JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

夫との離婚を考えているあなたへ!離婚をする前に考える4つのこと


結婚をした当初は「この人となら一生幸せにしてくれる」「どんなに年をとってもずっと一緒にいられる」と幸せ絶頂のまま結婚を決意したと思います。いざ結婚をしてみるとやっぱり違った…と離婚してしまう夫婦は近年増えてきているのが現状。

それでも、昔と比べるとバツがついていることはそこまでハンデにならないため、そこまで深く考えずに離婚する夫婦も増えてきています。テレビに出ている芸能人は、バツ1はもちろん、バツ2,3など当たり前についている人もいるくらいになりました。

だからこそ今の時代の夫婦は昔よりも気軽に離婚を決断しています。それが悪い事だとは言いませんが、もう一度離婚を決断する前に結婚について考えてみませんか?

最強の痴女責め体験しません?
アダルトVRが神すぎる!1本で1週間は抜ける史上最強のエロ動画登場!
気持ちよさと衝撃は当サイトが保障します!
今すぐFANZAで最強のオナニーを体験しよう!
楽天がエロに本気!
楽天TVでアダルト動画が見放題!31日間無料トライアル中!
まだ広告うざすぎるサイト使ってるの?
高画質でロングなエロ動画見放題はこれ!
15,000本以上が見放題!
エロサイトの広告ラッシュウザすぎません?超高画質&広告なしのアダルト動画見放題が登場!
知らないの…?もったいなすぎる!!
まだ悪質広告サイトを使いますか?

離婚を決意する理由


あなたが夫との離婚を考えた理由はどこにあるのでしょうか?夫にはわからない妻なりの理由があるのでしょう。それは女性にしかわからないことで、私はどの理由も深く頷けます。では、まずは妻が夫に対して離婚を決意する主な理由を紹介します。

性格の不一致

離婚の一番原因でもある「性格の不一致」これは結婚する前だったらある程度わかっていることですが、結婚をしてからどちらかの性格が変わってしまったり、まだ見せていなかった性格を見せると起こり得ることですよね。性格が合わないのであれば一緒にいてもただ苦痛なだけ。

性格の不一致を感じたらどちらかが我慢しなくてはいけませんよね。だけど、長年一緒にいる相手に我慢をするのって難しいですよね。家族になったわけですから、家族になった以上自分の意見を曲げられない時もあるでしょう。

性格は自分が長年連れ添ってきたものですから、相手が望む性格になることはまず不可能です。自分で直そうと思っていてもなかなか直せるものではありません。だからこそこれ以上一緒にいることが「無理」だと感じてしまうのですね。

夫がだらしなさすぎる

主夫ではない限り、基本的には家の大黒柱は夫ですよね。もちろん夫が仕事で大変なことも、辛いことがあることもわかっています。だけど、あまりにもだらしなさすぎると「離婚」を考えてしまいますよね。

共働きなら尚更ですが、家事は妻であるあなたの仕事ではありません。共働きだからこそ、家事は分別するものであり、一緒にやっていくことですよね。

家事は一緒にやろうと約束をしても「家事は妻の仕事」「疲れたからやりたくない」など言われ続けていれば当然怒りも溜まっていきます。最初こそ我慢していてもろくに家事ができないだらしない夫の姿を見ていれば嫌気が指してしまうのは無理ありませんし、当然のことですよね。

夫がだらしなければ、夫としての魅力はもちろん一人の男性としての魅力もなくなりますから、一緒にいたくないと思うのでしょう。もちろん、あなたが専業主婦ならば家事の大半はあなたの仕事ですよ。

浮気をされた


女性にとって浮気ほど許せないものはありませんよね。夫に裏切られた悔しさもそうですが、夫を寝取られてしまった女のプライドにも傷がつきますよね。だからこそ女性にとって浮気は本気で許せないのです。

とはいっても、離婚はそれ以上に体力も時間も使うものですから「一度の浮気なら…」と許してあげる妻も多いでしょう。許してあげる妻も多いですが「やっぱり許せない!」と思う妻も多いのが事実。

なので、離婚を決意してしまうのですね。妻以前に一人の女性ですから、夫の浮気を許そうとしても許せないのでしょうね。

亭主関白だった


お付き合いしている時はそんな素振りを見せたこともなかったのに、結婚をして一緒に住むようになったら亭主関白な男だった…。

亭主関白(ていしゅかんぱく)とは、「亭主」が「関白」のようであるということである。亭主は夫のことであり、この言葉は亭主が関白のように家庭内で威張っている状態を指す。この逆をかかあ天下という。

