JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

メンヘラ男子の特徴と対処法!深く関わると面倒臭いメンヘラの実態


メンヘラと聞くと女性がなる症状だというイメージが強いですよね。私の周りにもかなりのメンヘラ女子がたくさんいます。SNSはもちろん、私生活でも彼女たちはメンヘラだということをアピールしているので女性の方が目に付きやすいのかもしれません。

だけど、メンヘラは女性だけの症状ではないのです。もちろん、男性にもメンヘラの症状が出ている人はたくさんいます。普段はそこまで目立たない分、メンヘラ男子の面倒臭さがわからない女性は多いでしょう。

男性が「メンヘラ女子とか勘弁」と言う中、やはり女性も「メンヘラ男子は勘弁」と思うのです。私自身一昔前はかなりのメンヘラで自分でもかなりヤバい人だなと思うレベルでしたが、治すことができました。

むしろ、かなり人にドライになったほどです。だけど、何故重症なメンヘラを治すことができたのだと思いますが?それはメンヘラ男子に出会って「こんなにもメンヘラって面倒臭いんだ!」「できることなら関わりたくない!」と冷静になることができたからです。

そんな今回は、できることなら出会いたくない、付き合うなんてもってのほか、メンヘラも脅かすメンヘラ男子の特徴と対処法を紹介します。

オナニーが10倍充実する!
ついにVRがアダルト業界に上陸!無修正よりも興奮するエロ動画があることを知っていましたか?
今だ経験したことはないという人は今すぐにでも体験するべきです!
無料サンプル動画も充実しているため、お試しだけでもする価値あり!
リアルすぎる疑似セックスの世界へ足を踏み入れてみましょう。
人生で最高に気持ちのいいオナニーができます。

そもそもメンヘラとは?


昔はネットで多く使われていたメンヘラという言葉ですが、今ではその言葉も一般化していきました。普段から多く使われているメンヘラですが、そもそもメンヘラとは一体どのような人を指す言葉なのでしょうか?それは意外にも簡単なことです。「心の病気がある」人のことを指します。

その心の病気こそが多くの人から面倒臭い、いい加減にして欲しいと思われる対象になってしまうのです。

一部にはファッションメンヘラというメンヘラではないけど、ファッションとしてメンヘラを装っている人もいますが、本当のメンヘラはそんな甘くありません。とことん面倒くさい、それが真のメンヘラなのです。

メンヘラ男子の特徴

それではいよいよ本題のメンヘラ男子の特徴を紹介します。少ないように見せて以外にも多く潜んでいるメンヘラ男子。あなたがメンヘラ男子に振り回されて心身ともに疲れないようにもこの特徴をしっかり覚えておくようにしましょう。

自己愛が強い

メンヘラ男子の自己愛は他の男性と比べてもかなり強い傾向にあります。例えば褒められることが何よりも好きだったり、認められることで生きている意味を感じたり、自撮りを多く載せることだったり。

とにかく自分、自分、自分!というのがメンヘラ男子の特徴なのです。特にSNSで自撮りを上げ続けていたり、メッセージで自撮りを送り続けている男性はメンヘラ男子の可能性が高いです。自己顕示欲の塊はメンヘラの始まりということを覚えておいてください。

プライドが高い

自己愛が強いメンヘラは同時にプライドもかなり高いのが特徴です。何でも自分が一番になりたい、一番に注目されたい欲が強く、その想いが届かない時、メンヘラ男子は余計にメンヘラを発動させてしまいます。

メンタルが弱いメンヘラなので、プライドがないように思われがちですが、全くそんなことはありません。むしろプライドは人一倍にあるのです。

注目を浴びたがる

どんな時でも注目されていたいのがメンヘラ男子。注目されるということで「自分の生きている意味」を得られるんです。

その注目の浴びせ方はそれぞれですが、特に目立つメンヘラ男子は「もう無理、俺なんて生きている意味ない」「もう死んじゃいたい」「辛い。病む。」などと言った自殺をほのめかすこと。

そこで誰かが必ず「大丈夫?1人じゃないよ」「私がいるよ」と安心させてしまうようなことを言ってしまうため、どんどんメンヘラがエスカレートしてしまうのです。

また、アイドルや芸人など注目されなければいけない仕事をしている人は自分が注目されない、身近な人が注目されることですぐに心が病んでしまうので、高確率でメンヘラになります。

ネガティブ発言が多い

ネガティブ発言が多いメンヘラですが、実はそこまで自分のことを下げて見ていません。

自撮りばっかりしていて、鏡もしょっちゅう見るのにも関わらず「俺、マジブサイクだから…」と言ったり、周りからチヤホヤされているのにも関わらず「どうせ人気がないから…」と言ったり…つまり、「そんなことないよ」と言われたいがためのネガティブ発言なんですね。

