JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

膣内射精(中出し)をしたがる未婚男子の感情とは

男性のみなさんなら普段はゴムをつけてセックスをしていてもなんとかして中出ししたいと思ってしまうことがあるのではないでしょうか?

望まれていない場合、それは妊娠という最大のリスクがある行為なので安易に行えることではないのですが、そうとわかっていても「中に出したい」という欲求は男性である以上なかなか収まりません。

さまざまなアダルト作品に触れれば触れるほど中出しへの憧れは増し、「1回くらいなら大丈夫」「生理周期を理解してれば大丈夫」「彼女にピルを飲ませてでも中出ししたい」などと思ってしまう方もいるほどです。

そんな男性たちをとりこにしてやまない中出しですが、実際に中出しをしたことがある男性たちは中出しをしたときにどのようなことを考えているのでしょうか。それを知ることで中出しについてより理解を深め自分自身の中出しに対する考え方を再確認することができるのです。

そこで今回は、中出ししたときの男性の気持ちをご紹介したいと思います。中出しした瞬間に男性たちはどのようなことを考えているのかを知って自分自身の中出しに対する考え方を再確認してみましょう。

VRでおっぱい三昧!
最強ハーレムを体験できるのはアダルトVRだけ!年間500万本以上も売り上げるアダルトVRの破壊力がヤバイ!
風俗体験も気軽にできる!リアルすぎてフル勃起間違いなし!
今すぐDMMのハイクオリティなアダルトVRを試してみよう! 一瞬で自宅が風俗店に!

リスクもあるのに何故中出しをしたくなる?

中出ししたときの男性の気持ちを知る前に中出しに興味のある未婚男性のみなさんは、中出しによるリスクを知っておきましょう。中出しをするということは望んでいなくても当然子供ができるというリスクがあるのですが、その他にもいくつかのリスクが存在します。

まず一つ目は性病にかかる危険性があるという点です。コンドームは避妊以外にも粘膜同士の接触をシャットアウトし性病にかかるリスクを減らしているのですが、生でセックスをする場合それができません。

するとクラミジア感染症や淋病、さらにはHIVなどさまざまな性感染症に感染してしまう可能性があるのです。

次に生で中に出してしまうと妊娠していなくても中絶費用を請求されてしまうなんてこともあり得ます。女性によってはそのようなことも平気で行うような人が存在するため、生でセックスをする際は特にきちんと結婚を前提としたお付き合いをしている信頼のできる女性とだけ行うようにしましょう。

生でセックスをするということは上記の通りさまざまなリスクがあるということを再確認し、それでも行うという場合は、きちんとリスクを学んだうえで細心の注意を払って行うようにしましょう。

「コンドームに出すより断然気持ちいい」

いろいろなメディアでも言われている通り中出しはコンドームを装着するよりかなり気持ちいいです。それはやはり生ならではの温もりを感じられるという点と膣内の感触をペニスで直に受けられるという点が大きいでしょう。

やはり初めて女性の膣に生で挿入したとき「コンドームに出すより断然気持ちいい」という
感想を述べる男性は多く、一度でも生で挿入してしまうとその魅力に取りつかれて「またやりたい」「もっとやりたい」と欲が出てきてしまいます。

「子供なんて簡単にできないから大丈夫」

中出しを経験した男性は「もっと生でセックスしたい」「前にもやったことあるし大丈夫だろう「とにかく気持ちよさ優先」とかなり身勝手な考え方でセックスを行っていることもよくあります。

その結果望まない妊娠をして経済的に枯渇してしまう夫婦があとを絶たないのです。確率は低くても絶対にできない補償にはなりません。その一発が見事に的中すれば赤ちゃんはできるのです。

中出しすることを覚えても「子供なんて簡単にできないから大丈夫」なんて考えで中出しをすることは避けましょう。

ノリと勢いで中出ししてしまった時

ノリと勢いだけで中出しをしてしまうなんてことも特に若いカップルには多いです。そんなとき男性はどのようなことを考えながら中出しをしているのでしょうか。

「性病にかからないか不安」

自分の意志で中出しをしなくても女性に迫られて中出しをしてしまったなんていう男性も存在します。

付き合っている段階で女性との上下関係ができてしまい男性の方が女性より立場が弱い場合、女性に「中に出したいんでしょ?中出ししてもいいよ」と言われると断ることができず中出しをしてしまうのです。

