JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

彼を虜にさせたい!ラブラブになれるメールテクニックとは?

彼と住んでいるところが離れている、彼となかなか会えない、そんなとき大事になってくるのがメールでのコミュニケーションです。会えない時でも頻繁に連絡を取り合ってラブラブな気持ちを維持していきたいものです。

しかし、男性の中には面倒くさがりの人も多く、メールをしてもすぐに途切れてしまったり、返信に間が空いてしまう人も。会えない上にメールの時間も空いてしまうとだんだん気持ちも離れてしまうこともあります。

売上爆発中のアダルトVR!
いまやオカズはVRエロ動画が普通!数ある作品を押しのけアダルトVRが上半期売上ランキングTOPを獲得!
オナニーも仮想現実の世界に突入!
今すぐハイクオリティでお得なVRを体験してみよう! まだ体験してないかたは損をしているかもしれません

LINEでも使えるメールテクニック

メールテクニックを磨くことで彼も頻繁にメールを返してくれるようになるかも知れません。そこで、LINEでも使えるメールテクニックをご紹介していきます。

忙しいことを理解していることを伝える

なかなか返信が来ないとき、寂しくなる気持ちは分かりますが、ぐっとこらえて「忙しいのは分かってるから、返事は急がなくていいよ」とメールに付け加えてみましょう。彼もあなたのメールに対して「早くメールを返信しなくちゃ」というプレッシャーを抱えていたはず。あなたのその一言でぐっと気持ちが楽になるのではないでしょうか。

どうしようもできないことに対してわがままを言う女性よりも、ある程度理解のある女性の方がつき合いやすいと男性が考えるのは当然ですし、理解してくれることへの感謝の気持ちが「好き」という気持ちに繋がることもあります。

逆に、「メールは早く返して!」と要求してしまうと、だんだん義務のようになって疲れてしまいます。メールはあくまで自然なコミュニケーションなので、お互いの負担にならない範囲で続けられるのがベストです。

さりげなく質問文を入れる

本文中にさりげない質問を入れると、彼も返事がしやすくなり、自分のことを知ってもらいたいという欲求も満たされます。たとえば、「今日の夜はなに食べたの?」という日常のことも返信しやすい上に、その日中に返信しないとあまり意味のないメールになってしまうため、早めに返事が来るという効果もあるのです。

さらに、「君の方はどうなの?」と彼に質問を振ってもらえれば、自分のことも知ってもらえますし、お互いのことをより知ることのできるきっかけともなります。質問メールは重ねれば重ねるほど相手への理解が深まり、よりラブラブになれること間違いありません。

しかし、注意していただきたいのが、1回のメールに質問を3つも4つも入れてしまうこと。質問が多すぎると逆に返信を書くのが大変になり、しかも最初にいくつも詰め込むとあとで話が続かなくなってしまったときに困ってしまいます。質問は自然にメールを続けられるテクニックでもあります。効果的に使うようにしましょう。

ネガティブなことは言わない

メールで愚痴を言ったり、ネガティブなことを書き過ぎることは控えましょう。本当の悩み相談なら会った時や電話でした方がいいですし、アドバイスに対して「でも」「だって」が連発するネガティブメールは建設的ではないので、受け取った側もどうしていいか分からなくなってしまいます。

反対に、ポジティブなことが多め、楽しい報告がたくさん詰まったメールは受け取っても楽しいですし、彼も、「恋人が毎日を楽しめる人でよかった」と、その元気さに改めて惹かれるということもあります。文章にしてしまうと、軽い愚痴のつもりでも相手に深刻に受け取られてしまうこともあります。

たまにはネガティブなことを言いたくなってしまう日もあるかも知れませんが、ストレスが溜まっているのは彼も一緒。一方的に愚痴を吐き出すのではなく、楽しいことを共有してふたりでストレス発散を目指してみましょう。

長すぎないメール

1回1回のメールが長すぎたり、しかも重要な内容でない場合は、メールの返信が遅くなることがあります。メールが長いと一目見ただけでうんざりとしたり、忙しいと返信が億劫になり日にちも空いてしまうという男性は案外多いのです。

メールが楽しいとついつい長くなったり、1度のメールでいくつもの話題を出してしまいがちですが、そこは堪えて返信のしやすい少し短めのメールを送ってみましょう。

「短いメール」を意識すれば本当に伝えたいことだけを伝えることができますし、彼も返事がしやすいでしょう。長いメールを何日も掛けてやり取りするよりも、短いメールでコンスタントにやり取りする方が、コミュニケーションの面から言っても彼とより仲良くなることができます。

返信は相手と同じくらいの時間を空ける

彼からのメールの返信は、彼と同じくらい時間を空けて返すのがいいでしょう。彼から「同じペースで返信をくれる子だ」と思ってもらえると同時に、「このペースでやり取りをしてていいんだな」という安心感も生まれるでしょう。

メールが来たらすぐに返したくなりますが、何度も続けて即返信が来たら「ずっと携帯見てるのかな?」「ほかにすることないのかな?」と彼も不安になり、さらには「自分も早く返さなくちゃ」というプレッシャーにもなってしまいます。

同じペースでメールのやり取りを続けられると、自然にメールのやり取りをするリズムもできますし、メールで情報交換をすることで自然にコミュニケーションも取れます。

もちろん、1分単位で守るというわけでもなく、例えば25分ほどで返信が来たら20分~30分くらい時間を空けて返し、1時間半ほどで返信が来たら1時間半~2時間くらい時間を空けて返しましょう。

絵文字を効果的に使う

絵文字だらけで目がチカチカするようなメールはよくありませんが、絵文字がなさすぎてまったく色がないメールもあまりおすすめできません。ある程度絵文字があった方がメールは楽しくやり取りすることができます。文章はただでさえ感情を伝えにくいもの。末尾に絵文字を入れるだけでまったく印象が違ってきます。

句読点しかないメールだと作文のように固い印象を持たれてしまいますが、逆に絵文字満載だとそこにばかり目がいき、本当に伝えたいことが分からなくなってしまうこともあります。文章の最後に絵文字を添える程度の使い方をすれば相手にも伝わりやすいですし、彼も気後れせずに返信をくれるのではないでしょうか。

次に会う時を楽しみにしていることを伝える

メールが優れている点は、直接会ったり電話で話したりするときには恥ずかしいこともさらっと書けてしまうことです。電話で「次に会う時が楽しみだね」と言う場合、言うタイミングも探さなければならず少々気恥ずかしいものですが、メールならばタイミングを計ることなく書けば相手に伝わります。

もし電話で「楽しみだね」と言われた場合、返事も恥ずかしさから「うん」という素っ気ないものになってしまいがちですが、メールの場合は「俺も会いたい」と素直に書けるはず。何故なら、恋人から「会いたい」「楽しみ」と言われて嬉しくない人はいないからです。恥ずかしさがないからこそ、本当の想いを伝え合え、より彼とラブラブになることができます!

彼への気遣いをすることが大切

彼ともっと仲良くなれるメールテクニックをご紹介してきました。仕事や日常が忙しかったりすると毎日の恋人とのメールはついつい後回しになってしまうもの。

しかし、それを怒るのではなく、理解し、さらには返しやすいメールを送ってくれる恋人がいたら気も休まりますし、「大切にしたい」と思ってくれるのではないでしょうか。寂しいからと言って「メールはすぐに返して!」と勝手な要求を押し付けるのではなく、事情を分かった上で待つ姿勢を取っていれば、きっと彼もそれに応えてくれるでしょう。

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.