JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

【痛い女の特徴】男性からドン引きされている痛い女まとめ


いつの時代にも存在する「痛い女」。あなたが今まで生きて来た中でも痛い女は必ずいたと思います。また、女性なら誰しもが「自分は痛い女だと思われたくない」「痛い女になりたくない」と思うもの。

だけど、無意識のうちに人って痛くなっているものなんです。更に痛い人は自分のことを「痛い」なんてこれっぽっちも思っていないものですから、言われるまで気づけないこともあります。

なので、今痛い女になっていないか心配な女性や、どんな女性のことを痛い女だと指すのか知りたい女性はこの記事を参考に痛い女の特徴をしっかり頭に入れておきましょう。

男性は痛い女が嫌いです。そして、痛い女だと思われたらそこで終わりだと思ってください。自分が痛い女になっていないかこれからも意識しながら行動していきましょう!

VRでおっぱい三昧!
最強ハーレムを体験できるのはアダルトVRだけ!年間500万本以上も売り上げるアダルトVRの破壊力がヤバイ!
風俗体験も気軽にできる!リアルすぎてフル勃起間違いなし!
今すぐDMMのハイクオリティなアダルトVRを試してみよう! 一瞬で自宅が風俗店に!

痛い女の特徴


それでは痛い女の特徴を紹介していきます。どんな時でも痛い女はドン引きされ、話のネタになってしまうもの。

それだけは女性としても人としても避けていきたいところです。では、一体痛い女とはどのような女性なのでしょうか?自分の行動も改めて思い出しながら一緒に探っていきましょう。

一人称が自分の名前

「私は」ではなく「〇〇は」これ、めちゃめちゃドン引きされます。そして、私はまだこの癖から抜け出せていません。もちろん職場や人と交流する時は「私」を使いますが、家にいる時や親しい人と話すときはつい「〇〇は」と言ってしまいがちです。

だけど、これって本当に痛い女なんですよね。20代前半でもドン引きされてしまうことなのに、20代後半、30代、40代の女性がいまだに自分のことを名前で呼んでいたらドン引きどころの騒ぎではありません。

小さい頃から使っているとなかなか治りにくいですが、まさに名前呼びをしている人は「私」に直せるように努力をしましょう。また、可愛いと信じて自分のことを名前で呼んでいる女性はとんだ勘違いなので、すぐにやめるようにしてくださいね。

自分語りが多い

女性は男性よりも自分のことを語りたくなってしまう生き物。マシンガントークな女性も多くいます。

しかし、みんなで和気あいあいと話している時や、いい感じの男性と2人で話している時に「私ってさーこうゆう性格じゃん?」「私はこうだからさー」など、何でも私は、私は、と語ってしまう女性は痛い女認定です。これは間違いなく嫌われると言ってもいいでしょう。

思い出してみてください、喋っているのはいつも自分ばかりだったり、自分が喋っている時はあまり盛り上がらなかったりと感じたことはありませんか?

そんな女性は自分語りが多い痛い女だと思われている可能性が高いでしょう。また、自分語りは話し上手の部類には入りません。マシンガントークを避け、できるだけ聞き上手になるようにしていきましょう。

キャラ作り

アニメの中で通用するものと、現実の中で通用するものは全く別ですよね。例えばアニメで人気のあるツンデレキャラですが、現実の世界で「あんたのためにやったんじゃないんだからね!」と言われても「何言ってんだこいつ」ですよね。

更に「あんた本当きもい!」もアニメだから通用することであって、現実世界で言ってもただの性悪女です。これくらいなら誰でもわかることですが、稀にいくつになってもキャラ作りに必死な女性っているんですよ。

