JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

セカンドパートナーは不倫じゃない?【妻以外の女性を欲しがる理由】

近年友達以上不倫未満の関係であるセカンドパートナーを持ちたいと考える男性が増えています。セカンドパートナーとはパートナー以外の女性と一緒にいることで精神的に満たされるものです。

芸能人の不倫騒動が各所で問題視されていますが、そんな中新たな恋愛の形であるセカンドパートナーの人気が出始めたのも事実です。やはり現代人はどこかで恋愛を求めている傾向にあるということなのでしょうか。

ところでセカンドパートナーとは実際はどのような男女の関係を指す言葉なのでしょう。セカンドパートナーという言葉を知っていてもなかなか詳しく説明できると言う方は少ないと思います。

そこで今回は、セカンドパートナーとはどのようなものなのかということをご紹介します。

オナニーが10倍充実する!
ついにVRがアダルト業界に上陸!無修正よりも興奮するエロ動画があることを知っていましたか?
今だ経験したことはないという人は今すぐにでも体験するべきです!
無料サンプル動画も充実しているため、お試しだけでもする価値あり!
リアルすぎる疑似セックスの世界へ足を踏み入れてみましょう。
人生で最高に気持ちのいいオナニーができます。

30代くらいから増え始めるセカンドパートナーの特徴

既婚者が増え始める30代くらいから同じように増え始めるセカンドパートナーには不倫とは違うルールが存在するのです。このあとご紹介しますが、セカンドパートナーとの関係を楽しむ人々はそのルールにのっとって大人の関係を楽しむのです。

まずはセカンドパートナーの基本を知るために不倫とは違うセカンドパートナーの特徴についてご紹介したいと思います。

離婚の原因になるようなことがあってはならない

セカンドパートナーの特徴として「離婚の原因になるようなことはしてはいけない」というルールがあります。

つまり、パートナー以外の異性との関係を築いてこのあとご紹介するようなさまざまな恩恵を受けるのですが、セカンドパートナーはその名の通り「2番目」なので絶対に「1番目」の女性の邪魔をしてはいけないのです。

たとえ肉体関係がなくても妻がセカンドパートナーの存在に気付いて嫌がり、別居などに発展してしまった場合、これは離婚の原因につながっているためこの時点でアウトなのです。

手をつないだりハグはOK

妻にセカンドパートナーの存在を知られてしまい、嫌がられてしまえばそのセカンドパートナーとの関係は続けられなくなってしまいます。

しかし、容認されている場合や関係を知られていない場合、手をつないだりハグ程度ならする場合が多いです。男性は、セカンドパートナーと手をつなぐことやハグをすることで安心感や心の安らぎを得るのです。

精神的な安定を欲している30代以上の人々は、それ以上の関係がなくても十分気分が満たされることがあるのです。

キスや肉体関係ありの場合は不倫になる

手をつないだりハグをすることはありますが、キスや肉体関係はありません。それをしてしまうと二人の関係は不倫関係になってしまいます。

セカンドパートナーとは肉体的つながりではなくあくまで精神的なつながりによって安らぎや安心感を得るものなので、そこに肉体関係が発生してしまうとそれはただの不倫になってしまうのです。

不倫になってしまえば当然離婚の原因になってしまうということです。キスや肉体関係が離婚の原因になってしまうということは明白なので、セカンドパートナーのルールに反しているということになってしまいますよね。

先ほども述べたようにセカンドパートナーは離婚の原因になってしまってはいけないというルールがあるのでこれは完全にアウトです。

会う頻度は2日に1回程度と多め

会う頻度は人によって異なりますが、2日に1回程度(週に3~4日程度)と頻繁に会うという方が多めです。中には毎日会うという方もいて本妻よりも長い時間一緒にいるという方も少なくありません。

男性がセカンドパートナーを欲しがる理由

それでは男性がセカンドパートナーを欲しがる理由を説明していきたいと思います。どうして男性たちは愛する妻を持ちながら別の女性をセカンドパートナーにしようと考えるのでしょうか。セカンドパートナーの魅力について説明していきたいと思います。

