JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

ラブライフ満足?満足度の高い国から学ぶ、日本のセックス事情徹底分析!


突然ですがアナタはラブライフに満足していますか?ラブライフつまりパートナーとの性生活です。アナタはパートナーとのセックスに満足していますでしょうか?カップルや夫婦の間でもセックスレスなどの問題でセックスに満足していると言える人は少なくなってきているでしょう。

VRで夢のエロ体験しませんか?
大人気女優「明日花キララ」の全力VRも配信中!年間500万本以上も売り上げるアダルトVRの破壊力がヤバイ!
ゴーグルをつければそこはもう夢の空間です。美女とのセックスに溺れてみませんか?
DMMなら無料お試し作品も視聴することができます! 人生で最高オナニーはもうすぐそこです。

セカンドバージンとは?

セックスレスとは特に病気などの理由なしに一か月セックスが出来てない状態で問題とされていますが数年間もセックスをしていないような状態「セカンドバージン」と呼び、「セカンドバージン」というタイトルのドラマや映画によって取り上げられるほどセカンドバージンの女性は多く存在しているのでしょう。

セカンドバージンの苦悩

セカンドバージンの女性の多くは不安を感じている事が多いです。「このまま抜け出せなかったら?」「このままだと女として終わっている?」「愛のあるセックスをしたい」様々な悩みを抱えています。「セカンドバージン」の経験した女性はしばしば強い不安に襲われます。

ふと「このままだと女としてどうなの?」という現実に直面し「女性として潤っていたい」と願いを込めて、せめてもの気休めに女性ホルモンが活発になるというサプリメントをすがる思いで飲むのです。ちょっとどうなの?と思う対策かもしれませんが気づけば数年セックスしていないと気づいてから切実な悩みとなるのです。

大きくわけて女性たちは二つに分けられます。パートナーがいない女性たちとパートナーがいる女性たち。パートナーがいない女性にとっても切実な悩みですがパートナーがいる女性たちにとってもセックスレスやセカンドバージンという問題は切実な悩みです。

理由は様々ですがセックスレスやセカンドバージンの問題を抱えているカップルや夫婦は少なくないのです。またパートナーとのセックスに満足していない事も多いでしょう。

ラブライフに満足度の高い国ランキング

日本はセックス満足度が世界最低という事を知っていますか?下記データはラブライフ満足度の国別ランキングです。

10位:中国
調査結果に参加してくれた成人の人々のなんと78%が少なくとも週に1度はセックスしているというなかなか驚きの結果が。そして毎年上海で行われているセックストイなどが展示される通称セックス・エキスポは12年間も大絶賛開催中だそう。

9位:ドイツ
学校や職場なんかでもオープンに自分の性生活について討論を繰り広げると言われているドイツチームからは30%の人達が公共の場でセックスの経験があったり、32%の人達が一夜限りの経験があったりとなかなか興味深い結果も。

8位:ブラジル
調査に参加したブラジリアンの82%の年間セックス平均回数は145回! 週計算してみるとざっくり週3回は楽しんでいるようです。さらにブラジルは調査した国の中で最も初体験の年齢が若かったという調査結果も出たそうです。

7位:オーストラリア
素晴らしい自然に恵まれたオーストラリアからは、ドライブの途中でセックスをするのが好きという面白い結果が。調査対象75%が今までのカーセックスを楽しんだことがあると答えていたよう。

6位:スイス
調査したスイス人の21%が自分の現在の性生活に大満足と答えているスイス。ちなみにスイスは幼稚園の頃から性教育を行っているそうですよ。

5位:オランダ
チューリップや画家ゴッホなどで有名なオランダですが、その側面で合法の売春やドラッグなどがある不思議な国オランダ。国内にはいくつものヌーデストビーチがあり、なんだか乱れているような雰囲気をうけますが、学校での性教育はかなり発展しているそう!

