JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

男性必見!「彼女は感じやすいほうがいい!」女性がイキやすくなる愛撫

彼女やパートナーとセックスをしていて「もっと感じやすいといいのになぁ…」と思った事ありませんか?彼女の反応がイマイチな時や濡れ方が良くないと「感じてもらいたい!」と思い、頑張るのが男性です。それでも変化がない時は自分に自信がなくなってしまいますよね…「そもそもこの子は感じにくい身体なのだろうか?」と思う事もあるはずです。

そんな時アナタの愛撫で彼女を感じやすい女に育てる事ができたらどうでしょう?男は感じやすい女が大好物ですよね!そっと触れただけで感じてしまうような彼女に育ててみませんか?今回は、男性必見の女性が感じやすい身体になる愛撫の方法を紹介します。

売上爆発中のアダルトVR!
いまやオカズはVRエロ動画が普通!数ある作品を押しのけアダルトVRが上半期売上ランキングTOPを獲得!
オナニーも仮想現実の世界に突入!
今すぐハイクオリティでお得なVRを体験してみよう! まだ体験してないかたは損をしているかもしれません

感じやすい女と感じにくい女の違い

上記で述べたように男は感じやすい女が大好物ですよね。ある調査では9割以上の男性が「感じやすい女性が好き」と回答していますが、当たり前の結果と言えるでしょう。アナタの彼女は感じやすい女性ですか?残念ながら感じにくい女性だ…と思っている男性は、その感じにくい女性を感じやすい女に変えてみませんか?今よりもっと満足の出来るセックスライフを送る事が出来ます。

ではまず、感じやすい女と、そうではない女性の違いはあるのでしょうか?男性はセックスで感じやすい女性を「開発済」と表現しますね。そのため経験値が高い女性や、前のパートナーのテクニックで感じやすい身体になったのでは?と思うはずです。

一般的に男性は女性が「性感帯」で感じているのだと思っていますが、実は違うのです…。女性は「脳」で感じているのです。女性が感じるのは、身体に感じる刺激を脳が「気持ちいい」と判断するようになっているのです。それが女性の「感じる」と言う事です。その証拠に女性は気持ちがないとセックス出来ないと言います。

好きな男性、もしくは受け入れていいと判断した男性であれば感じるのです。同じ事をされても嫌いな男性や、痴漢に身体を触られたら「やめて!きもちわるい!」となるのです。

感じやすい=脳の感度がいい

と言う事は、感じやすい女性は脳の感度がいいと言う事になります。残念ながら、感じにくい女性は脳の感度も悪いのです…。身体を愛撫される触感や感覚なども多少関わってきますが、基本的には脳の感度が良くなれば感じやすい女性になると言う事です。

しかし、男性はその事実から目を背けがちです。自分が楽しいセックスをしてしまったり、身体への愛撫だけで感じさせようとするからです。

そうすると感じる脳の開発が進まないのです。9割の男性が感じやすい女性が好きなのに反して、女性としての快感や喜びを知らない女性は9割以上も存在しているのです。女性も気の毒です…。では、アナタが彼女を感じやすい女に変えてあげましょう!そうすればアナタも彼女も幸せなセックスライフを送る事が出来るのです。

感度アップのための条件

まずは感度のいい脳を開発するために、感じやすくなるセックスの条件を理解しましょう。アナタはパートナーと付きに何回セックスをしていますか?感じやすい身体にするにはセックスの回数も重要になるのです。

エッチしすぎていない

「たくさんセックスすれば感じやすくなる」「やればやるほど感度が上がる」こんな風に思っていませんか?上記でも述べたように女性は性感帯で感じているのではなく脳で感じます。そのため、いくら身体だけを求めても脳に働きかけなくては意味がないのです。そのためにセックスの回数は重要な条件となります。

セックスをしすぎてしまうと身体が慣れてきます。感じやすい脳になるどころか、「またぁ?」と考えてしまうのです。会うたびにセックスしている元気なカップルや毎日セックスに励んでいるカップルもいるはずです。しかし、セックスのしすぎは感じやすい身体にするには良くない事なのです。

