JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

男性の本音!「LINEで即レスする条件」とは?即レスを狙うLINEテク

恋愛の悩みとしては彼とのメッセージのやり取りで悩む女性が多いです。「彼からのメッセージ、これ脈あり?」とか「彼からの返信が遅い…脈無し?」などです。その中でも多くを占めている悩みとは彼からの返信が遅いと言う悩みです。

男性は女性よりLINEが苦手だと言います。即レスがないのは普通の事でしょうか?それとも脈がないのでしょうか?そんな彼とのメッセージのやり取りに悩まされている女性のために今回はメッセージのやり取りに隠された男性の本音と、思わず男性が即レスしちゃうメッセージの条件を紹介します。

VRでおっぱい三昧!
最強ハーレムを体験できるのはアダルトVRだけ!年間500万本以上も売り上げるアダルトVRの破壊力がヤバイ!
風俗体験も気軽にできる!リアルすぎてフル勃起間違いなし!
今すぐDMMのハイクオリティなアダルトVRを試してみよう! 一瞬で自宅が風俗店に!

男性の本音!LINEで即レスする条件

今は連絡の手段としてのLINEですが、大好きな彼とのLINEのやり取りは悩みの種でもあります。LINEで送ったメッセージに即レスがかえってくる事もあれば、いつまでたっても返信が返ってこない事もあります。男性だから?彼の性格?それとも…脈無しだから?色々考えられる事はありますが本当の所はどうなんでしょうか?

メッセージに対しての即レスとは愛情を測るスピードとなるのでしょうか?では、まずLINEで即レスする条件について男性の本音を紹介します。

久しぶりの連絡

久しぶりに連絡をくれた相手には、気持ちが盛り上がってついつい即レスすると言う男性が多いです。数年ぶりレベルの久々の連絡の時は即レスに違いありません。久々だと近況報告や聞きたい事なども多く話題もあるため、やり取りも続く事が考えられます。

気がある証拠!

男性の好意はとっても分かりやすく、気があるから即レスすると言う声も多いです。「LINEの頻度、うざいと思われている?大好きなあの人とLINEを楽しむ3つのポイント」にもあるように、極論だと好きな人からの連絡は嬉しいのです。その気持ちが即レスと言うスピードにも表れていると考えられます。

女性は意中の男性とのメッセージで駆け引きをしがちです。「返信は少し遅らせる」など、考えながらメッセージのやり取りをする女性とは反対に男性の場合は、恋愛感情が素直に行動にでてしまい、気になる女性からのメッセージにはついつい即レスしてしまうのです。

早すぎは脈無しパターンも

即レスは気のある証拠と述べましたが、逆に早すぎレスは脈無しパターンもあるのです。男性はLINE=連絡手段だと認識している事が多いです。その代表的な例が「仕事」です。仕事となれば即レスをするのが男性です。アナタのメッセージに対して、「仕事のノリ」と同じように変身している可能性があるのです。

最も気になった声が、嫌いに人からの連絡の時は「嫌な事は早く片付けちゃおう」と言うノリで即レスする事もあるのです。仕事でも嫌な事は早く片付けたいと思いますよね。その嫌な事がアナタへのメッセージとなっているパターンもあるのです。

返信のスピードよりも

即レスがどうしても出来ない男性もいます。仕事が忙しかったり…男性はシングルタスクといって同時に複数の事をこなすのが苦手です。何か取り組んでいる時は、あとからゆっくり返信しようと考えている男性も多いです。その場合は返信のスピードよりも内容が重要となるでしょう。簡単な短文ではなく、長文なのかどうかも彼のメッセージから愛情を測る条件となります。

3時間以内が脈あり!?

このように即レスする男性の本音としては、早すぎても遅すぎても微妙だと言う事が分かりました。しかしながら、好意があれば即レスになると言う意見から遅すぎないレスであれば脈ありと考える事が出来るという一つの判断基準になったのではないでしょうか?

返信スピードは愛情を測れる!?

即レスは気のある証拠!と言う男性の本音を裏付ける事が出来る調査があります。

と言う調査結果が出ているのです。メッセージが届いてからレスがあるまでの平均時間は、親しい間柄や仲の良い友達で「平均7時間」となります。職場の人や、建前が必要な間柄の人間関係だと「平均11時間」、良く知らない人だと「平均50時間」かかると言う事が判明されたのです。

メッセージが返ってくる時間、つまり返信のスピードは相手が自分をどう思っているのかを判断するスピードとなるのです。よって7時間くらいでレスがあれば、仲の良い関係と思う事ができますし、それ以上はやければ好意を持って貰えていると言う事が分かります。とくに脈ありと判断出来るのは約3時間以内の返信です。

しかし男性にも生活があり、なんせLINEは苦手な人も多いのです。3時間すぎても、翌日にまたLINEがあるようであれば、まだ期待は出来ます。しかし、それ以降の時間がかかってしまう返信までの時間は残念ながら「脈無し」の可能性が非常に高いです。

