように努力してみましょう。その努力はこの先生きていくうえでも必ずしておいて損はない努力になるはずですから。

浮気・不倫をされた

結婚してから浮気や不倫をしてしまうなんてどうかしてると思いますが、実際夫だけでなく妻が浮気や不倫をしてしまうといったケースもよく耳にします。そして妻にそんな行動をされてしまっては今までそんなことを考えてもいなかった夫の頭にも離婚という二文字が浮かんでしまいます。

家族を持つ身でありながら他の男性との逢瀬を楽しむなんてあってはならいことだと思いますが、万が一浮気や浮気まで至らなくてもそれに近い男性がいるようであればその男性との関係を見直した方がよいかもしれません。

夫に他の男性の存在を感づかれてしまった時点で夫の頭には浮気という言葉が浮かぶはずなので、離婚を考えていないのであればできるだけ夫以外の男性と近い距離で過ごすことは避けた方が無難でしょう。

セックスレスになった

夜の営みの減少も男性が離婚を考える理由としては十分あり得るものです。海外では夫が妻に多額の慰謝料を請求するなんてこともあるほどセックスレスという問題は男性にとって深刻な問題なのです。

「最近夫の誘いを断り続けている」「夫が求めてこなくなった」と感じる女性は要注意です。あまり気乗りがしなくてもあなたの方から旦那に甘えてみましょう。そうすることでお互いの気持ちが復活する可能性があり夫婦仲も良好になる可能性は大いにあるのです。

「もう若くないから…」「さんざんやりつくして飽きた」なんて考えは捨ててセックスをしないにしても夫とスキンシップをとる時間はしっかりとるように心がけましょう。

ストレスを夫にぶつける

これは夫を邪険に扱ってしまうケースです。結婚前や新婚時代は喧嘩をしたとしてもそれほど声を荒らげて悪口を言うことなんてなかったのに最近は思っていることをすべて夫にぶちまけてしまう…そんなことはありませんか?

あなたがこのようなことをしてしまっている場合、もしかしたら夫の方が「結婚前や新婚時代はこんな怒られ方はしなかったのに…詐欺だ!」と気がめいってしまっている可能性があります。

あなたは夫に言いたいことを言っているだけと思っていても夫の方はどう受け取っているかはわかりません。

あなたの想像以上にストレスを受けていて気付いたら取り返しのつかない事態になってしまっていたなんてことも考えられるのです。

このようなケースは妻の方も徐々に無意識のうちに夫に気持ちをぶつけるようになってしまっていくため自分がきつい言葉で夫を傷つけているということになかなか気づけません。

気付いたときには「キミの暴言にはもう耐えられない…」「昔はそんなんじゃなかった」と離婚届を突きつけられてしまうのです。

言葉というものは夫婦になってどれだけ親しくしていたとしても間違った使い方をしてしまえば簡単に相手を傷つけてしまう凶器になってしまうことがあるのです。

「最近自分の夫に対するあたりがきついな…」「最近夫に対する悪口や暴言を平気で言えるようになってきたな」そう感じる女性は一度自分の言葉使いを見直してみることをオススメします。

そしてどんなにイライラしても「これを言ってしまえばこの生活が終わってしまう可能性がある」ということを強く意識して夫に対する悪口や暴言には注意を払うように心がけましょう。

夫の家族と仲が悪い

結婚をすれば必ず夫側の家族ともそれなりに関りが生まれてきます。そんなとき家族のことも大切にしてくれる妻だった場合夫の妻に対する好感度はうなぎのぼりになります。

逆に夫側の家族のことを悪く言ったり仲が悪い場合「どうしてもうまくやれないなら離婚するしかない…」と考える男性も多くいるのです。

人間ですからどうしても合わない人間の一人や二人いるのは仕方ありませんが、夫の前で彼の家族の悪口を言ったり明らかな嫌悪感を示したりするのはよくありません。

できるだけ会いたくない、関わりたくないという気持ちがあるのかもしれませんがそれでも夫の目の届く範囲で悪口を言ったり明らかな嫌悪感を示したりするのはやめておきましょう。

どうしても愚痴が言いたくなったときは、自分の信用のおける友達や親などに相談してみることをオススメします。

夫への対応を見つめなおそう

夫側にも「妻と離婚したい」と思ってしまうさまざまな理由があるのです。

不満に思うことがあるのは妻も夫もそれぞれあるはずなので、結婚生活を壊したくないと考えるのであれば相手の気持ちになって極力相手が嫌だと感じていることをなくしていく努力が必要になってきます。

離婚の危機を感じている妻のみなさんは、今回の記事を参考に自分自身の夫に対する対応を見つめなおしてみましょう。離婚していない今ならまだいろいろと考えて直していくことができるはずです。

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.