JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

その面倒くさい性格をどうにかして...彼女に面倒くさいと思う瞬間


付き合っていれば嫌でも面倒くさいと感じてしまう瞬間があるのは仕方のないことですが、ほとんどは大した内容ではなくすぐに忘れることができますよね?

女性は面倒くさいことでも長い時間をかけて真剣に立ち向かえることができますが、男性はとにかく面倒くさいことが大嫌い。面倒くさいことが続くと気持ちが一瞬で萎えてしまうことも。彼に面倒くさい女だと思われないように気を付けていきましょう!

【VR】三上悠亜の最新作登場!
あの超有名アイドルがVRアダルトに登場!年間500万本以上も売り上げるアダルトVRの破壊力がヤバイ!
彼女もハーレムも風俗も!VRならなんでもできる!
今すぐDMMのハイクオリティなアダルトVRを試してみよう! アイドル彼女とラブラブセックスしませんか?

面倒くさい性格をどうにかして...彼女に面倒臭いと思う瞬間

いくら恋人のことが好きでも面倒くさいと感じてしまうと、好きな気持ち以前にどうでもよくなってしまうのが男性。彼の気持ちがどんどん下がっていき、他の女性の優しさが余計目立って「自分の彼女もこんな風に優しければ」なんて思ってしまうことも多々ありますが、それでも別れないのはいくら面倒くさくても彼女のことがまだ好きだから。

好意がまだあるうちは大丈夫ですが、面倒くさいことが繰り返されれば繰り返されるほど好意はなくなっていき、喧嘩や別れの原因にもなります。そんな最悪の事態を避けるためにも自分が面倒くさい行動をしていないか気づいてください!今回は彼に面倒くさいと思われている行動とその対処法を紹介していきます。

別れるが口癖

自分の思い通りに事が進まないとすぐに「じゃあもういい、別れる」なんて言い出す女性っていませんか?本当は別れる気なんて全くないけど、「別れる」と言えば彼が謝ってくれるからすぐに口走ってしまう女性は結構いらっしゃいますが、面倒くさいのはもちろんかなりドン引きします。

自分に対する彼の気持ちを利用しているこの行動、自分は「別れたくないんだ」と安心感が得られますが一方言われる方の気持ちを考えてみてください。事あるごとに「別れる」と言われたら最初は相当傷つくし、10回目ぐらいから「別れると言えばいいと思っているんだろ」と面倒くさくなります。

この言葉を言われる方はかなりストレスが溜まるのです。いつまでもその口癖を直さないで過ごしていたらいつか本当に彼から「じゃあいつも別れたがっているし本当に別れよう」なんて言われ、最悪の事態が起こります。本心ではないのに「別れる」が口癖の女性は今すぐにその口癖を封印しましょう!

過去の話をする

付き合い始めは理想的な男性だったけど、慣れてきたら何となく素っ気なくなってしまう男性っていますよね?男性は好きな人には良い恰好をしていたいので、付き合い始めは嫌われたくない一心で相当尽くしてくれますが、だんだん慣れていくと扱いも最初の頃と比べ雑になっているように見えます。

女性は雑になっている彼に不満を抱え「昔はよかったのにね」「あの頃が一番幸せだったよ」と言ってしまいがちですが、男性は「昔は昔」と考えているため昔のことを言われても面倒くさいだけ。昔のようにまた愛してほしい期待を込めて言っているのでしょうが、男性はそんな回りくどい事を言われたら余計に萎えてしまいます。

彼が最初の頃と雑になったのはあなたの事が好きじゃなくなったのではなく、好きな気持ちは一緒だけどあなたに素を出してくれているということ。好きという気持ちには変わりないので、今の彼を精一杯愛してあげましょう!

自分の意見を押し付ける

自分の意見や価値観を持っていることは大事な事ですが、相手の意見も聞かずに自分の意見を押し付けてしまうのはやめましょう。「俺はこうだと思うからこうした方が「いや絶対こうした方がいいから、私の方がわかっている」いやいや、話し終わる前に割り込むの、やめません?

男性は否定されることが嫌いなので、彼の意見を否定し続けて自分の意見ばかり肯定していると嫌気がさし、「面倒くさい女」だと思うようです。自分の価値観に囚われず、様々な考えの幅を広げていくためにも、自分が正しい考えは一度置いて、彼の意見や価値観を積極的に聞いてあげましょう。

弱音ばかり吐く

「どうせ私なんて生きている意味ないよ」→「そんなことないよ」→「いや、意味ないの!」慰めても「でもでもだって」と弱音ばかり吐き続ける女性を結構見ますが、一体何をいてあげるのが正解なのでしょうか?

今まで自分を肯定されたいがために弱音を吐いているものだと思っていたのですが、いくらこちらが肯定しても弱音を吐き続ける姿に疑問に思ってしまったと同時にかなり面倒くさいです。

たまに弱音を吐くぐらいなら「自分の前で弱音を吐いてくれているなんて信用されていて嬉しいな」と感じますが、毎回のように弱音ばかり吐かれていたら彼の気持ちも下がってしまいます。男性が好きなのはネガティブな女性ではなく、ポジティブな女性。弱音ばかり吐くのではなく、明るい話題で盛り上がりましょう!

気づいたら面倒くさい女を超えてモラハラ女子に


彼氏にするならやっぱり優しい人がいい!それはほとんどの女性が思っているもの。優しさの定義は人それぞれですが、話を聞いてくれる、包容力がある、言うことを聞いてくれる、心の広いタイプの男性を優しいと思うのではないでしょうか。

その優しさに漬け込んで、何を言ってもどんな行動をしても文句ひとつ言わない彼に甘えないでください。気づいたときには「モラハラ女子」になっているかもしれません!

モラル・ハラスメント(仏: harcèlement moral、英: mobbing)とは、モラルによる精神的な暴力、嫌がらせのこと。俗語としてモラハラと略すこともある。

「モラルハラスメントがどれほど被害者の心身の健康に破壊的な影響を与えるのか、その恐ろしさを嫌と言うほど見てきた。モラルハラスメントは、精神的な殺人である」とも述べている。[5]

引用元:Wikipedia

いつまでも彼の優しさに甘えていたら自分は自分の悪いところに気づけないまま成長しませんし、周りの人から見ても「わがままな女」だと思われ自分の評価が下がるだけ。面倒くさい女にもモラハラ女にもならないように、彼の気持ちに立った時、客観視した時に自分はどう見えているのかよく考えて行動しましょう。

面倒臭い彼女ではありませんでしたか?

当てはまっていた方がいたらもう既に「面倒くさい」と思われているはず。女性が男性に女心を理解してほしいと思うように男性も女性に男心を理解してほしいと思っています。

「面倒くさい」は「嫌い」の始まり。面倒くさい女にならない為には、自分の気持ちだけを優先するのではなく彼の気持ちと照らし合わせながら行動すること。男性は面倒くさいことがとにかく大嫌いな生き物なので、あなたの少しの行動が最悪の結末にならないようにこの記事を参考に男心がわかる良い女になりましょう!

 

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.