このような気弱な男性も意外と多く、ドキドキしながら言われるがままに中出しをするのですが、内心は挿入してからずっと「性病にかからないか不安」なんていうことを考えているのです。

女性との上下関係が出来上がっていたとしても「子供ができたらどうするのか」「万が一性病にかかってしまったらどうなるか」という点だけはしっかりと主張できるようにしておき、どんな場合でも中出しの誘惑に負けないようにしましょう。

「妊娠したらどうしよう」

「妊娠したらどうしよう」と怯えながら中出しする男性もいらっしゃいます。正直妊娠する可能性があるということをわかっておきながら「妊娠したらどうしよう」と考える男性は本当に無責任だと思いますが、男女間で上下関係ができてしまっているとこのような事態もよくあることなのです。

これはかなり相手にもよることなのですが、妊娠しても大丈夫という気持ちがない状態で中出しを迫られたときは、彼女はあなたのことを離すまいとロックオンしている状態の場合がほとんどでしょう。

「妊娠したらどうしよう」という不安が一ミリでもある場合は、「まだ子供をつくるタイミングじゃない」ということだけでもきちんと彼女に伝えられえるようにしておいた方がよいでしょう。

一時の感情に振り回されずにそうすることをしっかりしておくとこの先の人生も後悔することが少なくなります。

「やばい、やっちゃった…」

普段から生で挿入し、射精するときだけ外に出すというカップルもたくさん存在しますが、まずは外に出しても生で挿入している時点ですでに妊娠する可能性があるということを覚えておきましょう。

「やばい、やっちゃった…」と感じてしまうのなら最初から中で出したらまずいということがわかっている状態だと思います。一時の気の迷いでそんな中出しをしてもその先良いことはなにもないので、「やばい、やっちゃった…」と思うような中出しは最初からしないように心がけましょう。

責任を取るつもりがある場合

お互いに結婚を見据えていたり男性側が子供ができたら責任を取るつもりでいる場合の中出しは、男性の気持も少々変わってきます。

「幸せ」

中出しすることでかなりの幸福感を得られる男性もたくさんいらっしゃいます。本来子作りのための行為ですから当然お互い愛し合っていて「子供ができても大丈夫」という気持ちでセックスしているのなら「幸せ」を感じることが出来るのです。

この場合女性も中に出してもらえて幸せになり、そんな幸せそうな女性を見て男性もさらに幸せになるため、このようなセックスができるパートナーがいる方はしっかりと将来のことを考えたセックスをすべきでしょう。

「頼む!妊娠してくれ!」

女性が好きな男性の子供を産みたいがためにコンドームにわざと穴をあけて妊娠することを祈るという話はよく耳にしますが、男性も生でセックスさせてもらえたときにわざとミスしたフリをして中に出し妊娠することを祈る場合があります。

  • 自分ではこの先彼女以上の女性と出会える気がしない
  • 今彼女を逃したら一生付き合えないレベルの女性だ
  • どうしても彼女の子供が欲しい

という気持ちになったときに男性は中出しをして「頼む!妊娠してくれ!」と祈ることがあるのです。

この場合、気持ちよさよりもいかにたくさん出して妊娠の確率を高めようかということを考えているので頭の中は「どのように射精するか」「これで妊娠するだろう」ととにかくできるかできないかでいっぱいになっているのです。

このような手段を使ってで女性を自分のものにしようと考える男性も少なからず存在するので覚えておきましょう。

後先考えてから行いましょう

今回は、中出ししたときの男性の気持ちをご紹介しました。基本的に後先のことを考えない身勝手な考えでしていることがほとんどで、これではあとで必ず後悔するだろうという考え方が目立ちました。

今回の記事を読んでくださったみなさんは、男性が中出しをしたときの気持にはどのようなものがあるのかを理解し、自分はどういう中出しがしたいかをしっかりと考えてから中出しに望むようにしましょう。

-セックス
-, , ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.