そんなことないよと言われるだけで「よかった、自分はまだ必要とされている」と思うことができるため、わざとネガティブ発言をするのです。本当にネガティブな思考回路になる人は誰にも言わずに普段は笑顔で過ごし、1人になったら静かに落ち込むため、メンヘラだとは言いにくいです。

依存しやすい

恋人にさえされることが苦痛な依存ですが、メンヘラは自分の好きな相手や信用ができると思う相手にはすぐに依存してしまいます。これはかなり厄介で一度依存されてしまうと、メンヘラの気持ちが変わるまで永遠に依存されます。

Lineはもちろん、電話も頻繁にかかってきますし、返事が来るまでずっと連絡をし続けます。私はこれでスマホが熱くなり、充電が切れたことがあります。

それくらい依存されるということは恐怖なんですよね。なので、「友達なのにかなり依存されるな」「怖いくらい連絡が来るな」と思ったらその男性はメンヘラの可能性が高いのです。

喜怒哀楽が激しい

扱いが難しいのがメンヘラ男子です。言葉一つ一つを選んでいかないと「え?そこでどうして怒るの?」というところで不機嫌になったり、泣き出したり、怒られたりします。

私が一番ビックリしたことは、39度の熱が出た際にメンヘラ男子が10分毎に「今何度?」と聞いてきました。さすがに10分毎は辛いので「何回も聞いてくれて申し訳ないけど、下がったらまた連絡する。ありがとう」とメッセージを送ったところ「は?じゃあもういいよ。連絡しないから」とキレられました。

その時点で自分勝手なメンヘラに怒りを覚えていたので返事すらせず放置しているとすぐに連絡が来ましたが「俺にうざいって言った!だから連絡しなかったのにそっちから連絡がない!」と意味不明なことを言われました。

面倒くさくなったので「私がいつうざいって言ったか証拠を出してから言え。これ以上関わったらこっちの気が狂いそうだ」と正直に打ち明け友達を辞めました。まだまだありますが、メンヘラ男子の喜怒哀楽の激しさにはついていけません。

メンヘラ男子の対処方法


何かと面倒なことが多いメンヘラですが、その対処方法を紹介します。相手がメンヘラだとしても的確に丸く対処したいもの。

メンヘラと付き合うことで振り回されストレスが溜まり自分までもがメンヘラになってしまう人は少なくないのです。そのようなことがないようにも上手く対処できるようにしておきましょう。

徐々にフェードアウトをしていく

メンヘラ男子と関わりたくない!と思う女性はいきなりLineをブロックしたり、無視したりしてしまうのは避けてください。メンヘラはいつ何をしでかすかわからない存在なので、メンヘラ自身にも、あなた自身にも何をしでかすかわかりません。

なので、一度関わってしまった!と思ったら徐々にフェードアウトしていくようにしましょう。Lineが来ても2日に1回しか返さなかったり、「どうしてすぐに返事をくれないの?」と聞かれてもスルーしたりとやんわり「あなたと関わる気がないのよ」ということを伝えることがポイントです。

メンヘラに一度好かれると面倒くさいことが多いですが、「この人は俺とは合わない」と思った時点でメンヘラも別の誰かに乗り換えようとします。なので、メンヘラの連絡が一切来なくなるまで徐々に、徐々にフェードアウトしていくようにしていきましょう。

深入りをしない

どんなにメンヘラが良い人だと思っていても、所詮はメンヘラなんです。自分だけではなく、誰かを巻き込んでしまいます。

しかし、他人を巻き込むとしてもメンヘラは深入りをされなければ依存されることはもちろん、メンヘラを発動されることもないのでできるだけ深入りをしないようにしましょう。

ネガティブな発言をしても、自撮りを送りつけられても、連絡が頻繁に来ても適当に流して深入りしないことを心掛けていればメンヘラ男子も普通の男子と同じようになります。メンヘラ男子のメンヘラが発動するのは深入りをするからなので、深入りをしなければ大丈夫でしょう。

自分の常識をしっかり持とう

今回はメンヘラ男子の特徴と対処法を紹介しました。メンヘラ男子でもメンヘラ女子でも言えることがですが、メンヘラは自分の存在を認めてもらいたい欲が強い存在なので、一度深入りをしてしまうと抜け出すことはおろか、自分までもがメンヘラになってしまう可能性もあるのです。

メンヘラはいつどんな時も疎遠にされてしまう対象なので、そのことがないようにも自分の常識はしっかり持ち、常に客観視ができるようにしておきましょう。そうすれば、メンヘラと上手く付き合うこともできるし、自分がメンヘラになることはありません。

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2017 AllRights Reserved.