JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

男性が幻滅するアラサーメイクに注意!こんな化粧になってない?


アラサーになれば何かと悩み事も増えてきますが、やはり一番の悩みどころは一番見られる「顔」ではないでしょうか?20代になれば、10代のようにメイクはできないし、30代になれば20代のようなメイクはできません。

しかし、女性として生まれてきたからにはいつまで経っても若く見られたいものですよね。その若く見られたいという思いこそ、まさしく今回紹介する「男性が幻滅するメイク」になっているのです。

頻繁に鏡を見る女性だからこそ自分に合ったメイクや男性受けの良いメイクができると思われがちですが、実はそうでもありません。意外にも、言われないと気づけないことが多いのです。

30代になった女性は、この記事を参考に男性が幻滅するメイクを避け、受けの良い、実年齢よりも若く見えるメイクを目指していきましょう。

売上爆発中のアダルトVR!
いまやオカズはVRエロ動画が普通!数ある作品を押しのけアダルトVRが上半期売上ランキングTOPを獲得!
オナニーも仮想現実の世界に突入!
今すぐハイクオリティでお得なVRを体験してみよう! まだ体験してないかたは損をしているかもしれません

男受けが悪すぎるアラサーメイク


自分では完璧だと思っていても、相手から見れば「どうしてこんなメイクをしているんだ!?」と思われることは多々ありますが、女性としてはそのようなことは避けたいですよね。

では、男性が幻滅するようなメイクとはどのようなメイクなのでしょうか?自分のメイクを確認しながら一緒に見ていきましょう。

粉々しく浮いているベースメイク


30代から目立ち始めるシワやシミ、大人ニキビや吹き出物がありますが、それを隠したい気持ちは痛いほどわかります。コンシーラーやファンデーションを塗ればある程度は消せます。

私も乾燥で出来てしまったシワとニキビがひどいのでよく厚塗りをしていました。だけど、それは全くの逆効果。5歳は老けて見えると言っても過言ではありません。

顔は一番に見られる場所だからこそ、気になる部分があれば隠したいと思うものですが、だからと言って何度も何度もファンデーションを重ねてしまうと、その場では隠せても数時間経てば粉々しく浮いてきます。

特に乾燥のしやすい場所は浮いてくる場合が多く、シワの溝に入って不自然な粉の線を作ってしまったり、口周りが汚れてしまったり、メイクをしているにもかかわらずすっぴんよりもひどい顔を晒してしまうことがあるのです。

なので、ここで覚えておいてほしいことは、決して気になる部分があっても厚塗りをしないこと。厚塗りをすればするほど顔が崩れていくと思ってください。顔の中でも一番大事なベースメイクは特に気をつけてくださいね。

バブル時代を感じさせるアイシャドウ


私は昔、母から「今日のママ、どう?」と笑顔で聞かれた際の顔に腰を抜かしたことがあります。いや、どんだけアイシャドウ濃いんですか…と。丁度バブル期真っ盛りだったので、このようにアイシャドウの濃い女性はたくさんいましたが、今では絶滅危惧種ですよね?

どんな年代の女性もアイシャドウにはブラウンが基本です。しかし、今も尚ブルーや赤、グリーンなどを「アクセント」として使っている女性がいます。彫りの深い欧米の女性ならば似合うものでも、彫りがない日本人の女性では似合いません。

むしろ「バブル時代にいそう」「ニューハーフ?」と言われてしまうこともあるのです。それくらい、男性には理解しがたいアイメイクなんですね。

また、幻滅される他には「気が強そう」「関わりたくない」と思われてしまう可能性があるので、色付きのアイシャドウを付ける際は全体に付けるのではなく、目尻など、部分的につけたほうが良さそうですね。

奇抜すぎるリップカラー

どうしてだか、大人になるにつれリップカラーを濃くする女性が増えてきています。赤はもちろん、紫やブラウンなど思わず二度見してしまう奇抜カラー。もちろんこのようなリップカラーは30代であろうと、20代であろうとも男性には幻滅されてしまいます。

