JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

男は嫉妬で愛情が冷める!わざと嫉妬させる女性のドン引き行動7選


女性なら誰しもが愛する人に嫉妬して欲しいと思うのではないでしょうか?いくら愛されている自信があっても、少しくらい嫉妬して欲しいと思うのが女性という生き物です。

男性は女性よりも感情を表に出さないので、本当に自分のことを愛してくれているかわからない時もありますよね。

なので、女性は自分が愛する彼だからこそ、嫉妬してもらうことでより愛情を感じるんです。また、自分が嫉妬しやすい女性なら尚更彼にも嫉妬して欲しいと感じるでしょう。

しかし、男女で嫉妬の価値観は真逆と言っていいほど違うのです。女性は嫉妬する=それほど好きだと思われると考えますが、男性は嫉妬する=その分冷めるのです。

なので、男性に嫉妬してもらおうと行動をすれば行動をするほど逆効果になってしまうということですね。女性は嫉妬をされることで愛情を感じるため、寂しいかもしれませんが、彼に冷められないようにもわざと嫉妬をさせるような行動は極力避けた方がいいということです。

では、わざと嫉妬させるような行動を取ってしまうと男性はどのようなことを思うのかを今回は見ていきましょう。

オナニーが10倍充実する!
ついにVRがアダルト業界に上陸!無修正よりも興奮するエロ動画があることを知っていましたか?
今だ経験したことはないという人は今すぐにでも体験するべきです!
無料サンプル動画も充実しているため、お試しだけでもする価値あり!
リアルすぎる疑似セックスの世界へ足を踏み入れてみましょう。
人生で最高に気持ちのいいオナニーができます。

わざと嫉妬させる女性のドン引き行動


それでは女性が嫉妬をさせるためによくやってしまう行動と男性の心理を紹介します。最愛である男性に嫉妬されたい、愛情を感じたいと思うのは当然のことと言えます。

だけど、それをしてしまえば男性は一方に冷めてしまうだけ。なので、今から紹介することをきっちりと頭に入れて彼に冷められないようにしましょう。

頻繁に男友達の話をする


嫉妬させたい女性がまずやる行動は彼の前で他の男性の話をする…ということではないのでしょうか?私もこれはよく使った手です。わざと「〇〇にご飯誘われちゃった!」「今日〇〇と偶然会って~」と言わなくてもいいような男友達の話をして彼の嫉妬心を奮い立たせたいと思っていました。

だけど、これは男性からしてみると「だから何?」なんですよね。多少は嫉妬もしてくれるかもしれませんが、本当に「へーそうなんだ、で?」という感じなのです。

更にこの行動はエスカレートしやすく、歯止めが効かずに「〇〇ってカッコいいよね~」「優しいんだよね~」とまるでその男友達の方が好きなようなニュアンスで話してしまうことが多いのです。

しかし、それでは当然のように彼の愛情は冷めていく一方ですので、男友達の話をするよりも、彼の良いところや感謝しているところを日頃から伝えることが大切ですよ。

彼以外の男性にボディタッチが多くなる

誰でも恋人が自分以外の異性に触ることは嫌ですよね。もし自分の彼が慣れ慣れしく他の女性に触っていれば「どうして触るの?」「そんなに仲が良いの?」と嫉妬に狂ってしまいます。

だけど、この気持ちが男性も同じだと思っていたら間違いです。あなたが彼以外の男性の腕に触れたり、髪を触ったり、ボディタッチが増えれば「軽い女なんだな」「モテたいだけだろ」と思われてしまうのです。つまり彼の目にはあなたが相当なビッチに見えるのですね。

ビッチに見えてしまえばどんどん彼からの愛情は冷めるどころか汚い物を扱うような扱い方をされてしまいかねません。本当に大切に扱われる女性はどんな男性にもなびかず、一途な女性ということを忘れないでくださいね。

元カレと比べる発言をする

これ、結構女性はやってしまいがちですが絶対にやってはいけない行動です!というか、女性でも元カノと比べられたら嫉妬するどころかムカついてどんどん愛情が冷めると思います。

それなのにも関わらず、嫉妬させたい一心で元カレと今お付き合いしている彼を比べるような発言をしてしまう女性が後を絶たないのです。

例えば「前の彼氏はこれくらいやってくれたのに、〇〇くんはやってくれないんだね」「元カレの方が優しかったなー」「元カレは私に好かれようと一生懸命尽くしてくれていたのに…」などです。

