JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

今の年収満足?今より稼ぐ夫に育てる!育成妻になる方法

突然ですが、アナタは夫の年収に満足していますか?「夫の年収」と言うのは、結婚生活に置いて重要になってくるので、主婦友達やママ友とも話題になるネタなのではないでしょうか?「うちの夫給料が安くて…」「夫の稼ぎがもっと良かったいいのに…」など夫の稼ぎは妻の悩みにもなります。

話のネタにはなる「夫の稼ぎ」ですが、本当はとってもデリケートな問題。ネタにはするけどホンネでは話せないのも現実ですよね。そんな妻たちに今回は夫の稼ぎ問題についてと、その夫を稼ぐ男に変える育成妻になる方法をご紹介します。

VRで彼女を作りませんか?
VRなら国民的アイドルまで彼女にできる!本物アイドルと夢のセックスしたくない?
今だ経験したことはないという人は今すぐにでも体験するべきです!
無料サンプル動画も充実しているため、お試しだけでもする価値あり!
人生で最高に気持ちのいいオナニーができます。

夫の稼ぎ、満足している?

冒頭でもお聞きしましたが、アナタは夫の年収に満足していますか?よくネタにはなる夫の年収ですが、実はホンネで話せませんよね?では実際には世の妻は夫の稼ぎに満足しているのでしょうか?

「夫の“今の”年収はいくらぐらいですか?」と聞いたところ、
1位:300万円~400万円未満
2位:400万円~500万円未満
3位:300万円未満

のような結果に。また、「この年収に満足していますか?」とも聞いてみたところ、「とても満足」の14%に対して「少し不満」が30%と最も多い結果に。

引用:セキララゼクシィ

やはり「不満」だと思っている妻が多い事がわかります。お金はあって損をしませんからね。

妻は妻で、年収に満足していなくても、少しでも生活が豊になるように節約をして頑張っているはずです。しかし結婚しているとお金はかかりますよね。万が一の時の蓄えもしたいし、お子様がいらっしゃる家庭ではお金はかかる一方…。不景気だから仕方がないにしろ、夫が今よりも稼ぐ事が出来ればもっと生活が豊になりますよね。

では、どのくらいの年収が理想なのでしょうか?

「ぶっちゃけ、夫の“理想の”年収はいくらぐらいですか?」と聞いてみたところ…
1位:500万円~600万円未満
2位:600万円~700万円未満
3位:1000万円~1100万円未満

引用:セキララゼクシィ

平成26年度のサラリーマンの平均年収を見ると約415万ほどになっています。300万~400万の年収が多い事からも、夫の稼ぎは平均的なのだと納得する妻も多いのではないでしょうか。しかし理想は500万~600万。やはり今より少し多く稼いでほしいと言うのが本音ですよね。

生活が豊になる事は勿論、「稼ぐ夫」を持つ妻は、誇らしい気持ちにもなりますよね。夫婦ケンカで一番多い事は「お金」の問題とも言います。今よりもう少し年収があがれば、ケンカもすくなくなる可能性もあるのです。

アナタのせいかも?

しかし、今の現状ではアナタが家庭のために節約をする事が必要になってきますよね。光熱費を抑えるために、夫がつけっぱなしになっている電気を消して注意した経験はないですか?

少しでも食費を抑えるためにスーパーのチラシには目を光らせて節約した料理に毎日励んでみたり…まだまだ子供が小さいけど自分がパートに出てみたり…節約をする事で家庭を支える事がアナタに出来る事であり、それを行っているアナタは尊敬できる妻である事は間違いありません。

でも節約に必死になってしまうと生活を豊にする節約ではなく、節約に必死な「鬼」になってしまう可能性があります。そして、根本的な夫の年収に対しての不満が募っていってしまうのです。それって実は夫が稼げない妻の行動かもしれません。

稼ぐ夫に育てる育成妻

夫が安心して能力を伸ばせる環境を作り、ワンランク上の"デキる男"へと押し上げる「妻の育成力」が不可欠だ。

引用:マイナビウーマン

このように夫を「できる男」に育てるのが育成妻です。能力が上がれば、昇進する可能性やお給料アップの可能性も大いに考えられます。もしも、なかなかお給料が上がらない…と思っているのであれば、アナタが育成妻になっていない可能性が高いのです。

働く夫は社会では疲労困憊です。家庭に帰ってエネルギーをチャージしないといけません。そこで育成妻は、夫がまた仕事を頑張れるように、そして能力を上げる事が出来るような環境を作るのです。しかし、そうでなければ夫は家に帰ってもエネルギーチャージが出来ない状態となってしまいます。

そうすると、能力を伸ばす事はおろか、日々の業務で手一杯になってしまいます。日々の節約も大切ですが、やり過ぎてしまっては夫は疲れてしまうかも。節約へのエネルギーを育成妻になって稼ぐ夫に育てるほうにも少し注いでみませんか?