4位:スペイン
男女ともに情熱的でロマンチックなスペイン人たちの調査対象25%が、自分達の性生活の「◎」を掲げており、結果からは世界で最高のボーイフレンドはスペイン人であることも見受けられたそう。

3位:ギリシャ
ギリシャは常に殿堂入りしているわけですが、結果から調査に参加した人たちの平均セックス回数は年間164回、週計算すると余裕で3回を上回っているということに!! そんな彼らの51%が自分たちの性生活に大満足のようです。

2位:インド
初体験の平均年齢が22歳と調査対象となった国の中では最も年上だったインド。世界最古の性愛文学書カーマ・スートラを持つインドの調査対象なんと61%が現在のセックスライフをハッピーだと感じています。

1位:メキシコ
第1位となったのは、南アメリカに位置するメキシコ! スペインの負けず情熱の国としてしられるメキシコの調査対象63%が自分の性生活に満足していると答えダントツ1位に。しかしメキシコ、性犯罪が絶えないという暗い面も持ち合わせているのも事実のよう。

引用元:女子力アップグーガール

このような結果が出ています。1位~3位の国は対象の半数以上の人が満足と答えています。日本では考えられない事です。では日本のセックス事情のデータはどうなのでしょうか?

日本のセックスの満足度


日本では満足できていない人が40%、満足できている人が20%と言います。満足できていない人が満足できている人を上回っている数字から見ても、実際に私たち日本人の中でセックスライフに不安を抱える人たちが多くいるという現実を実感することが出来ます。

日本人で週に一回セックスをしているという人は34%で、満足度ランキング10位以内に入っていないアメリカでも週に一回セックスするという人は53%もいるのです。

満足度というのは回数だけではないはずです。愛する人とセックス出来ているのか?気持ちのいいセックスができているのか?そういう要素も大切だと言えますが日本人のセックスの回数が少ないという理由も満足度が低い理由の一つであり、回数の問題こそセックスレスやセカンドバージンという問題を深刻にさせているとも考えられます。

回数が少ない理由はさまざまでしょう。仕事が忙しい。価値観が多様化していて趣味などに没頭している時間が長いなどが考えられます。しかしセックスとは男女の間にかかせないコミュニケーションのはずです。

愛のあるセックス」と言うように愛するカップルの間では自然と求め合う事の出来る愛の証なのではないでしょうか?その愛ある行為が満足できていないと言う日本には「愛」がないのでしょうか?それとも日本の「愛」の形は別にあるのでしょうか?

ほかの国との違い

根本的に日本は正しい性教育が遅れているといいます。海外では正しい性教育をしっかり行っています。

性教育が遅れている日本人はセックスに対してネガティブなイメージがあると考えられます。性教育が必要な年ごろに体の発育についてからかわれたり「下ネタ」として面白おかしく取り上げたり、家では親のいる部屋でテレビをみている時にベッドシーンになると気まずい空気が流れる…

なんて経験は誰しも記憶にあるのではないでしょうか?そんな環境で育ってきた私たち日本人は「セックス」にたいしてオープンになれない国の文化だと言えます。

では満足度ランキング一位のメキシコはどうでしょうか?半数以上の人が満足している結果を見ると、日本人としてはメキシコのパートナーたちを羨ましく思ってしまいますね。

しかし満足度ランキング1位のメキシコは性犯罪についても悩まされているのです。日本は性犯罪が多発しているとは言え女性にとっても比較的治安の良い国だと言えます。

愛のコミュニケーションであるセックスの満足度が一位のメキシコがそのセックスである性犯罪の増加に悩まされている現実。セックスとは愛ある行為の一方、許すことの出来ない悲しい犯罪に姿を変えてしまうのです。性犯罪とセックスについては何か関係があるのでしょうか?

日本の風俗とセック満足度の関係


日本で性犯罪の防波堤となっているものとして性風俗店があるからと言います。日本は風俗大国であり駅前に大きく風俗店の看板を出しているなど性風俗に関してはオープンな国ではないでしょうか?

国がしっかり取り締まっているのでオープンに出来ていると言えます。今は風俗店も風俗で働く女性たちも増えてしまい、需要と共有のバランスが崩れてしまっているという現状です。性風俗が盛んな日本は性犯罪抑止とともに、さらに愛のあるセックスを遠ざけているのではないでしょうか?