特に30代となれば10代や20代の女性とは違い、また顔も大人っぽくなっているはずですから、そのような女性が奇抜なカラーのリップをしていたら「綺麗だな」よりも先に「何だあのリップの色は!」となるのです。

30代になった今だからこそ、リップの色には気をつけ、なるべくヌーディな色を使っていくようにしましょう。ベージュは大人の色気が出る色ですし、ピンクは若返り効果も期待できる色です。

もし、濃いリップを付けたいと思うのであれば、女子会など、男性の目を気にしなくてもいいような場面で付けることをオススメします。

フチが大きすぎるカラーコンタクト

今では女性にとってカラーコンタクトはなくてはならない存在になりました。14.0ミリという自然に見えるものから17.0ミリという不自然なほどに大きいカラコンまで様々です。もちろん、色もブラウン、ブラック、グレー、ピンクなど上げたらキリがないほどの種類があります。

しかし、いくら女性にとって必要なものだと言っても大きさと色は年を考えながら選んでいかなければいけません。20代のころに付けていた大きくて可愛いカラコンでも、30代になった途端に果てしなく似合わなくなる場合があります。

それに気づけずに大きいカラコンを付けていれば幻滅はもちろん「痛い女」認定されてしまうことがあります。

これは私も実際に感じたことがあります。初対面の30代の女性と会話をする際、あまりにも大きすぎる黒いカラコンに心底驚いてしまいました。元々目が大きい方でもなかったのか、白目さえも黒く染まっていたので、恐怖を覚えたほどです。

大きければ大きいほど若作りができると思ったら大間違いです。きちんと自分の目の大きさや髪の色、雰囲気に合ったカラコンを装着してこそ本当の若作りができるんですよ。数えきれないほどのカラーコンタクトが出回っている今だからこそ、自分に合ったカラコンを選ぶようにしましょう。

男受けを狙うなら

恋愛の価値観もそうですが、美的価値観も男女で大きく差が出ます。女性が可愛い、素敵だと思うものは、男性には受けが悪いことが多いのです。なので、上記のことに当てはまった女性のみなさんが、男性受けを狙うのであればとにかく薄くナチュラルにメイクをすることを心掛けてください。

できるだけスッピンに近いメイクを心掛けます。これをするだけで確実に男性受けを狙えます。私の以前のメイクはというと、カラコンはグレー、まつ毛はバサバサ、赤リップという奇抜すぎる化粧でしたが、女性受けはいいものの、男性受けはいまいちでした。

その後カラコンを辞め、まつ毛はナチュラルにして、リップをピンクにしただけで驚くほど男性受けが良くなったのです。初めは違和感しかなく、ブサイクだと思われていないか不安でしたが、むしろこちらの方がいいんだということに気づきました。

なので、女性受けを狙うのであれば、濃い化粧の方が良いと思いますが、男性に幻滅されたくない、男性受けを狙いたい、30代らしいメイクがしたいのであれば濃くすることよりも、年に合ったナチュラルメイクを極めるようにしましょう。

メリハリのあるナチュラルメイクを心掛ける


今回は男性が幻滅してしまうアラサーメイクを紹介しました。ここでわかったポイントは「濃くし過ぎない」ことですよね。シワやシミを隠すための厚塗りファンデーション、奇抜すぎるアイシャドウとリップ、そして大きすぎるカラコン。

これら全て男性が幻滅してしまうメイクなんです。女性に産まれたからこそ、いつまでも女性として輝いていたいもの。この記事を読んだあなたは更に輝けるヒントが得られたはず。

メイク一つで印象を変えてしまうから難しいものですから、これからは年齢に合ったメリハリのあるナチュラルメイクを心掛けながらメイクを楽しんでいきましょう。

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.