夫を稼ぐ男に変える育成妻になる方法

アナタのサポートで夫が今よりも稼ぐ男になったら嬉しいですよね。家計も助かり、夫の事を見直して、惚れ直しちゃいますね。夫が稼げないままでいるより、ちょっとしたコツで育成妻になって、夫を今より稼ぐ男に育てちゃいましょう。

お金の管理に厳しくならない

家計が苦しいと、お金の管理には厳しくなってしまいます。しかし、お金の管理に厳しすぎるのは見直した方がいいでしょう。まずはアナタの家庭はお小遣い制度ですか?多くの家庭ではお小遣い制度を取り入れているでしょう。しかし実は厳しすぎる

お小遣い制度は夫が稼げなくなる原因の一つなのです。育成妻はお金の管理に厳しくありません。よく聞く話だと夫のお小遣いは3万~5万の家庭が多いです。中でもお小遣いが3万だと言う夫が多いです。そもそも「お小遣い制」って日本独自の文化なのです。

ドイツの大学では、日本の家計の仕組みを授業で取り上げた際に、「日本の主婦は天からお金が降ってくると思っているのだろう」という意見がありました。つまり、夫のお給料が(ほぼ)振込みなので、夫が毎日汗水流して仕事をしている、ということをすっかり忘れている、ということです。

引用:女性の美学

夫が働いたお金が生活を支えていると言っても過言ではありません。なので、お給料の中から、設定したお小遣いのみを夫に渡す…と言うのは、普通の事に思いがちですが、上記記事のように、夫への感謝を忘れてしまいがちです。そしてそのお小遣いが3万円というのは、高校生のお小遣いと同じです。

毎日頑張って働いています。ランチや嗜好品であるコーヒーなどで一か月終わってしまいますね。3万円って毎日働いている男性にとっては少ないのですよ。それに、お小遣いという制度がモチベーションを低下させます。どちらにしろ無駄遣いはしません。

一家の大黒柱として、生活を支えないといけない中、給料を溝に捨てるような使い方をする夫のほうが珍しいでしょう。お小遣い制度を廃止して、ある程度は自分で管理してもらいましょう。どうしても心配な人は、管理を共有しましょう。

働いた給料を管理する事で仕事に対してのモチベーションが上がります。稼ぐ夫として能力を伸ばすのであればモチベーションを上げる事は必要不可欠です。

外飲みに寛容になる

サラリーマンは「付き合い」も出てきます。外で飲んでくると言う事は少なからずお金がかかる事となりますし、出来れば早く帰ってきて子供と会話などコミュニケーションを取ってもらいたい気持ちも分かります。しかし仕事関係の飲みの席などには寛容になってあげましょう。

会社と言う組織は「可愛がられる事」「人柄」も能力として評価します。飲みの席での参加によって仕事に対してプラスになる可能性が非常に高いのです。上司に可愛がられる事も考えられるし、思わぬタイミングや出会いなどで仕事になるチャンスが舞い降りてくる事もあります。

部下からも慕われるようになれば、上司の評価にも繋がるのです。育成妻は飲みの席への参加に寛容です。稼げる夫にするためにアナタも寛容になりましょう。

「稼ぎが悪い」と不満を言わない

お金がないと感じると頭に浮かぶ事は「夫の給料が低いから…」と言う事ですが、その不満、夫にぶつけていませんか?上記でモチベーションをあげる事が必要と述べましたが、不満を言う事で夫のモチベーションも下がり、プライドも傷つけてしまいます。

夫に優しく出来る妻になりましょう。子供の前で夫の悪口を言ってしまうのも論外です!一生懸命働いて来てくれているのです。感謝の気持ちで夫を支えていきましょう。そしてコミュニケーションはしっかり取りましょう。別々で食事をする…と言う事も、何か例外がなければ避けましょう。

子供の事ばかりにお金を使わない

子供が出来ると優先順位は子供が一番になります。お金をかける優先順位も子供が一番になる事でしょう。しかし、子供の事ばかりにお金を使っていませんか?子供の洋服、塾、習い事…子供にお金を使う事自体は悪い事ではありません。子供の事ばかりにお金を使う事は辞めましょう。

そして、何かお金を使いたい事があるのであれば、妻の判断で勝手に決めてしまうのではなく、夫にしっかり相談しましょう。

お金は夫が稼いできたお金です。家庭で使うものかもしれませんが、稼いできてくれている夫に一番に相談するべきであり、夫は自分が稼いだお金をどのように使うか知る義務があります。そうする事で、大黒柱としての自覚が出来、仕事でも能力を伸ばす事が出来るようになるのです。

転職に否定的にならない

今は不景気で、転職もリスクがあると考えてしまいます。生活があるので、出来ればリスクは避けて安定を選びたいものです。そうすると夫が転職を考えた時には否定したくなってしまいますが、この転職が年収を上げるチャンスになる事もあるのです。

なにより、夫が考えた事も頭ごなしに否定する事はいけません。転職の相談をうけたら否定的ではなく、あくまでも肯定的に話ながら解決していきましょう。日ごろからコミュニケーションを取っていれば、突拍子もない事をするはずがありません。夫の考えを尊重しながら、話を聞き、アナタの気持ちも伝えましょう。

稼ぐ夫に育てましょう!

このように、夫を稼ぐ男に変えられるかどうかは妻であるアナタ次第です。ちょっとした気遣いやコツで今より稼ぐようになったら嬉しいですよね。この記事を参考に夫を稼ぐ男に育てましょう。

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.