それでも即レス希望!男性が思わず即レスしちゃうLINEテク

ここまでで即レスに対する男性の本音が理解できたはずです。しかし女性側としてはメッセージのやり取りをしばらくしてみないと判断してほしくない…!と言う気持ちもあるはずです。メッセージをやり取りする事で、好意を持ってもらえる可能性も十分にあるからです。

そのためには既読スルーされるのではなく、出来るだけ即レスが欲しい所ですよね。返信がなければ、メッセージのやり取りも始まりません。では、ここでは男性が思わず即レスしちゃうLINEテクニックを紹介します。

アイコンは重要

LINEと言えばアイコンですが、そのアイコンは即レスを狙うためには重要なポイントになるのです。アナタのアイコンはなんですか?ペットの写真やお気に入りキャラクターの画像、旅先での絶景写メをアイコンにしている女性が多いですが、即レスが欲しいのであれば自分の写真をアイコンにしましょう。

しかも、5割増しくらいの勢いでキレイに可愛く取れている写真が即レスを貰う方法としては好ましいです。なぜならLINEはメッセージのやり取りの際にアナタのアイコンを見る事になります。男性としては可愛い女性とメッセージのやり取りをしていると思ったほうが気持ちが盛り上がり即レスを狙えるのです。

メッセージが来た時のアイコンが可愛ければ返信しよう!となるのです。実物より可愛い写真で大丈夫です。実物は、こんなに可愛くない…と思っていたとしてもLINEのトークでやり取りをしているアイコンが可愛ければ、テンションが上がってしまうのです。

疑問形のメッセージ

初歩的なテクニックではありますが、疑問形のメッセージを送ると返信しやすいのです。「これからランチだよ」「仕事終わったよ」などの自分の報告をするよりも彼の興味がありそうな事をリサーチして質問するほうが即レスを狙えます。文末に「?」があるだけでも返信がしやすくなります。

しかし、遠回りな言い回しなどの場合は何が聞きたいのかピンと来ない場合があります。その場合は面倒になって返信したい気持ちが萎えてしまうので、シンプルな質問にすると効果的です。

1行のメッセージは避けよう

LINEと言えばポップアップで文章を読めるようにしている男性も多いです。その時に1行の簡単なメッセージだとポップアップで最後まで読めてしまうので既読にしない事が多いのです。しかし、返信をするのであればアナタとのトークルームを開いてもらわないといけません。

そのときは、メッセージを開いてもらう必要があります。ポップアップで読めてしまうような短いメッセージ、1行や単語で終わってしまうメッセージは辞めましょう。ポップアップ通知を見て、続きが気になる文章を送ると即レスが狙えます。長すぎる文章だと、それはそれでウザイと思われてしまうし、ササっと読めない文字数は即レスに向きません。ベストは3行です。

3行であればササと読む事が出来、ポップアップだけでは全文読めません。トークを開く事が必要となる3行は即レスを狙う効果的な文字数です。

ベストな時間帯

即レスが期待できる時間帯もあります。もちろん日中は仕事中の男性が多いため、ウザイと思われないように緊急性がなければメッセージを送らないのが賢明です。最も即レスが期待出来る時間もあります。

21:0023:00がゴールデンタイム

男子にアンケートしたところ、一番LINEが来てうれしい時間帯がほぼ同票で、21:00~22:00、次に22:00~23:00との結果になりました!

引用:cancam.jp

やはり日中よりも、夜一息ついている時間帯がメッセージを送るのに適した時間帯と言えます。彼が嬉しい気持ちになっている時のほうが即レスは狙えるのです。しかし、男性によっては生活リズムも様々です。日中仕事している人であれば当てはまりますが、それ以外の男性の場合は、生活リズムを把握して一番リラックスできるであろう時間帯を狙うのがベストです。

即レス=脈あり!でも、やりとりしなきゃ始まらない!

このように、男性の返信のスピードは脈ありか脈無しかを判断する事が出来るスピードであることが分かったはずです。しかし、好意を持ってもらうにはメッセージのやり取りも不可欠です。即レスがほしい女性には、この記事を参考に彼にメッセージを送ってみましょう。即レスがきても、あまり浮かれずに冷静に対応する事が必要です。

嬉しくなって、どんどん沢山LINEしてしまえば「面倒」「うざい」「重い」と思われてしまいます。自分発信のメッセージは1日2回程度として、ゆっくりアピールしていきましょう。とくにLINEはメールと違い、自分とお相手のメッセージのやり取りが一つの画面に残ります。

自分から発信のメッセージばかりだと緑色一色になってしまって、見た目でも男性がうんざりしてしまいます。そうならないように、LINEのやり取りはお相手とのメッセージのバランスも大事なのです。あまり焦らずにゆっくりアピールしていきましょう。

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.