JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

結婚までは考えられない彼女の無理な習慣6パターン


人間誰しも習慣と言うものがあると思います。それは自分でなかなか気づくことが難しく、何がダメな習慣なのか何が良い習慣なんて考えたこともないと思います。ただ、あなたもし結婚をしたいと思っているのであれば、一度改めて自分の習慣を見つめ直さなくてはいけません。

結婚を決めるのはほとんどが男性の方ですから、そんな男性にドン引きされてしまっては結婚の道はどんどん遠くなってしまうのです。

もし、あなたが自分のドン引きされる習慣に気づけずに過ごしていたら、気づいたときにはもう結婚ができないような年になっている可能性もあるのです。それは考えただけでも恐ろしいですよね。

だからこそ、この記事を読んで自分の行動を改めて見つめ直し、男性に「絶対にこの人とは結婚なんてできない!」と思わせないような女性を目指しましょう。

最強の痴女責め体験しません?
アダルトVRが神すぎる!1本で1週間は抜ける史上最強のエロ動画登場!
気持ちよさと衝撃は当サイトが保障します!
今すぐFANZAで最強のオナニーを体験しよう!

男性にドン引きされる習慣


習慣はなかなか自分では気づけないもの。だからこそ、今ここで男性にドン引きされる習慣が身についていないか確かめてみましょう。

むしろ、自分の習慣が男性にドン引きされるのかされないのかがわかれば結婚への道も大いに近づくというわけです。

それでは、女性が男性にドン引きされてしまう習慣を自分の行動を改めて思い返してみながら一緒に見ていきましょう!

片付けができない


綺麗好きは女性のイメージが強いですが、今では多くの男性が綺麗好きになってきています。また、男性のほとんどは女性のイメージに「綺麗そう」「きちんと片付けができそう」と勝手に思っているため、どんな時でもどんな場所でも片付けができない女性にドン引きしてしまうのです。

彼や自分の家にいる時、お菓子のゴミや使い終わったティッシュなどをゴミ箱に入れず、机の上に放置したままになっていませんか?ホテルに泊まった時、部屋着や水回りを綺麗にせずグチャグチャになっていませんか?

「どうせ彼がやってくれるし」「彼も気にしてい無さそうだし」と思っていたら大間違いですよ。ただ、それは男性が優しいだけで心の中では「こんなにだらしないなんて、結婚はないな」と思われているのです。

女性が思っているよりも男性は綺麗好きが多いのもそうですが、片づけるのは「当たり前」だと思っている男性も多いのです。私もかなりズボラな上にお姫様気質だったので片付けをしないのは当たり前でした。

どんな美人でも片付けられないのは男性からドン引きの対象になってしまいます。当然私は美人でもないので当時お付き合いしていた彼たちにはかなりドン引かれていたと思います。

彼氏彼女の場合は片付けられなくても目を瞑ってくれる場合が多いですが、結婚となるとかなりストレスが溜まるのはもちろん、子供ができた時に「片付けられない母」だと子供も可哀想なので避けられてしまうのです。

上から目線で話す

気の強い女性であればあるほど男性にも上から目線で話がちです。「あなたは●●だからダメなのよ」「こうした方があなたのためになるんじゃない?」など、本人はアドバイスのつもりで言っている言葉でも、相手からしてみれば「何だその上から目線は」とドン引きされてしまう可能性が高いのです。

男性はプライドが高く、いつまでも女性に対して「立ててもらいたい」と思っているものですから、女性が上から物を言うことも、上の立場になることも許せないようです。

気の強い女性は恋人、気の弱い女性は妻として選ばれやすいと思っていた方が良いかもしれませんね。気の弱い女性は自然に男性の下に立つことが多いので妻として選ばれることが多いのです。

これは男性に限らず女性も上から目線はされたくないと思います。相手の性格を考えながらどの言葉が相手にとって良いのかを考えられることができたらベストだと思います。とにかく男性には笑顔で聞き上手になることを心がけてみましょう。

文句が多い

「あれもやだ」「これもやだ」と毎回のように言われれば誰で嫌な気分になってしまいます。可愛いのは多少のワガママであって、いつでもワガママを言って許されるわけではないのですね。