結婚しているけど恋愛がしたい

長年同じ妻と一緒にいると次第にドキドキ感を得られなくなってきます。それはカップル気分から徐々に家族気分に気持ちが移行していくことが原因なのですが、人間なのでそれは仕方のないことなのです。

これは別に悪いことではなく当然と言えば当然のことなのですが、ドキドキ感がない生活に満足できない人は次第に恋愛するドキドキ感を味わおうとし始めます。すると不倫やセカンドパートナーを作り始めるのです。

そんな中でも不倫はちょっとハードルが高いと感じる男性はセカンドパートナーを選ぶ傾向が強いです。

セカンドパートナーから恋愛するドキドキを得て妻とは今まで通り生活していく。なんとも都合のいい話のように思えますが、セカンドパートナーには妻からは得られない気分を得ることができるのでメリットが大きいのです。

趣味の会う女性と話がしたい

結婚相手である妻と必ずしも趣味が合うとはかぎりませんよね。むしろ全く違う趣味の夫婦の方が多いのではないでしょうか?

そんなときに趣味の合う女性と出会って意気投合してしまうとセカンドパートナーにしたいと考えるようになる男性もいます。

趣味の合う異性がいるとそれだけで話題に尽きることはなく楽しいと考える男性も多く存在するので、趣味を異性と楽しみたいと考えている男性は共通の趣味のセカンドパートナーを欲しがるのです。

妻以外の女性に話を聞いて欲しい

結婚をしているとどうしても結婚生活での不満のような妻には話せないことが出てくることがあります。

そんな話は当然妻にするわけにはいかず友人や親兄弟に愚痴ることになるのですが、そんなとき妻と同世代の女性がいると話を聞いてもらえた上で参考になる意見がたくさん聞けるので重宝します。

妻以外の妻と同世代の女性に話を聞いてもらい意見をもらうことで安心感が得られ、妻との関係もうまくいくようになるのです。

妻の話を聞いてもらうことで自分が安心感を得られ家庭をうまく回すことができるようになると考える男性はセカンドパートナーを欲しがるのです。

心のつながりが欲しい

結婚生活がマンネリを迎えて妻との関係に隙間ができた夫婦の男性は、どこか心が満たされない日々が続きます。妻と付き合っていた時代は満たされていた気持ちも結婚をして時間が経ち関係が落ち着いてくるとそんな現状に満足できずに心のつながりを求め始めるのです。

本来ならばそれは妻に埋めてもらうべきところなのでしょうが、結婚生活があまりうまくいっていないとお互いの気持ちにはどんどん溝ができてしまうのです。そしてそんな夫婦の関係に溝ができた状況でも離婚までは考えられないという場合に男性はセカンドパートナーを求めるようになるのです。

心のつながりが強いセカンドパートナーになればなるほど男性の妻からは満たされない気持ちはセカンドパートナーによってどんどん満たされるようになるのです。

このように妻との心のつながりが薄く、妻以外の女性から心のつながりを強く求めてしまう男性はセカンドパートナーを欲しがる傾向にあるのです。

セカンドパートナーを持つメリット

セカンドパートナーを持つことはあまりよくない印象を受ける方も多いかと思いますが、セカンドパートナーを持つことにはメリットもたくさんあります。

ここではそんなセカンドパートナーをもつことのメリットをご紹介したいと思います。

本妻との生活のスパイスになる

本妻との生活にマンネリを感じていたり離婚まではいかなくとも関係が冷え込んでいる場合、セカンドパートナーを作ることで冷え込んだ本妻との関係にも刺激を与えることができます。

それはセカンドパートナーと一緒にいることで「妻はこうだな」「妻もこうしたら喜ぶのかな」ということが考えられるようになることがあるという刺激でこのようなことを考えられる男性なら本妻との関係のスパイスになるのです。

セカンドパートナーとの関係から本妻との関係に刺激を得ることで本妻といるときにも相手を思いやる気持ちを持つことができるようになるので以前よりは本妻との関係もよくなるのです。