特に目立つのが毒舌キャラ。男女関係なく毒舌キャラは多くいますが、面白くもなんともなく人を傷つけているだけなんですよね。

必死にキャラ作りをする努力は素晴らしいですが、その努力は水の泡で、ただ痛い女になってしまうだけなので、ありのままの自分を受け入れられるようにしましょう。

インスタなどのSNSに必死

Twitter、Instagram、FacebookとSNSフィーバーが起こっている日本。テーマパークでも、スイーツでも今は何でもかんでも「SNS映え」という言葉を使っています。それくらいSNSが大流行していますが、男性はあまり理解ができないようです。

テーマパークに来ているとしても楽しみたい男性と写真を撮りたい女性。ご飯を食べるにしても早く食べたい男性と、写真を撮りたい女性。男性ではなくても、同じ女性の中には「SNSに必死になっていてウザい」と思う人もいるのです。

なので、いいね!が欲しいために一生懸命写真を撮っている姿だったり、人を待たせてまで写真を撮ったり、撮ってもらったりするのは完全なる痛い女性です。

更にモデルのようにキメポーズをした写真を載せているのは「いい年した女が何やっているんだ」「どんだけナルシストなんだ」と思われてしまいかねませんので注意してください。

年に合わないファッション・メイク

いつまでも若くいたい、わかります。いつまでも可愛い服を着ていたい、わかります。本当に年を取るのは残酷で、私も何回22歳のまま年を取りたくないと思ったかわかりません。

だけど、人は絶対に年を取ってしまうもので、年を取れば必ず「年相応」なファッションやメイクに変えていかなくてはいけません。いつまでも若く可愛くいたいのはわかりますし、男性だってそうであってほしいと思っているはずです。

しかし、20代、30代、40代の女性がいくら可愛く着飾ったってメイクをバチバチにしたって年相応ではなければただの痛い女になってしまうのです。10代が着るフリフリファッションと30代が着るフリフリファッションは全く違います。

20代がするツケマツゲと40代がするツケマツゲは全く違います。年相応なファッションやメイクにすることが一番の美しさだということを理解しなければ、いつまでも痛い女だという印象は消えていかないのです。

情緒が不安定

「女の涙は武器である」これに間違いはありませんが、涙が武器になるのはここぞという時だけです。

普段一切泣かない女性がここぞという時に泣くからこそ武器になるのであって何か気に食わないことがある度に「ひどいよ!」「どうしてそんなに私のこと責めるの!?」「あなたのせいで傷ついた!」と泣いていればただただウザくて痛い女になってしまうだけ。

「泣けばいいと思うな!」と思われかねない行動です。また、泣くのもそうですが、すぐに怒ることも逆効果。どんどんあなたが痛い女のレールに沿ってしまうだけなのです。常に自分に余裕を持ち、客観視できるようになれば情緒が不安定になることもなく、痛い女だとも思われません。

キャラグッズが溢れている

人の趣味はそれぞれですが、キャラクターを好きすぎると痛い女認定されてしまうのです。例えば国民的人気キャラクターのキティちゃんや、マイメロディなどは若い女性から大人の女性まで幅広い人気を集めていますよね。

「好き」「可愛い」レベルならまだいいんです、鞄の中のポーチがキティちゃんだったり、使っているボールペンがマイメロディでもいいんです。だけど、身につける物全てがキティちゃんやマイメロディ一色だと完全にアウトです。

アクセサリー、鞄、靴、服、ネイルにキャラクター物があればそれだけで痛いと思われてしまうのです。また、国民的キャラクターではなくてもアニメのキャラクターも完全にアウトです。

自分の中では最高に楽しく、素敵な趣味でもその趣味に全身を捧げてしまうと痛く見えてしまうのです。

自分のことを客観視できるようにする


今回は男性にドン引きされる痛い女の特徴を紹介しました。痛い女になっていることは自分ではなかなか気づけないものです。だけど、この記事を読んだあなたは自分のことを客観視できるようになったはず。

痛い女に当てはまっていたとしても、当てはまっていなかったとしても今日から常に自分のことを客観視することで、痛い女になることを避けることができるのです。そうすれば男性にはもちろん、女性にも引かれることはないでしょう。

-恋愛
-, , ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.