JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

膣内射精障害になってしまう原因と対策!オナ好き男子は必見!?

 

膣内射精障害とはさまざまな理由によって中でイクことができないことを指しますが、この障害になってしまうとなってしまった本人はもちろん、中に出してもらえなかった女性まで悲しい気持ちにさせてしまいます。

近年さまざまな理由によって多くの日本人男性たちが膣内射精障害に悩まされているのです。

  • ある人は女性に挿入するまではギンギンだったにも関わらず挿入してしばらくするとすぐにペニスが萎えてしまう。
  • またある人はオナニーならいつでもイケるのに女性とセックスするときに過度の緊張をしてしまってイケない

など人によって女性の中でイケない理由はいろいろとあるのです。

【VR】三上悠亜の最新作登場!
あの超有名アイドルがVRアダルトに登場!年間500万本以上も売り上げるアダルトVRの破壊力がヤバイ!
彼女もハーレムも風俗も!VRならなんでもできる!
今すぐDMMのハイクオリティなアダルトVRを試してみよう! アイドル彼女とラブラブセックスしませんか?

主な原因

膣内射精障害の主な原因は3つあり、一つは強い刺激でのオナニーというものがあります。常日頃から強い刺激でのオナニーに慣れきってしまっていると、女性の膣内から与えらえる刺激では満足できずにペニスがどんどん萎えていってしまうのです。

二つ目はセックスでの興奮不足です。日々のオナニーで脳を使わずに刺激の強いAVなどにたよりっぱなしで行ってしまうと、いざ本番のセックスで入ってくる情報の刺激不足でペニスが勃たなくなってしまうのです。

そして三つめが精神的なものでしょう。女性とのセックスの経験不足によって本番で過度の緊張をしてしまいペニスが上手く勃たないというものが多いです。

これらの原因以外にも身体的、精神的、さまざまな原因によって膣内射精障害に陥ってしまうケースがあるのですが、多くの男性が陥る理由は大体これらのうちのどれかというのが非常に多いです。

膣内射精障害を疑ったら試すべきこと

今回は、膣内射精障害になってしまったときにまずはどう対処すればいいのかということをご紹介したいと思います。

自分が膣内射精障害で女性とセックスしたときにうまく膣内で射精することができなかったという方は、まず今回ご紹介する方法を試してみてください。

間違った方法でのマスターベーションの改善

上記でも説明しましたが、間違ったオナニー(マスターベーション)をすることによって男性は膣内射精障害に陥ってしまうことが非常に多いです。

それは普段の何気ないオナニーでより強い刺激を求めて行ってしまうことから膣内射精障害に陥ってしまうのです。

  • 強い力でペニスを握っている
  • 床オナをしている
  • 足ピンオナニーをしている

このような方は要注意です。まず、より強い刺激を求めて強い力でペニスを刺激しているという方はそのちからを緩めるところから始めてみましょう。

強い力で握った方がペニスにかかる刺激は強く非常に気持ちいいことはよくわかりますが、それを続けてしまうことによって女性の膣内で気持ちよさを感じなくなってしまう危険性があるのです。

一生一人でオナニーだけして過ごすという方なら何も言いませんが、悩んでいるということは女性の膣内で射精したいということですよね?

女性の膣内で射精したいという気持ちがあるのならまずは強い力でのオナニーからなんとしてでも抜け出す努力が必要です。

オナニーでは気持ちよさよりもきちんと興奮して射精することを意識しましょう。決してヌいて満足感を得ることを最優先しないようにしっかりと興奮できる環境を作って低刺激でイケるようなオナニーに変えていきましょう。

最初はかなり難しいかもしれませんが、しっかりと興奮することができれば低刺激のオナニーでもイケるようになるのです。

ペニスをしごいているとどうしても握る力がだんだん強くなっていってしまうという方は、一度自分の手ではなくオナホールを使ってみるというのも一つの手です。多少お金はかかりますが、膣内射精障害の治療費だと思えば安いものです。

オナホールを使えば強すぎる刺激がペニスに加わることはなく一定の刺激で済みますし、なにより女性の膣に近い感覚が得られるというメリットがあります。

つまりオナホールで射精できるようになれば現実の女性の中でも射精できるようになる可能性が高いのです。その指標としてもオナホールは非常に優秀なのです。

強すぎるオナニーに慣れきってしまっているという方は、初めはオナホールを使っても射精することができない可能性が高いですが、ゆっくりしっかりと興奮することを心がけながらオナホールを使ってみることをオススメします。続けていくことで次第にペニスがその刺激に慣れていくことを狙ってみましょう。

また床オナニーや足ピンオナニーは特に刺激が強いことで有名です。万が一そのような強すぎる刺激でのオナニーをしているという方は今すぐにその方法はやめ低刺激なオナニーに切り替えましょう。

床オナニーや足ピンオナニーを続けてしまえば、膣内射精障害がどんどん進みその強い刺激のオナニー法でしかイケなくなってしまうということを頭に入れ絶対に行わないようにしましょう。

刺激の強いAVを避け妄想力を鍛える

普段のオナニーでいつも刺激の強いAVをおかずにしているという方は膣内射精障害に陥ってしまいやすいです。

その理由は、自分で妄想することが減ってしまうからです。自分で妄想することが減ってしまうといざセックス本番を迎えてもいまいち興奮が足りず膣内射精障害に陥ってしまうのです。

本来AVを見ながらオナニーをするにしてもなにかしら自らの妄想で足りないと感じられる部分を補ってオナニーするものなのですが、最近の刺激的なAVは足りない部分などないくらいにそれだけで完璧に興奮させてくれます。

これは男性としては非常にありがたいことなのですが、それでは男性は自ら興奮するという行為をないがしろにしてしまいます。その結果、本番でももちろん足りない部分を妄想で補う力が養われていないためすぐに萎えてしまうのです。

膣内射精障害を改善するためには、普段のオナニーで刺激的なおかずを使っているという方は低刺激なおかずに切り替えてみるということは重要です。例えば映像ばかりに頼っている方はエロ本など少しデジタルから離れてみるなど工夫を凝らしてみることが重要なのです。

本番でリラックスできるように経験を積む

本番でリラックスできずに膣内射精障害になってしまう方のほとんどは、経験不足からいざ女性を前にしたときに過度な緊張をしてしまいうまく勃起できないという状態になってしまうのです。

このようなことになってしまわないためには女性を前にしても緊張しないように経験を積むことが何より肝心です。

なるべくたくさん経験を積むために時には夜のお店に繰り出してみるのも良いと思います。積極的に女性と接することができる場に出向いてみるというのも一つの手だということを覚えておけば気が楽になるのではないでしょうか?

ただし、精神的にリラックスできない理由が過去のトラウマなどにある場合は経験を積むだけではどうしようもない場合もあります。そのような方は一度医師に相談することも考えておきましょう。

諦めずに前に進もう

今回は、膣内射精障害になってしまったときにまずはどう対処すればいいのかということをご紹介しました。

「女性とセックスするときにうまく中で出せたことがない」「自分は膣内射精障害かも」と感じている方は、今回の記事を参考に膣内射精障害になってしまったときにまずためすべきことを試してみましょう。

今回ご紹介したことを実践してみることで膣内射精障害が改善されることはよくあるので、諦めずにまずは試してみることがなにより肝心なのです。

-セックス
-, , ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.