JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

夫婦がラブラブでいるための秘訣!いい関係を続けるにはコツがあった

新婚時代はほとんどのカップルがラブラブだと思いますが、そんなラブラブな状態がいつまで続くのかと考えるとちょっと不安に思ってしまうことはありませんか?結婚をすれば恋人感覚からだんだん家族感覚になっていき、子供が生まれればそんな状態はさらに加速するなんて話もよく耳にしますよね。

しかし一方で、いくつになってもずっとラブラブなカップルというのも存在します。結婚してから何年、何十年と月日が流れてもお互いを思いやりスキンシップも積極的に行う夫婦を見ると素敵だなと感じます。

では、夫婦がずっとラブラブでいるためにはどのようなことをしてどのようなことに気をつければよいのでしょうか。

【VR】三上悠亜の最新作登場!
あの超有名アイドルがVRアダルトに登場!年間500万本以上も売り上げるアダルトVRの破壊力がヤバイ!
彼女もハーレムも風俗も!VRならなんでもできる!
今すぐDMMのハイクオリティなアダルトVRを試してみよう! アイドル彼女とラブラブセックスしませんか?

自分たちがずっとラブラブでいるために

今回は、夫婦がずっとラブラブでいるための秘訣をご紹介したいと思います。これから結婚を控えているというカップルの方々や新婚夫婦のみなさんは特にこの記事を参考に自分たちがずっとラブラブでいるためにできることを考えてみましょう。

挨拶をしっかりする

挨拶というのは人間関係の基本中の基本ですよね。笑顔で挨拶できればそれだけで相手に与える印象は良いものになります。夫婦関係でも挨拶は非常に重要で、「おはよう」「いってきます」「おかえり」「おやすみ」というこの4つの挨拶をするだけでも関係は段違いに良いものになります。

特に夫婦の場合「いってきます」や「おかえり」のときに軽いスキンシップをすることでラブラブ状態をさらに維持しやすくする効果があるので積極的に行ってみましょう。具体的なやり方はとてもオーソドックスなものですが、「いってきます」や「おかえり」のキスをするのが良いでしょう。

キスにはリラックス効果があるので朝出発するときの緊張をほぐしたり夜帰ってきたときの疲れを癒したりすることができます。お互いにキスで満たされればお互いの価値が高まるのでより相手が必要で大切な存在だと認識することができるようになるのです。

ずっとラブラブでいたいと考えているカップルや夫婦のみなさんはどんなに慣れきった関係になったとしても挨拶を忘れず、できれば恥ずかしいかもしれませんが「いってきます」「おかえり」のキスを習慣にしてみるとよいでしょう。

自分が悪いときはすぐに謝る

夫婦なのですから喧嘩することくらいあると思いますが、そんなとき自分が悪いと感じていてもなかなか自分の方からパートナーに謝ることができないという方は多いです。

しかしそれでは仲直りするのに時間がかかってしまいますし喧嘩がさらに悪化してしまうなんてことにもなりかねません。

いつまでもラブラブでいるカップルというのはたとえ喧嘩をしたとしてもきちんとお互いに自分の行動を振り返ることができ、自分に非があったのなら自分から謝ることができるカップルなのです。

もし、あなたが現在パートナーと喧嘩して自分に非があったとしても自分から素直に謝ることができないという場合、それは自らパートナーとラブラブでいることを放棄しているということをよく頭に入れておきましょう。

そして、最初は難しいかもしれませんが自分に非があった場合、自分から「ごめん」と言えるような人間になることを目指していきましょう。

それさえできればたとえパートナーと喧嘩をしてしまったとしてもきちんと向き合うことができ、喧嘩で無駄な時間を過ごすこともなくなっていくでしょう。

喧嘩をしないのが一番ですが喧嘩のないカップルなんてほとんどいないので、それなら喧嘩をしたときにきちんとパートナーと向き合って一秒でも早くその喧嘩を終わらせる努力をしていくとが肝心だということです。

コミュニケーションをとる

夫婦間のコミュニケーションというものは夫婦がラブラブでいるために非常に重要なポイントです。普段から二人のコミュニケーションがうまくいっていればそれだけで二人は仲良くいられるのです。

ですので、いつまでもラブラブでいたいと考えているカップルのみなさんはパートナーと積極的にコミュニケーションをとることを心がけてみましょう。

街で見かけた面白いもの、テレビでやっていた情報で気になったこと、今日食べたいものなどコミュニケーションの内容はなんでも構いません。

会っている時間はもちろんメールやLINEなどでも積極的にコミュニケーションをとろうとすることはとても良いことなのでラブラブ夫婦を目指すみなさんは、気になったことは一番にパートナーに伝えるクセをつけてみましょう。

お互いの趣味に理解を示す

お互いの趣味が同じの場合、会話も増えて楽しみも共有できるのでコミュニケーションも非常に取りやすいのですが、すべてのカップルが皆同じ趣味なんてことはあり得ませんよね。むしろ全く違う趣味を持っていることの方が多いです。

そのような場合はお互いの趣味に少しでも興味を抱いて一緒に楽しんでみたり新しい趣味を二人で一緒に始めてみることが大切です。同じ趣味を始めればパートナーにいろいろと聞くことができ会話が増えます。また、二人で楽しむという新しい楽しみ方も夫婦の関係に刺激を与えるでしょう。

ただ、なかなか相手の趣味を理解できない場合もあると思います。そんなときはその趣味を否定的な目で見ずに「自分にはちょっとわからないけどパートナーが楽しんでいるならそれでいい」という考えでいることが良い関係を築く秘訣です。

趣味は人それぞれあると思いますが、ラブラブな夫婦でいることを目指すみなさんは相手の趣味を否定することだけは絶対に避け、パートナーの趣味を理解しながらできれば一緒に始めてみる努力をしてみると良いでしょう。

束縛しない程度のルールを作る

あまりにもガチガチなルールは相手を縛ってしまい関係を壊してしまう原因になってしまいかねませんが、ちょっとしたルールを設けるだけならラブラブでいるためには効果的な方法なのです。ちょっとしたルールというのは例えば

  • 喧嘩はその日中に解決する
  • 月1で必ず二人でどこかに出かける
  • たまには一緒に料理をする

このような比較的簡単で二人の関係をより良いものにしていけそうなものが良いでしょう。二人が納得できてなおかつきちんと守れるようなちょっとしたルールを決めて二人の関係をさらにラブラブなものにしていきましょう。

スキンシップをとる

日常的にスキンシップがとれるということはラブラブでいるために非常に重要なポイントだと思います。しかし、スキンシップをとり慣れていないカップルの場合急にスキンシップを日常的に始めろなんて言われてもなかなか難しい話ですよね。

そこでスキンシップを意識的にとるようにして徐々にその量を増やしていくという方法を使ってみましょう。例えば

  • 買い物の帰り道に少しだけでも手をつないでみる
  • テレビを観るときにわざとくっついてみる
  • たまには一緒にお風呂に入ってみる

このようなことを意識的に行ってみるだけでもかなりラブラブになれるので、自分にできそうなスキンシップから始めてそれが日常になるように繰り返してみましょう。

相手を思いやる気持ちがなにより大切

何もしなくては関係が悪くなることはあっても良くなることはありません。この先も一緒にいたいと決めた人とずっとラブラブでいたいと思ったのなら少し面倒だと思うこともあるかもしれませんが、相手を思いやる気持ちを持って少しの努力をしてみることが重要です。

ラブラブでいることを目指すあなたは、今回の記事を参考に是非自分たちにできそうなことから挑戦してみてください。

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.