セカンドパートナーがいることで本妻に対する対応がよくなり、その結果関係も良好になる場合、セカンドパートナーの存在を黙認する本妻もいるほどです。

常に若々しくいられる

セカンドパートナーとは肉体関係はないものの心の中で恋愛を楽しんでいる状態ですから結婚生活で長らくサボっていた外見や内面磨きを再開する男性も多くいらっしゃいます。

常に男らしく見られたいという気持ちでセカンドパートナーとの関係を楽しもうとするので「筋トレ」や「生活習慣の見直し」などできる限り心身ともに男としての魅力をどんどん上げていこうとするのです。その結果常に若々しくいることができてより魅力的な男性になるのです。

セカンドパートナーを作ることは自分をより男らしく若々しくさせるということにつながることもあるのでそのような面でもメリットがあると言えるでしょう。

心に余裕が持てる

常に男らしく、若々しくいられると心に余裕が持てるようになります。すると男性は周囲に対する反応がやさしくなったりおおらかになったりするのです。

セカンドパートナーを持つことで心に余裕を持つことができるようになるとこのような変化を自身に感じることができるようになるというメリットがあるのです。そのため、自分磨きをするきっかけにつながるセカンドパートナーを率先して欲する男性もいるほどです。

セカンドパートナーの探し方

セカンドパートナーが欲しいと思ったとき都合よくそんな女性がすぐに見つかるとは思えませんよね。

そんなときどうやってセカンドパートナーという心のよりどころを見つけるかをご紹介していきたいと思います。

セカンドパートナーを探そうと思ったときはくれぐれも「セカンドパートナーのルール」を忘れないようにすることが肝心です。

セカンドパートナーにする女性に変な気を起こさせないためにも関係を始めたいと思ったときは最初にきちんと「家庭があるから肉体関係を持つ気はない」という点をしっかり伝えておきましょう。

会社

毎日一緒に仕事をすることで相手の女性がどのような人間なのかをある程度判断することができます。

また、時間がとりづらい社会人にとって職場で会えるということはわざわざ会う時間を調整しなければならないというデメリットも解消されます。そのため本妻にも存在がバレにくいというメリットがあるのです。

職場はセカンドパートナーと出会うのにとても向いている場所と言えるでしょう。

SNS

今の時代はSNSを使えば簡単に世界中の人と繋がることができます。自分の趣味や興味のあることから同じような趣味を持つ女性を探し出して繋がり、そのままセカンドパートナーにしていくことも可能です。

まずはSNSで気の合いそうな人を片っ端からフォローしていき「いいね」やコメントでどんどん仲良くなっていくことから始めてみましょう。

女性と繋がる場合、SNSでも現実の世界同様コミュニケーション能力がとても重要になってくるのでしっかりコミュニケーション能力を磨いておきましょう。

趣味のイベントなど

イベントなどは同じような趣味の方と繋がるのにとてもよい場所です。趣味のイベントなどを通じてパートナーを見つけるという人も多くいるので、セカンドパートナーも同じように探してみると良いでしょう。

事前にSNSなどを使って仲良くなっておくとよりスムーズに出会うことができるのでオススメです。

出会い系

出会い系はパートナーを探すうえでかなり有効な方法です。

ひと昔前までの出会い系と言えば「詐欺」「危険」などのイメージがあったという方も多いと思いますが、最近の出会い系は大手なら運営がしっかりしている場所が多く危険性は極めて少ないのでオススメです。

いざというときの切り札に

今回は、セカンドパートナーとはどのようなものなのかその実態についてご紹介しました。

男女の関係にはさまざまな形がありますが、セカンドパートナーもそのうちの一つで現在増えているということは、そのような形の関係を欲している男性が増えているということなのでしょう。

「妻とうまくいっていなくても離婚までは考えられない」そんなときセカンドパートナーを作れば精神的な安定を得ることができ家庭を円滑に回すことができるという考え方が現代の男性の考えにマッチしているのかもしれませんね。

既婚者のみなさんは、セカンドパートナーを作るも作らないも自分次第ですが、そのような選択肢で離婚を回避できる可能性があるということも知っておきましょう。

そして、セカンドパートナーはいざというときの切り札として存在すると考えておくと結婚生活にもゆとりが持て家庭が円滑に回る可能性があるでしょう。

-恋愛
-, , ,

Copyright© JUCY , 2017 AllRights Reserved.