JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

大人カップルの別れ方とは?後腐れなく別れられる方法

どんなカップルにとっても別れは辛いものですが、性格の不一致、すれ違い、遠距離など、さまざまな理由で別れの道を選ばなければならないときもあります。

しかし、一度は好きになった相手と、別れたあとに嫌い合うのは悲しいことですよね。大人ならば別れたあともお互いプラスになれる関係でいたいものです。

VRで彼女を作りませんか?
VRなら国民的アイドルまで彼女にできる!本物アイドルと夢のセックスしたくない?
今だ経験したことはないという人は今すぐにでも体験するべきです!
無料サンプル動画も充実しているため、お試しだけでもする価値あり!
人生で最高に気持ちのいいオナニーができます。

後腐れなくその後もいい関係を築ける別れ方

そこで、どのような別れならば後腐れなくその後もいい関係を築けるのかということに重点を置き、大人カップルの上手な別れ方をご紹介していきます。

別れの理由をきちんと話し合う

一方的に連絡を絶つ、徐々にフェードアウトしていく、というやり方を選んでしまうと、別れ後にいい関係を築くのは不可能と言っていいでしょう。暴力を受けて緊急に別れなければならないというような場合を除き、別れる時はきちんと話し合いをし、段階を踏むのがベストです。

突然理由もなく別れだけを告げられるとしこりが残りますが、正当な理由があるならば相手も別れを快く納得してくれるのではないでしょうか。いくら別れると言っても、例えば同じサークルだったり同じ会社だったりすると、その後も全く関係なくなるわけではありません。

また、共通の友人を介して出会った場合なども、関係性は僅かながらも残ります。つまり、自分勝手に不誠実な態度で別れてしまうと、その後の自分の評価にも影響が出てきてしまいます。自分のためにも相手のためにも、ちゃんと理由を告げて別れるようにしましょう。

会って別れを告げる

別れる時はメールやLINEなどは避け、直接会って別れるようにしましょう。顔を合わせないと「他にも違う理由があるのかも…」と勘繰られたり、「自分たちの時間はこんなにあっさりと終わるものだったんだ」と相手もがっかりしたりしてしまいます。誠実に別れるためには、会って話し合いをするのがベストです。

しかし、距離的にどうしても会えない、会って話すと逆上される恐れがあるなど、会うこと自体ができないような場合は、電話での別れもひとつの選択肢です。電話は直接声を聞くことができるため、メールなどのように感情がまったく分からないということもありませんし、自分の思いもきちんと伝えられ、相手の思いも知ることができます。

いずれにせよ、別れを告げる時に大事になってくるのは「誠実さ」です。会わずに一方的に別れるのではなく、話をするためにも直接話すようにしましょう。

曖昧な態度を取らない

別れ話をするとき、相手に嫌われたくないという一心で「本当は別れたくない!」「本当はまだ好きだけど…」というような言い訳や、まだ相手に未練があることを匂わせるような態度や発言は控えるようにしましょう。

別れることが決定事項ならば、そんな言葉は相手にとって何の慰めにもなりません。むしろ、「未練があるならどうして別れなければならないのだろう?」と、復縁を迫ってきたり、相手が自分のことを引きずってしまったりすることもあります。そうなってしまうと相手のためにも自分のためにもよくありません。

もしも本当にまだ気持ちが残っていて、でも別れを選択しなければならないという場合でも、相手に自分の未練を伝えるのはやめておいた方が無難です。必要以上に厳しい態度を取るのもよくありませんが、いい顔をしたいという気持ちだけで相手をふりまわすのはやめましょう。

恨み言を言わない

別れ話の場で、「あなたと過ごしても楽しくなかった」「いつも割り勘なのが不満だった」「あの時言われたことにムカついた」というような、つき合っているときの不満や恨みなどを皮肉っぽく言うのはやめましょう。今更言っても仕方のないことですし、相手も「別れ際になぜそんなことを言うのだろう」とあなたに悪印象を抱いてしまいます。

嫌なことをされたらその相手に文句を言いたくなる気持ちも分かりますが、その場で言うのならともかく、後からまとめて言うのはよくありません。別れたあとにもっとも印象深く残るのは最後の思い出です。

別れの場で不満をぶつけてしまうと、相手はあなたについて「別れる時に文句を言われた」という印象を引きずってしまうこともあります。もしも不満があっても最後に相手に言うようなことはせず、別れた後にきれいさっぱり忘れてしまう方がいいでしょう。

それまでの感謝を伝える

別れの場で、それまでつき合ってきた時間への感謝を伝えるのはとても大切なことです。泥沼になりがちな別れの場でも、「今までありがとう、楽しかった」という言葉を伝えるだけで、相手も前向きに次の恋に進めるようになることも。

さらに、自分に対して感謝の気持ちを表している人を恨むのは難しいでしょう。つまり、別れを切り出してきた相手に自分への感謝の気持ちがあるということだけでも、別れに対するもやもやも減少することもあります。

感謝の気持ちを伝えることには何のデメリットもありません。円満に別れるならば感謝の気持ちは必要です。別れてもいい友人でいるために、一言、「ありがとう」を言うだけで、その後の関係性が大きく変わってくるかも知れませんよ。

別れの場で感情的にならない

別れ話は冷静にするようにしましょう。怒りながら泣きながら別れ話をすると、相手も興奮して声を荒げてしまうこともあります。別れ話のコツは、事前に「大事な話がある」と伝えておくこと、人目のあるところで待ち合わせをすることです。

万が一感情的になりかけたとしても、喫茶店などで他のお客さんの目があると案外冷静になれるものです。冷静になることで別れの原因をきちんと相手に伝えることができます。感情的になって理由が不透明なままだとあらぬ誤解が生まれてしまうこともありますが、冷静に理由を伝えられれば相手も納得しやすくなるでしょう。

穏やかな別れはなかなかないかも知れませんが、なるべく冷静になることで、少し冷却期間を置いたあとにいい友人になれることもあります。感情的になり過ぎると相手からもあまりいい印象を抱かれないので注意してください。

また、事前に別れの原因の要点をきちんと整理しておくことも大切です。話しているうちに混乱してしまい、何故別れなければならないのか、自分でも分からなくなってしまうような事態は避けるようにしましょう。

別れた後、周りに相手の悪口を言いふらさない

別れた後に、自分の友人のみならず共通の友人にも相手の悪口を言いふらす方がいますが、絶対にNGです。噂が回って相手の耳に入ってしまったら、その後気まずくなるどころか、恨まれるようになってしまうかも知れません。

恋をしているときはどうしても自分を見失ってしまうもの。つき合っているときの言動や行動などは誰だって他人に言いふらされたくはありませんよね。

また、自分が言いふらしたことで相手も自分のことを言いふらすこともあります。気を付けるようにしてください。

上手な別れ方を選んでください

後腐れなく別れる方法をご紹介してきました。突然の別れは誰にとってもつらいものです。それまで楽しく過ごしてきた相手につらい思いをさせてしまうのは心苦しいものですが、最大限配慮することでそのつらさは軽減させてあげられるものではないでしょうか。

元恋人というのは関係性を言葉で表すと難しいものですが、別れたあとも仲良しでいられる関係はとても羨ましいですよね。たとえ別れたあと連絡が途絶えてしまっても、相手のしあわせを願える関係になれるように、上手な別れ方を選んでください。

-恋愛
-, ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.