JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

進化したAV!VRのすすめ!このリアル体験はマジでヤバい!

近年、VR(バーチャルリアリティ)な作品が急激に増えてきています。とはいえ、まだ視聴やプレイをしたことがない方も多いと思います。というわけで、今回はVRのはじめ方や楽しみ方などについて、ご説明したいと思います。

【VR】三上悠亜の最新作登場!
あの超有名アイドルがVRアダルトに登場!年間500万本以上も売り上げるアダルトVRの破壊力がヤバイ!
彼女もハーレムも風俗も!VRならなんでもできる!
今すぐDMMのハイクオリティなアダルトVRを試してみよう! アイドル彼女とラブラブセックスしませんか?

とっても簡単!VRの始め方

VR動画やVRゲームをプレイするのには、道具が必要です。それは「スマホ」「VRゴーグル」の、ふたつです。ゴーグルは2~3千円くらいの安価なものもありますので、比較的手に入れやすいと思います。道具が揃いましたら、今度はスマホでVRが見られるように設定をします。

例えばVR動画をDMMで購入する場合、DMMが提供するVRアプリをスマホにインストールする必要があります。その辺りの説明はDMMのサイトに記載されていますので、その通りの手順で設定してください。

このように、VR作品を購入すると、購入したサイトが推奨するVRアプリをインストールすることになります。少々面倒ですが、一度インストールしてしまえば、あとは簡単です。そのアプリを起動するだけで、購入したVR作品を楽しむことができます。スマホの準備ができましたら、そのスマホをVRゴーグルにセットします。これで準備万端!あとは存分にVR作品をご堪能ください。

VR動画ってどんな感じ?ほぼ360度見えちゃいます!

VRの最大の特徴は、なんといっても見える広さが半端なく広いことです。右を向けば、右の景色が。左を向けば、左の景色が。上を向けば天井が。下を向けば床が。

例えば、学校で授業を受けているシーンの場合、横を向くと、隣の席にいる生徒が写っています。このように、自分が向いた方向に景色が広がっているのです。

ここで、想像してみてください…もし、あなたが見ているのが、視聴者が攻められてしまう痴女ハーレムなAVだったら…右にも痴女、左にも痴女、正面にも痴女…右の痴女に乳首をいじられながら、左の痴女におっぱいを揉まされて、正面の痴女は男棒をおしゃぶり…

右を向けば痴女がいやらしい顔をしながら乳首をいじっていて、左を向けばおっぱいを揉ませながら挑発的な目をしていて、正面を見れば夢中になって男棒をしゃぶっている…いかがでしょうか、たまりませんよね!私はもう、どうにもたまりません!

こんな感じで、2Dには無かった奥行があったり、死角だった場所に映像があったりと、現実さながらのリアル体験ができちゃうのです。

リアルすぎて身体が騙される!?

VR動画のほとんどが、自分目線で物語が進行していきます。例えばAVであったら、自分が男優なのです。画面には男優さんの首から下の部分が写っていますが、顔は写っていません。このアングルは、本当に自分が男優になったような錯覚を覚えます。

これは私が実際に体験してみて感じたことなのですが、VR動画を見ていると、実際には何もないのに、本当に何かがあるように錯覚することが、しばしばあります。

例えば、おっぱいを揉むシーンでは、本当に自分が女優さんのおっぱいを揉んでいるような気になってしまい、ついつい手が伸びて、おっぱいを揉む仕草をしてしまいます。男棒をおしゃぶりされるシーンでは、なんだか本当にしゃぶられている見たいで、男棒がむずむずしてきます。

このようにVRは、2Dでは体験できない、本当にされていると錯覚してしまうほどのリアル体験ができてしまうのです。

錯覚を利用してリアルエッチ体験!その1

VRは本当にしているかのような錯覚を覚えると説明しましたが、これをうまく利用すると、よりリアルで楽しい体験をすることができます。そのためには、まず、いま自分が見ているVR空間は本物なんだ!と思い込むことが必要となってきます。

「これはVRだから」「嘘の世界だから」と冷めた気持ちでいると、リアルな感じが薄まってしまいます。自分の目の前には、本当に女優さんがいて、本当にエッチしているんだ!と思い込みましょう。そして、自分の今の状況を、動画と同じ状況にします。

例えば、画面では男優さんが全裸で寝ている格好をしていたら、自分も全裸になって寝る体勢になるのです。こうして自分を画面と同じ状況にすることで、視聴者は男優さんとシンクロすることができます。そして、視聴者は画面の男優さんと同じ行動をとりましょう。

男優さんがおっぱいを揉んだら、自分もおっぱいを揉む仕草をします。フェラシーンなら、フェラされていると思い込みます。ハメているシーンであれば、同じ格好になって男棒を刺激すれば、リアルエッチな自慰が楽しめます。