引用元:Wikipedia

亭主関白な男性は収入が高い人に多く、会社でも上の地位に立っているため家庭内でも「自分が上」だということを主張しようとします。

もちろん、自分のことも妻にやってもらって当たり前だと思っているので、その性格に理解のない女性だったらまず一緒にいることは不可能でしょう。

特に自己主張が激しい女性やプライドが高い女性なら尚更、夫だとしても上から物を言われるのが気に食わないので、亭主関白を理由に離婚を考えます。今の時代は「夫の言うことを聞いて当たり前」ではなくなったので、そういった理由から離婚を考える女性は増えているようですね。

決断する前にもう一度考えよう

妻が離婚を意識する大きな原因を紹介したところで、いよいよ本題に入ります。今の夫との離婚を考える時にもう一度考えておくべきことを紹介します。女性はつい感情的になりやすい生き物ですから、離婚を決めるにはまだ早い場合もあります。では一体離婚を意識したらまず何をしたらいいのでしょうか?

夫との思い出を見返す


今は離婚をしたいと思っている夫でも、昔を思い出してみてください。夫のことが大好きで、ドキドキしていたあの日々。お付き合いができた喜び、初めてのキス。全てが大切な思い出だと思います。

夫のおかげで自分が救われた日もあるでしょう、どんなことがあっても二人で乗り越えたこともあるでしょう。そんな思い出がたくさん詰まっているのに、簡単に夫とお別れしてもいいのでしょうか?

「ずっと共に過ごしていく」と決めた相手と簡単に「他人」として過ごしてもいいのでしょうか?夫との過去を思い出して、まだあなたの中に「好き」という気持ちがあるのならば離婚を決意するには早いのかもしれません。

子供や将来のことを考える


離婚を躊躇する一番の理由は子供の存在だと思います。自分たちの気持ちだけで子供からお父さんを取り上げていいのか、寂しい思いをしないのか。それが大きな不安になりますよね。

確かに、自分たちの問題で子供と親を離すのは酷かもしれません。それに、夫が必ず養育費を払ってくれるかもわからないので、子供の将来も不安になっていきます。よく離婚を意識する妻は「子供が成人するまでは我慢」します。

それは子供の気持ちや将来を考えた大人の結果です。たとえ「私が守るから大丈夫」だと思っていたとしてもシングルマザーは予想以上に大変ですから、子供のためにも、自分のためにも離婚を決意する前にもう少し考えてみましょう。

中途半端な気持ちにしない

あなたの気持ちは本当に「離婚したい!」と何を言われても揺らがないことなのでしょうか?YESと答えても、本当に気持ちが揺らがないのだとしたら、この記事を読んでいないと思います。

離婚は「絶対に離婚しないと私がダメになる」と思ったら離婚するべきです。「離婚したら後悔するかも…」「まだ気持ちはあるし…」と思って離婚をすれば必ず後悔します。

上記でも言ったように、女性はつい感情的になりやすい生き物ですから一生を左右する離婚を感情的に任せて決めてしまうと後悔に繋がることがあるんです。ですから、そんな中途半端な気持ちで離婚をしようと思っているのなら、決意が固まるまで自分の気持ちを整理しましょう。

一人で考えない

もちろん夫婦の問題ですから、結果を決めるのは二人です。だけど、離婚の問題は一人で考えずにいろいろな人の意見を聞きましょう。自分の家族、友達、仕事仲間など。相談できる人は周りに沢山いるはずです。

相談することによって、自分では気づけなかった部分も出てくるでしょうから、「離婚をするか・しないか」は自分で決断するにしても、それまでの過程は一人で考え込まずに、周りの人の意見も聞いてみましょう。

離婚にも明るい未来が待っている

今回は離婚する原因と離婚する前に考えることを紹介しましたが、必ずしも離婚が悪い事だとは言いません。むしろ、お互いにプラスになる離婚を数多くあります。離婚という響きは良く聞こえないかもしれませんが、離婚にも明るい未来が待っていることも覚えておきましょう。

ただ「離婚したい!」と自分の気持ちだけで決めてしまうと後悔することがあるということですね。夫と離婚がしたいと思っても、この記事を参考に本当にそれが正しい決断なのか、お互いや子供のためになるのかをもう一度考えて今後離婚をするか・しないかを決断してくださいね。

-恋愛
-, , ,

Copyright© JUCY , 2019 AllRights Reserved.