心当たりがある女性は結構いるはずです。だけど、元カレと今の彼を比べるような発言をしても、彼が「じゃあ負けないように頑張ろう!」と思うかと聞かれたら答えはNOですよね。

男性は特にプライドが高く、比べられることが嫌いな傾向にあるので、「そんなに元カレが良いんだったら元カレの方に行けばいいじゃん」と言われてしまうだけですよ。

スマホに夢中になっている


2人でデートをしているにも関わらず彼女がいつまでもスマホを離さずにずっと気にしているようなら「どうしてずっとスマホばかり見ているんだろう?」「もしかして男とやり取りをしているのではないか」と不安になりますよね。そこまでならいいんです。うまく嫉妬できています。

だけど「スマホばっかり見ているよね」と言われたらそこで終わりにしましょう。もっと嫉妬されたい!と24時間彼のことではなくスマホのことを気にすれば彼はどんどん愛情が冷めてしまいます。

更に彼以外の男性とLineをしていることや、トークを見せることは愛情が一気に冷めてしまいます。一緒に過ごしているのは彼自身ですから、スマホばかりに夢中になるのではなく、程よく嫉妬させたあとは彼のことも気にしてあげられたらパーフェクトです。

彼の友達を褒める

「あなたの友達の〇〇くんってすごくイケメンだよね!」「優しそうだからモテるでしょ?」自分の友達を褒められることは友達としても鼻高々ではありますが、彼女に言われるのはまた別の話です。女性もそうですが、彼氏が自分の友達を異様に褒めていたら嫉妬してしまいますよね。

そこで「自分磨きを頑張らなくちゃ!」と思うのが女性ですが、男性は「俺ってそんなに愛されていないのかな?」と思ってしまうのです。

人の事を褒めるのは素晴らしいことですが、男性は身内だからこそ褒められすぎると自信がなくなり、愛情も冷めてしまうことを忘れないようにしましょう。

元カレとの写真を見せる

恋人と別れたら思い出の写真や品は処分する人が多いですが、写真が画像フォルダやSNSに残っていたり、友人が残していたりすることがあると思います。押し入れにプリクラやアルバムが残っていることもあるでしょう。その写真を「嫉妬させられるラッキー!」とわざと見せる女性もいます。

だけど、その行為は完全にアウトなんです。わざわざ今お付き合いをしている彼氏に見せることで「どうしてわざと見せつけてくるんだ?」「性格悪すぎだろ!」と思われることもあるし、「昔の男を引きづっている」「残しているなんて未練タラタラじゃないか」と思われることもあるのです。

それって、最悪じゃないですか?女性がどんなに嫉妬させたかっただけなの!と言っても男性には未練タラタラの性格が悪い女性にしか映りません。

言い寄られて困るなどのモテ自慢をする

もちろん自分の恋人が誰かに取られてしまうなんて考えたくもないことですよね。自分だけを見て欲しいのに「職場の人から告白をされてしまって…」「言い寄られて困るの…」なんて彼女から報告されたらいつ他の誰かに取られてしまうんじゃないかとドキドキすると思います。

実際この手は結構使えて目に見えて彼が焦ってくれるので「嫉妬されている!」と実感ができますが、あまりにもモテて困るということをアピールすると逆効果になってしまいます。

というか、むしろこちらの虚言だと思われてしまうこともあり、痛い女だと思われる可能性があります。更にモテ自慢をし続ける事で「モテる」ことではなく「自慢」するところがピックアップされてしまい、不快感を与えてしまいます。

嫉妬させなくてもわかる彼の愛情


男性に期待をしてしまう女性は多少オーバーなことがない限り男性の愛情を確かめることができません。だけど冷静に彼のことを観察していれば、たとえオーバーではなくてもあなたに対して愛情を与えている場面が多く見受けられます。

それを理解することができれば、嫉妬をさせたいと思うことも、嫉妬のさせすぎで冷められることもないのです。それでは、嫉妬させなくてもわかる彼の愛情とは一体どこで見えるのでしょうか?彼の行動を改めて考えながら見てみましょう。

ワガママを聞いてくれる

彼女だからワガママを聞いてくれることを当たり前だと思っている女性はたくさんいます。「私が頼んだらどうせやってくれるだろう」「私のワガママは聞いて当たり前」なんて思っている女性もたくさんいるんです。