錯覚を利用してリアルエッチ体験!その2

思い込むこと、画面に合わせて行動すること、そしてもうひとつ大事なことがあります。それは、女優さんの行動を自分がかわりにする、ということです。

例えば、女優さんが乳首をいじってきたら、自分の乳首を同じようにいじるのです。このように、視聴者は男優さんだけではなく、女優さんの行動もシンクロして真似る必要があります。少々忙しいですが、うまくシンクロできた場合、いままで体験したことがないような、素晴らしいリアルエッチ体験をすることができます。

強くシンクロすると、例えば女優さんが言葉攻めしながら乳首をいじってくるシーンの場合、実際に乳首をいじっているのは自分なのですが、まるで女優さんがいじっているように思えてきます。シンクロの度合いが深ければ、もはや「そうとしか思えない!」というくらいに、リアルに感じることができます。

視聴者が乳首を舐めるシーンでは、舌や唇におっぱいや乳首の感触がしてきます。思い込みが激しければ激しいほど、感触だけではなく、味や匂いまでも感じてくることがあります。

錯覚を利用してリアルエッチ体験!その3

リアルエッチ体験ができると説明しましたが、これを応用すると、未知なる体験が可能となります。

例えば、レズものの場合…もうご説明は不要ですよね。そうです、視聴者は女性になることができるのです。視聴者は女性になって、女性を攻めたり、女性に攻められたりするのです。自分は男なのに、女性にクンニされちゃうのです。フェラではありません、クンニをされちゃうのです。これはもはや、TS化(肉体的異性化)です。男なのに女性の体験ができちゃうのです。

そして、これはかなり禁断の…ですが…もしも女優さん視点での、男優さんにエッチされちゃうVR動画だったら…これはヤバいですね。そうです、視聴者は男なのに、男優さんに女としてエッチされちゃうのです。

これ、きっと…物凄い体験ができちゃうと思います。もしこういうのにハマってしまったら…視聴者の性癖が変わってしまうかもしれません。未知への扉を開いてしまい、いままで知らなかった、自分の隠れた性癖に気がついてしまうかもしれません。ご利用は計画的に。

相性の良い作品とは

VR動画は、自分が男優さんの視点になる作品なので、女性に迫られたり攻められたりする作品と相性がいいように思います。

例えば、ハーレムもの、痴女もの、男受けのもの、などです。そう考えると、M男作品が相性バッチリな気がしてきます。実際、VR作品を探してみると、女性に男性が迫られる作品が大半を占めます。エッチなふたりのナースさんが、視聴者の男棒を奪い合うようにして、エッチなご奉仕的看護をしてくれちゃう!という作品。

学校でいじめられっ子な視聴者が、複数の素行の悪い女生徒に押し倒されて、辱めを受けながらいやらしく犯されてしまう!という作品。彼女ができて、その彼女とエッチしようとしたら「今日は私がしてあげるね」と言われて、彼女が積極的にエッチしてくる!という作品。

中にはレイプもので、視聴者が仲間と女優さんをレイプするという作品もあります。仲間が女優さんを押さえつけたり、前戯的なエッチをしていたりする中で、視聴者は女優さんを犯しまくる!という、集団レイプものも、VRと相性が良い作品のひとつです。

デメリット

VR動画は、VRゴーグル着用します。ゴーグルを着用しなくても、スマホだけで楽しめる機能はあるのですが、リアル体験という意味では、ゴーグルを着用した方が臨場感があって、格段にイイです。しかしながら、このゴーグル、長時間着用していると、首が疲れてきます。

例えば立った状態でのフェラシーンの場合、視聴者は自分の下腹部に注目するため、首を下に向けます。すると首と肩が張って、疲労と痛みでしんどくなってくるのです。この状態だと、5分が限界だと思います。このように、体勢によっては、身体に負担がかかってしまい、辛くなってしまうのです。

2DのAVの場合、画面を見ているだけでいいので、体勢はラクな姿勢でいられます。しかしVRの場合、リアルを追求するには、画面と同じ体勢になる方がいいのです。それは裏を返せば、大変な重労働になり兼ねない、ということなのです。そう、リアルなエッチは、決してラクなものではないのです。

今までの2DのAV以上にエッチな体験ができる

VR動画は、まだ発展途上の作品です。収録時間も30分未満のものがほとんどで、たいがいが十数分の作品となっています。しかしながら、VRは、今までの2DのAV以上に、エッチな体験ができる作品だと私は思います。

今のところ、私はVRと2DのAVは、別物だと認識しています。2Dの良い所、VRの良い所、逆に2Dの悪い所、VRの悪い所、そういったものが確実に存在しています。VRも2Dも同じAV作品ではあるのですが、楽しみ方に大きな違いがあるように思えます。

VRについては今まで説明してきたとおりなのですが、だからといって2Dがダメだというわけではなく、劣っておるわけでもありません。2Dには長い長い歴史があり、そしてその長い時間を経て進化して成長してきたという事実があります。それは、まだVRには追い抜くことができない部分です。今後、VRがどのように進化していき、姿を変えていくのか、私は楽しみでしょうがありません!

-AVVR
-, , ,

Copyright© JUCY , 2018 AllRights Reserved.