間隔が開きすぎてない

しかし、次のセックスまでの間隔が開きすぎてしまってもダメです。男女ともにセックスをする事で相手の身体を脳が記憶します。男性であれば、彼女はどこが感じるのか?など…女性側であれば、ここを触られたら気持ちよかったな…などです。その感覚が鈍ってしまわないように間隔を開けすぎないように注意しましょう。

月6回がおススメ

ではどのくらいの頻度が感じやすい身体にするにはベストなのでしょうか?女性は1週間ほど生理でセックスが出来ない期間があります。そうすると残りの3週間で週に2回程度が一番いい頻度と言えるでしょう。「不幸せになるセックス?幸せなセックスライフを送るためのポイント」にもあるようにセックスの回数によって幸福度が変わってきます。

週一回程度のセックスで充分に幸福度を感じるのです。幸福度を感じられると言う事は「セックス=いいこと」と脳が判断します。感じやすい脳を開発するためには、間隔をあけない方がいいため、少し多めの月に6回程度を目安にしましょう。

脳の感度がアップする愛撫の方法

では、次に脳の感度がアップする愛撫の仕方を紹介します。男性は自分自身の気持ちが高まりすぎて自分本位なセックスになってしまいます。それでは脳が感じる前にアッサリ終わってしまう事になってしまうのです。そして、そんなセックスは女性には「適当な愛撫」と感じられるのです。

このように脳が記憶してしまったら大変です。そうならない前に脳に刺激出来る愛撫の方法を覚えましょう。

淡々と…

愛撫をする時、男性は女性を気持ちよくしたい一心で激しくしたり早い動きをしてしまいがちですが、そもそもそこが間違っています。まずはゆっくりと愛撫しましょう。そして女性が気持ち良さそうにしたら、そこを淡々と愛撫しましょう。そうする事で脳に気持ちのいい部分を記憶する事ができます。すぐに別の部分を愛撫するのではなく、同じ所をせめてあげましょう。

女性は聴覚で感じる

男性は視覚で興奮しますが、女性は聴覚で感じます。耳元でささやいたり「言葉攻め」を上手に使う事でドーパミンは大量放出されるのです。そうする事で脳で感じるセックスが出来るのです。

「かわいいね」「きれいだね」と言う誉め言葉や、「大好きだよ」「愛している」「抱き合っていると落ち着く」など愛を感じさせる言葉、「どこを触ってほしいの?」「濡れているよ」など性的興奮を誘発するような言葉を掛ける事で交感神経が刺激されます。感じやすい身体にする土台が出来上がるのです。

女性の身体は全身性感帯

上記であげましたが女性は女性器で感じているわけではありません。いきなり女性器を愛撫する男性もいますが、それはNGです。女性は全身を触られる事で性的な興奮のスイッチが入るのです。そうする事で幸せホルモンが分泌されます。女性は全身が性感帯になり得るのです。

そして、大きな刺激を感じる事が出来る乳首やアソコに触れるのは後回しにして全身を愛撫してあげましょう。焦らす事で脳の感度が上がります。

ソフトタッチ

基本的にはソフトタッチが絶対です。女性の身体は敏感です。女性器はもっと敏感です。ソフトタッチを意識せずに触ってしまうと痛く感じる事があります。痛みを感じてしまえば、それを脳が記憶してしまいます。そうすることで痛みを回避するために身体に力が入ってしまいます。

リラックスしている状態でなければ気持ちよくありません。女性が痛みを感じてしまっては、その場だけではなく、その後にも影響が残ってしまうので注意しましょう。愛撫の代表的な手マンですがセックスする上では必要であり重要なテクニックでもあります。「出し入れ手マンは間違い!手マンが上手な男と下手な男の違い」も合わせてご覧ください。

大好物の感じやすい女の出来上がり!

このように感じやすい女に変える事は出来るのです。ポイントは女性は身体ではなく脳の感度を上げる事で感じやすくなると言う事です。この記事を参考に彼女を感じやすい女に育ててみましょう。気づいた時には、そっと触れただけで濡れ濡れの感じやすくエロい女に開発されているでしょう。

そうする事で彼女も女性としての喜びを知る事となります。ここは男の腕の見せ所です。彼女の感じている姿を想像して、さっそく感じやすい身体にする愛撫をトライしてみてください。

-セックス
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.