風俗業界をリアルに見てきた女性の視点から見ると理由は3つあります。

ネガティブなイメージ

やはり街を歩いていて見かける風俗店の看板は「性」についてネガティブなイメージを持ってしまいます。セックスの回数が少ない日本人ですがAVを見た事のある男子学生は約8割というデータがあります。

AVや風俗に関して興味がある男性は多くいると言う事になります。女性は「心でセックスする」と言いますが、そんな女性にとって男性の風俗遊びが理解出来ないでいたりします。もしくは「男性は風俗に行くもの」と言う偏った理解が男性とのセックスを遠ざける心理状況にさせている可能性が高いです。

風俗で働く女性が増えた

少し前まではハードルが高い職種だったように思えますが近年そのハードルが低くなっています。需要と供給のバランスが崩れてきているのです。おおよそ20人に1人は風俗のお仕事をしていると言われていて、都内では10人に1~2人とも言われています。

それほど風俗で働く女性が多いという事は、それだけ嫌な思いをしている女性も多くいると考えられます。性サービスを仕事にしているという事はいい事ばかりではないはずです。好きじゃない人との肌の触れ合いがストレスになる他にも相当なストレスを抱えるでしょう。供給側が増えた事によって客取り合戦となり精神的にも不安定になっている事も多いでしょう。

このお仕事の経験により愛のあるセックスの素晴らしさを実感する女性もいるはずですが性についてトラウマを抱えてしまう事も少なくないはずです。

愛のあるセックスの追求

このような日本の風俗事情を踏まえると「興味のあるセックス」「遊びのセックス」「性サービスを提供している職業の発展」ではなく「愛のあるセックス」を求めてしまっていると考えられます。セックスに対して慎重になり自分を守っているのです。それは病気が怖いからと言う事ばかりではなく「傷つきたくない」という純粋な思いから自分を守ろうとしている傾向にあります。

セックスをスポーツのように楽しむ事もありますがセックスついて悩んでいる女性たちの多くは「愛のあるセックス」を求めて慎重になっていると言えます。やはり「セックス」とは愛のある行為だという事を本能的に感じているのです。

だとすると日本人にもしっかりセックスを求める「愛」はあると考えられます。国民性はあるものの、根本的には世界共通としてセックスは愛のある行為であり愛する人には求めたいし、求められたいのです。

セックスの満足度が上がるとどうなるのか?


セックスを通してカップルの間の愛は深く強く結びつくことができるでしょう。セックスレス・セカンドバージンという問題は、日本のほんの少しの国民性が引き起こした問題であり、私たち日本人にも愛とセックスを求める気持ちがしっかりと備わっています。

オープンになれない国民性、勤勉で仕事が忙しい国民性、カルチャーの発達で趣味の時間が増えた国民性…それらが絶妙に融合してしまった結果であるでしょう。でもせっかく「愛のあるセックス」を求める事の出来る私たち日本人が、ラブライフで満足できないのは勿体ない事です。ラブライフの満足度は愛を育むほかにも人生を豊かにして、女性はより美しくなるでしょう。

まとめ


ラブライフの満足について世界の「性」について考えてきましたが、結論としてセックスとは愛のある行為です。求め、求められる喜びがラブライフの満足に繋がるでしょう。「愛のあるセックス」を求める私たち日本人にも、しっかりと求め、求められる喜びを感じる心があります。

セックスに対してオープンな国の恋愛映画を見てみましょう♡たとえば洋画の恋愛映画ですね♡ヨーロッパは性にオープンだと言いますからフランス映画の恋愛系などオシャレでおススメです。
映画などからセックスについての良いイメージをインプットしていきましょう♡

正直に本能のまま愛する人を求める事が美しく思うはずです。愛する人に求められる事が幸せな事だと感じるはずです。セックスの満足度が高い国に学ぶ事もあります♡日本にも愛に溢れるカップルがラブライフに満足できますように♡

-セックス
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.