JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

正直面倒くさい…男性が彼女のLineを面倒くさく感じる瞬間

 


町中でも電車の中でも時間があればスマホを良く見ている人は多いですよね。特に女性はLineはもちろんSNSやゲームもしているため、スマホ依存症は男性よりも女性の方が多い気がします。そして女性のlineで多く目立つのが無駄・面倒なLineですよね。それは多くの男性が感じていることです。

いくら好きだとしても「面倒くさい」「正直やり取りしたくない…」と思っている男性は多いんですよ。そんなことが続けば彼からLineの返事が来なくなってしまうかもしれません。女性だからこそ女性の面倒くささがわからないものですから、この記事を参考にあなたは彼にどう思われているか知っておきましょう。

大人気女優のVRも半額!
4月25日(水)から5月9日(水)までの二週間!DMMの対象作品がなんと半額!
紗倉まなをはじめとする大人気女優作品や超リアルで抜けまくると話題のリアル痴漢シリーズまで50%オフ!
ぶっちゃけ大人買いまで検討するレベルです。
不定期開催の最強キャンペーンを逃すな!

彼女のLineを面倒くさく感じる瞬間


男女の捉え方は違うので、女性同士だったら通用することでも、性別が変わるだけで通用しなくなることが多々あります。それはLineでも同じこと。自分が女性だからこそ男性の気持ちはわかりません。

ならば、ここで知っておくとこれから彼に対するLineも気を付けていけるでしょう。では、一体どのようなLineが男性に「面倒くさい」と思われてしまうのでしょうか?あなたの行動を振り返りながら一緒に見てみましょう。

既読スルーを責められる


男性にとって既読は「読んだよ」というサインだというのはご存知でしたか?返事をしていないからと言って無視しているのではなく、はい読みました。というのを知らせているサインなんです。

なので「既読無視しないでよ!」「既読ついているんですけど、返事はまだですか?」など煽ってしまうと「面倒くさ…」と思われてしまいます。

確かに既読スルーをされると返事はまだなの?既読をしたのに返事は打てないの?と疑問になってしまうかもしれません。疑問形のLineならまだしも「今日は天気良いよ」「朝ごはん食べたよ」など返事をしなくてもいいようなLineだと既読だけつけて「読んだ」サインを出したくなるのも無理ありません。

そこで既読スルーを責められてもじゃあ一体どのように返したら正解なんだ?と悩ませてしまうこともあるので、既読スルーをされたとしても責めないでください。もしくは既読スルーされることが嫌なのであれば既読スルーをされないような内容を送りましょう。

どうでもいいような内容

自分の出来事や思ったことを全てLineで送る女性は多いですよね。たとえば「今日はこれ買った!」「お昼何にしようかなー」「ニキビできちゃったよ」など男性からしてみれば「どうでもいいよ!」となってしまうような内容を次々と送り続ける…正直もうやめてくれとウンザリしてしまうこと間違いなし。

男性ってLine自体も面倒くさいと思っている人が多いので、どうでもいいような内容を送り続けると面倒くささが増してしまいます。女性は何でも彼に伝えたいと思うが故に彼の返事が素っ気ないとしても次々に送ってしまうのでしょうが、Lineで伝えることはやめておいた方が良さそう。

無駄なLineを多くするよりも、デートをした時や一緒にいる時に伝えるようにしましょう。伝え方を変えるだけで面倒くさいと思う気持ちが大きく変わりますよ。

早く終わらせたいのに終わらない

いくら付き合っているとしても毎日Lineをする必要はありませんよね。お互いの生活もあるのでずっとLineをできるわけでもないし、そんなにLineを送り合うような会話もないと思います。

だけど、女性はどんな内容だとしても彼とLineをしていたいと思うのか、男性の気持ちを察せずに何が何でも終わらせてくれないんです。たとえ男性がスタンプ一つで暗黙の「終わり」を示したとしても、「でさー」と更に会話を繰り広げてしまう。

そんな男性の気持ちは「俺の気持ちを察してLineを終わらせてくれ!」です。なので、無理に会話繋げようとするのではなく、彼がスタンプ一つの返事をした時は気持ちを察してあげてLineを終わらせてあげるようにしましょう。

時間を考えないLine

これ完全に盲点だと思いますが、夜中に送るLineには大分ウンザリしてしまいます。通知をオフにしていない限り、Lineが来れば着信音が鳴りますし、バイブにしていたとしても「ブー」と聞こえます。

