JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

上付き?下付き?本当に彼女を感じさせる体位は膣の付き方から探る!


男性のみなさんはパートナーの膣をまじまじと見たことがあるという方は多いかもしれませんが、その位置まで気を配って見たことがあるでしょうか?

そこまであまり気にしたことがないかもしれませんが、実は女性の膣の付き方には個人差があって一人一人少しずつ膣の付いている位置が違うのです。膣の付き方が違うと当然膣の入り方の角度が違ってくるので、ペニスを挿入したときの角度も人によって違ってきます。

そして、ペニスを挿入したときの角度が人によって違うということは、必然的に行いやすい体位、感じやすい体位、ペニスを膣の角度通り挿入したときに刺激できる部分なども変わってくるのです。

そんな膣の付き方をほんの少し意識してみることでパートナーに合った体位でセックスをすることができ、お互いにとても気持ちよくなることができるのです。

VRでおっぱい三昧!
最強ハーレムを体験できるのはアダルトVRだけ!年間500万本以上も売り上げるアダルトVRの破壊力がヤバイ!
風俗体験も気軽にできる!リアルすぎてフル勃起間違いなし!
今すぐDMMのハイクオリティなアダルトVRを試してみよう! 一瞬で自宅が風俗店に!

意味と調べ方

先ほど女性の膣の付き方には個人差があるということを説明しましたが、「上付き」と「下付き」とはその膣の付き方が上の方に付いているか下の方に付いているかということなのです。

さらに詳しく説明すると肛門から膣までの距離で判断することが多く、その距離が大体4㎝以上離れている場合は「上付き」、4㎝以内の場合は「下付き」と言います。ただ、4㎝と言ってすぐわかる方ならよいのですが、微妙な距離の場合定規を持ってきて測るわけにもいかず判断が難しい場合もありますよね。

そんなときはパンティーに付いたシミから判断する方法もあります。少し濡れたアソコに履いた状態のパンティーをグッと押し付けてみましょう。するとアソコの形のシミがパンティーにくっきりとつくと思います。

パンティーにシミをつけることができたら成功です。そのままパンティーを脱がせてパンティーライナーのクロッチの部分をよく見てみましょう。

パンティーに付着したシミがパンティーライナーのクロッチ部分の真ん中より前だった場合「上付き」で真ん中より後ろだった場合は「下付き」という判断方法もあるので4㎝がわかりづらいという方はこちらを試してみてください。

上付きの女性に挿入しやすい体位

次に「上付き」「下付き」それぞれの向いている体位、向いていない体位をご紹介します。まずは「上付き」の女性に挿入しやすい体位の紹介からです。

上付きの女性に向いている体位はズバリ「正常位」です。それはどうしてかと言いますと、上付きの女性の場合、正常位のときのように脚を開いてあおむけの状態になったときに膣が若干上を向くような角度になります。

すると男性側がペニスを挿入しようとしたときにちょうど良い角度になり、無理な体勢で角度を調節しなくてもとても挿入がスムーズにいくのです。

さらに騎乗位も同じような理由から膣口に負担をかけづらくピストンすることができます。密着しながらの騎乗位も上付きの場合何不自由なく行えるためオススメです。

自分のパートナーが上付きだった場合、正常位を基本の体位として最もパートナーが感じる体位を探ってみると二人が気持ちいいと感じる体位がきっと見つかるでしょう。

向いていない体位

逆に上付きの女性が向いていない体位もあります。上付きの膣を持つ女性が向いていない体位はズバリ「バック」です。バックのように女性が四つん這いになるような体位を上付きの女性が行った場合、膣はどうしても下向きの状態になってしまいがちです。

女性の膣がバックのときに下向きになってしまうと男性は非常に挿入やピストンがしづらくなってしまいます。このことが起きてしまうため上付きの女性にはバックは向いていないということが言えるのです。

バックをする場合に工夫できること

ただ、上付きの女性にバックが向いていないというだけで「できない」「やってはいけない」なんてことは断じてありません。ただ向いていないがためにあまりオススメはしないという程度です。

もし上付きの女性がバックをしたいと思ったときは女性に膣口の向きをできるだけ上に向けてもらえるようにお願いしてみましょう。

また、背中をそらせる、上半身を床にべたっとつけるといった方法も効果的なので、パートナーが上付きであなたがバックを試したいという場合はこの手段を試してみることをオススメします。

下付きの女性に挿入しやすい体位


下付きの女性に向いている体位は「バック」です。これは先ほどご紹介した「上付き」の女性に正常位が向いているのと同じような理由です。

下付きの女性には、その膣の付き方から正常位で挿入しようとしても角度が合いづらいということが起こります。そんな下付きの膣にはバックがしっくりくるのです。下付きの場合バックの角度が非常に挿入しやすいため膣口にも負担をかけることなく心地いいピストンを行うことができるのです。

自分のパートナーが下付きの場合、バックで挿入してみてしっくりくるかどうかを確認してみましょう。角度がぴったり合ってピストンがスムーズにいくようであればパートナーもそのバックにきっと気持ちよさを感じて他の体位よりもたくさん喘いでくれるはずです。

向いていない体位

逆に向いていない体位は「正常位」です。正常位でセックスするときのように女性の脚を開いた状態であおむけにしたとき下付きの女性の場合なかなか上付きの膣のように上から下に向かった美しい角度ができません。どうしても下の方に膣口が来てしまうため男性は正常位では挿入しづらいのです。

また、下付きの場合は密着した騎乗位も角度的にフィットしづらくなかなか行うのが難しいです。

正常位や騎乗位をする場合に工夫できること

下付きの女性と正常位を行う際は角度をつけるために女性の腰の下にクッションのようなものを敷いてみると角度が変わって挿入しやすくなると思います。

正常位をしないなんてことはほとんどないと思いますので、少し高さのあるクッションや枕を用意しておき、正常位をするときはそれをサッと取り出してパートナーに「これ腰の下に挟んで」と言って差し出しましょう。このようにして角度を調節することは比較的容易なことなので是非試してみてください。

密着した騎乗位を行う場合は相手の膣口にかなり負担をかけてしまう可能性があるので、角度的にパートナーの膣口に負担がかかっていそうだと判断した場合は、普通の騎乗位に切り替え女性に体を起こしてもらいましょう。

そしてその状態から後ろに手をついてもらうなど工夫をすることで膣口にかかる負担はなくなり挿入は楽になるはずなので、是非覚えておいてください。

少し意識してみましょう

今回は、女性の膣の付き方についての情報をご紹介しました。女性と膣には「上付き」と「下付き」というものがあり、その付き方によって向いている体位と不向きな体位があることが分かったかと思います。

今回の記事を読んでくださった方は、自分のパートナーが「上付き」なのか「下付き」なのかを少し意識してみることで今まで以上にやりやすく感じやすい体位が見えてくるはずです。

また、膣の付き方によって挿入しやすいしづらいということもあるので、「どうしても挿入の角度が難しい」「膣口に負担をかけてしまっている」と感じたときは少し角度を変える工夫をしてみるとうまくいくことが多いです。

今回ご紹介した情報をもとに是非膣の付き方について意識してみて自分たちが一番感じやすい体位をパートナーの膣の付き方から導き出してみましょう。

-セックス
-, , ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.