だけど、彼女だとしても他人のあなたのワガママを快く聞いてくれることって冷静に考えたら凄い事ではないでしょうか?愛が無ければ1人の女性のワガママを何度も何度も聞いてくれるはずがありません。

あなたのことが大好きだからこそ多少無理をしてもワガママをできるだけ聞いてあげたいと思うのです。それでもそのことを当たり前だと思っていれば当然彼の愛情に気づけるはずもないですよね。

しかし、あなたのワガママを聞いてくれる男性は一体この世の中に何人いるのでしょうか?少し考えたらわかるはずです、愛が無ければ多少無理なワガママなんて聞いていられません。

積極的にスキンシップをとってくれる

どんなにクールな男性だとしても、大好きな彼女には自らスキンシップをとるものです。手を繋いできたり、肩を寄せてきたり。メイクをしている女性からしてみればできるだけ触らないで欲しい顔を触ってきたり、ほっぺたをつまんだりするのもあなたの存在が愛おしいからこそしていることです。

愛おしくなければあなたのことなんて触ることすらないでしょう。また、クールな男性は嫉妬をしてもわかりにくいし、普段から愛情を貰っているか不安になってしまうもの。

だけど、よく考えてみると普段からスキンシップが多いと思いませんか?付き合っているから当たり前だと思っているスキンシップも彼らなりの愛情表現だということを理解してください。むしろ、スキンシップがなくなった時から冷め始めていると言っても良いでしょう。

いつでも自分を優先してくれている

あなたがこれをやりたい、これが食べたいと言ったらいつでも自分の意見より優先をしてくれる彼、言わずともあなたのことを愛しているからこそできる行動ですよね。あなたにこれっぽっちの愛もなければまず優先してくれることはあり得ません。

自分の欲があるのであれば、自分の欲のまま動くでしょう。それでも優先してくれるということは、あなたのことがそれほど好きで、それほど愛おしく、離れたくない存在だからです。

人間誰でも大好きな相手が望むことはできる限り叶えてあげたいもの。だから、愛されているとわかって彼に感謝をしている女性は自分に自信と余裕があるので、嫉妬させたいなんて気持ちが芽生えることがないのです。

彼の存在と行動は当たり前ではない

お付き合いをしていれば付き合っていることも、好きでいることも当たり前だと思ってしまいがちです。「私のことを好きなんて当たり前」「私に尽くすなんて当たり前」「私と付き合っているなんて当たり前」全てが当たり前だと感じてしまうのですが、全てが全て当たり前なんてことはありません。

このことが当たり前だと思っているから、あなたは嫉妬させたいなんて気持ちが芽生えるのです。当たり前のことが当たり前だと理解することができれば、あなたが彼の愛情が足りない、彼に嫉妬してもらいたいなんて気持ちにはなりません。

彼のどんな行動でも「当たり前」ではなく「愛情があるからしてくれる行動」だと思うことができればあなたは自分の自信にも繋がるし、心にも余裕ができるのです。嫉妬させるという行動は「彼の行動が当たり前だと思っている女性の証」だということを忘れないでください。

相手の気持ちを考えながら行動する

今回は男性がドン引きするわざと嫉妬させる女性の行動を紹介しました。同じ女性だからこそわかることですが、やはり大好きな彼には嫉妬をして欲しいし、嫉妬されれば愛情を感じることができます。

それでもやりすぎには注意で、嫉妬をさせるならまずは相手の気持ちを考えながら行動していかなければいけません。仮に嫉妬させることに成功してもどんどんエスカレートしていけば当然彼の愛情が冷め、最悪別れに繋がることもあるのです。

なので、どんな時でも嫉妬させる加減というのを見極められるようにしていきましょう。ただ、嫉妬をさせなくても彼の愛情がわかる行動を知ることができました。全てのことを当たり前だと思わずに過ごしていればあなたはわざわざ嫉妬させる必要がないのです。

これから嫉妬させたいと思っている女性は今一度この記事を参考に本当に嫉妬させるべきなのかを考えてみるのも良いでしょう。何はともあれ彼の気持ちを考えて、彼自身のことも大切にしてくださいね。そうすれば今よりももっと良い恋愛ができること間違いなしですよ。

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2017 AllRights Reserved.