彼が起きていれば何の問題もありませんが、彼が寝ている時に睡眠の邪魔になるような音が鳴れば「いい加減にしてくれ!」と思うのは無理ないですよね。何も気にせず時間があるからと夜中に返すLineは彼にとっては物凄くストレスになっていることもあります。

彼の睡眠を邪魔しないためにも、彼のストレスを増やさない為にも夜中に送ってしまうLineは気をつけるようにしましょう。夜に送る際は時間を気にして常識のある時間帯に送るように気を付ければ彼のストレスが溜まることはありませんよ。

自撮りで可愛さアピール


自分が盛れた写真は彼にも可愛いと思ってほしいものですよね。だからこそ女性は自分の自撮りや友達と撮った写真などを送りがちですが、男性からしてみれば「だから何」状態なのです。

確かに彼女が盛れている写真を見て可愛いと思わないわけではないでしょうが、頻繁に送られてくれば当然「またか…」と思うでしょう。たまに送るのであるから良いのであって盛れたからと頻繁に送るのは逆効果なんです。

ただただ「自撮りばかりで面倒くさい」と思わせてしまいます。彼に可愛いと思われたい気持ちはわかりますが、自撮りを送りたいのであれば頻繁に送るのではなくたまに送るようにしましょう。そうすれば彼にも可愛いと思ってもらえますよ。

ネガティブメッセージにはウンザリ

「私って面倒くさいよね」「また失敗しちゃった…」とネガティブモードのLineにはウンザリしています。Lineでもネガティブになられてしまうと自分も暗い気分になってしまうので、どうせ彼に送るのであればポジティブなものにするか、ネガティブモードになっている時のLineは控えましょう。

もし彼に慰めて欲しいからとネガティブな自分を見せているのであればそれは逆効果です。確かに、少し弱みを見せることで「守ってあげなきゃ」と思うことはありますが、それも頻度が大事で頻繁にネガティブモードになられては「面倒くさい」ただこの一言に尽きます。

長文すぎて重いメッセージ

女性がやってしまいがちなことの一つは「長文を送る」ことではないでしょうか?喧嘩をした時や改めて愛を伝える時、何でもない時などあらゆるところで長文のメッセージを送る女性がいますよね。

彼に伝える事がありすぎて長文になっていることはわかりますが、そのメッセージで感じることは「重すぎて引く」「長文すぎて面倒くさい」だけです。

女性に比べて恋人に情熱的になる男性は少ないので、完全に男女の違いですがここは男性の気持ちを優先させないといけません。彼に伝えたいことがあるのであればLineではなく直接伝えてあげましょう。そちらの方が彼の心にもきちんと響きますし、面倒くさいと思われることはありません。

毎日続くやり取り

上記にも説明しましたが、付き合っているからと言って毎日Lineをする必要はないですよね。特に話すことがなければ週に1度や2度でも構わないくらいです。ですが、女性の中には毎日Lineをしなくてはいけないと思い込み、どんなに会話がないとしてもLineが途切れることがないんです。

だけど、ダラダラとLineを続けている方が「面倒くさい」と思われて関係が冷めてしまうこともあります。毎日Lineをすることに囚われずに質問があったり、デートの日にちを決めたりときちんとした会話がある時だけLineをするようにしましょう。

焦ってしまう返信の早さ

彼のLineが送られてきた瞬間に返信をしていませんか?なんなら、送られてきた瞬間に既読を付けるような早業をしていませんか?たまたまLineを見たとしてもその行動は男性を「俺も早く返信しなきゃ」と焦らせてしまいます。

Lineは早く返さなくても返しても変わることはありませんし、消えることもありません。彼からLineが来たとしても「早く返したい!」という気持ちは捨ててある程度時間をおいてから返信をするようにしましょう。

それに、彼が返信に焦れば内容も雑になってしまいかねないので、即返信をするのではなく最低でも1,2時間は空けてくださいね。

Lineにも適度な距離感が必要

お付き合いを長く続けるためにはある程度二人の距離感が必要になりますが、Lineでも同じことなんです。

Lineでも適度に距離をとることができれば「面倒くさい」「Lineをしたくない」という気持ちが生まれることはありません。Lineの面倒くさ一つであなたへの気持ちも冷めてしまいかねませんので、これからはこの記事を参考に彼とLineで繋がっていましょう。

 

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.