更に「あなたの服ダサい!」「その性格どうにかしてよ」など男性本人をも否定するような文句ばかり言っていればドン引きされることは避けられません。男性に対しての文句が増えればあなたに対する情もどんどん薄れていき、次第に自信も無くしてしまうでしょう。

男性をこのようにしてしまう女性のことを「サゲマン」と言うのです。いつの時代もサゲマンの女性は、男性から結婚相手の候補すら上がりません。

また、文句ばかり言っていれば男性だけではなく自分のテンションも上がらずに運気を下げてしまうこともあるのです。ネガティブに考えるのではなく、ポジティブに考えることができれば自然と文句を言うことはなくなりますよ。

男癖が悪い

勘違いしている女性が多いのですが、男性と関係を持った=モテるではありません。

確かに、遊び相手としてなら複数の男性と関係を持っている方がテクニックもありそうなので積極的に誘いますが、それは体とテクニックがモテているだけであって妻として見る女性は経験がなければないほど良いのです。

男慣れてしている女性は「汚れている」「ビッチ」というマイナスイメージを持たれてしまいます。

なので、あなたが本命の彼以外にも複数人と飲みに行ったり、遊びに行ったりすれば「どうして自分がいるのにも関わらず遊ぶんだ?」「浮気性なのではないのか?」と不信感がどんどん募るのです。

男性は自己中心的な部分もあるので、自分は浮気をしても、相手には絶対にして欲しくないと思う人も多いのです。「男は女の最初を欲しがる」という言葉がありますが、これは正しいです。

どんなことでも慣れている女性は面白味がなく、優越感にも浸れないので結婚相手になれないのですね。

自立している

だらしない女性もそうですが、自立しすぎている女性も「結婚は無理」だと思われてしまう対象になるのです。

一見自立をしている女性は心強いですが、デートのプランも決めてしまう、言われる前から全てやり遂げてしまうなど「自分は必要ないのでは?」と思わせてしまうところが結婚を遠ざけてしまうのです。

男性はいつでも女性から頼られたいと思う生き物ですから、頼られないということは自分がいなくても大丈夫だと謎に安心されてしまうのです。

また、自立している女性は何でもできてしまい、何でもやってあげたくなってしまうので男性をダメ男にしてしまう可能性もあるのです。

男性を甘やかすのではなく、あなたが男性に甘えることを覚えれば「自分はこの女性に必要とされている」「俺がいなきゃダメなんだ」と思わせることができるので、結婚への道も近くなるのです。

周りに流されやすい

よくいますよね。自分の意思が全て周りの意見で決まってしまう人。男性は、付き合う人付き合う人で意見が変わったり、服装や言うことが変わったりする女性にはついていけないようです。

自分が何を言っても、何をしても周りの人が「それは違う」と言えばそっちの意見を重視してしまうからです。2人の問題なのにもかかわらず、外部の人の意見を取り入れられたらたまったもんじゃありませんよね。

いろいろな価値観を取り入れることは大切ですが、本来ある自分の意思を簡単に曲げるようなことはしてはいけません。そんなことをしていたら次第にどれが本当に自分かわからなくなってしまいます。

「守ってあげたくなる女性が好き」だとしても、周りにさえ迷惑をかけてしまいそうな危なすぎる女性を避けるのは自然のことなのかもしれませんね。

常に男性の目を意識する

今回は「結婚は絶対に無理」だと思わせてしまうようなドン引き習慣を紹介しました。やはり、男性に「この女性と結婚をしたい!」と思わせるのであれば「女性らしさ」を忘れずに常に男性の目を意識することがポイントだと思います。

「ありのままの自分を受け入れて欲しい」「そんなの男性の勝手だ」と思う人もいると思いますが、女性も男性に勝手に期待をするように男性も女性に期待をしてしまう生き物なのです。

結婚はいつできるかわからないものですから、チャンスを逃したくないのであれば、この記事を参考に何をしたらダメなのか何をすればチャンスが来るのかを頭に入れておきましょう。そうすれば自然と結婚のチャンスが巡ってくるはずですよ。

-恋愛
-, , ,

Copyright© JUCY , 2021 AllRights Reserved.