JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

セックスを避けるパートナーの「なんで?」「どうして?」

セックスを避ける心理ってどんな理由があるの? いつまでたっても体の関係を許してくれないパートナーをお持ちの方、意外と居るのです。ではパートナーはなぜ許してくれないのか? セックスレスによる不仲も多いもの。

しかし対応によってセックスレスが解消される場合もあります。なんで?どうして?と思う前に、パートナーの気持ちを知るのも大事かもしれません。

最強タッグのVRが登場!
確実に世界が変わります数ある作品を押しのけアダルトVRが上半期売上ランキングTOPを獲得!
いつまで2Dでオナッてるの?
今すぐハイクオリティでお得なVRを体験してみよう! 気持ちよさ・感動ともに当サイトが保証します
高画質エロ動画が見放題!
上場企業のU-NEXTでエロ動画が見放題!初月解約OKの一ヵ月お試しプランが登場
広告なしの高画質ロング動画をぜひお試しください!
無料サイトの広告に嫌気がさしたらご利用してみてください。

付き合いたてのセックスを避けること

付き合ってすぐってきっかけがつかみにくいもの。この人とセックスをしてもいいと思えるまでは避けてしまう女性も多いのです。

「まだ早くない?」なんて言われてしまったら、あなたへの信頼がまだ決定的なものではないのではないでしょうか?片方の気持ちだけでは信頼関係が築けているとは言えません。相手に対して自身も懐疑心を持っていないか確認してみましょう。自分を信じてくれない人を信用するのは難しいことです。

特に初めての場合は、なんとなく怖いという感覚で避けてしまいがち。女性の場合は(痛いのではないか?)というのが大きな理由。男性への信頼感が高まれば自然にセックスができるようになります。せっかくの彼女を大事にすると考えてゆっくり時間をかけて信頼関係を築いていきましょう。

男性も初めての場合は(ほかの男性と比べられるのでは?)という不安が着いてきます。普段の会話に他の男性がよく出てくるようではこの不安は拭えません。過去の男性のことを聞いてくる彼でも、1番はあなた。他の男性のことは頭にないということを伝えられれば、彼もセックスに対して積極的になってくれるでしょう。

また、育った環境によっては性的なもの=悪と感じてしまう人もいます。悪いことでもなく、性欲を満たすためだけでもなく、コミュニケーションの1つである、あなたとだからしたい、そんなことを少しずつ伝えていくことでセックスをする勇気が持てる場合もあります。

もし性的なトラウマがある場合は話しにくいことですし、言ったら嫌われるかもと思ってしまうのが性的な犯罪での被害者の気持ちです。パートナーの心の負担を一緒に背負ってあげるくらいの覚悟があるなら、それは専門機関での治療が必要なもの。一緒に治療を受けパートナーの気持ちを理解していきましょう。

長く一緒に居すぎてしまうと…

パートナーとの付き合いも長くなってしまうと性的な感情が薄くなってしまうこともあります。「居て当たり前」の関係になってしまうとセックスをしにくくなってしまうのです。結婚はまだ、と思いながら同棲期間が長く、「別れる理由がないから別れていない」というようなカップルに多いのです。

気持ちが冷めてしまってはセックスを避ける気持ちもわかります。なんで付き合ったのか、なんであなたのことが好きになったのかをもう一度パートナーに思い出させてあげると熱い夜がまた過ごせるのではないでしょうか?あなたがいるのが当たり前ではなく、あなたと一緒に居ることを選んだ気持ちを思い出すと愛おしくなり、またセックスをしたいと思うものです。

同棲を決めたカップルにオススメしたいのは「家族になりすぎない」ということ。ドキドキする気持ちがなくなってしまっては、セックスや結婚は期待ができなくなってしまいます。「別々に住んでいた時の一緒に居られる特別な日が増えた」と考えて、日々一緒に居られることを感謝して生活しましょう。それを忘れないことでセックスを避けられることは少なくなるのです。

また、ずっと一緒に居ることでセックスのタイミングが難しくなってしまうことも。時間や曜日など相手の都合を考えて誘うことを心がけてみるとセックスを避けられにくいのです。毎日一緒に居るから毎日セックスをしたいという人も居ますが、相手がそう思っているのかきちんと考えて誘うようにしましょう。

性的な関係でなくなっても離れていかないだろうという安心感もセックスを避けるようになってしまうきっかけです。あなたとのセックスが楽しく気持ちよく過ごせる時間なら避けることも少ないですが、ただなんとなくしているセックスでは「しなくてもいいもの」と考えてしまいがちです。

せっかくセックスができる関係になったのなら、あなたとのセックスを避けるよりも相手から求められるような楽しみと、充実感を共有できるようにしたいものです。パートナーがどんなセックスを求めているのか、どんな楽しみ方があるのかを一緒に探っていくことで避けられてしまうこともなくなるでしょう。

結婚後に避けられるセックス

セックスレスは離婚の決め手ともなりがちですが、実際結婚後にセックスレスになってしまう夫婦が多いのも現実。結婚をし、家族になってしまったことで性的な興味が湧かなくなることもあります。お父さんやお母さん、兄弟姉妹とセックスをしたいと思うことはなかなかないでしょう。その家族と同じように見えてしまうとセックスを避けるようになってしまいます。

特に子どもができると、子ども優先になることで。理性を保っていないといけないと思ってしまうこともあります。時間や場所も制限されてしまいますね。子どもにある程度振り回されない、時間に余裕を持てるようになれば避けられることも減っていく場合もあります。

男性側も出産に立ち会うとセックスをする相手として見られなくなってしまう、母親として見てしまう…なんてこともあります。女性側からしてみると微妙な気持ちかもしれませんが、母であることと女であることの二面性を意識すればいいのではないでしょうか?

「お母さん」としての女性と、「好きな相手」としての女性を男性自身が見分ければセックスを避けることも少なくなるのではないでしょうか?家族でいる間は「お母さん」「ママ」と呼んで居ても、二人の時間では名前で呼んでみることで、自分の中でも区切りがつきセックスに踏み切れるようになれるかもしれません。

セックスを避けることを話し合う!

避けられた側としては、なんでダメなのだろう?と考え、それが重なれば傷ついていきます。何度もセックスをした仲であればいきなり避け続けられることで更にショックは大きくなります。

セックスを避けることも、きちんとした理由がないとただ相手を否定し続けることになります。パートナーのことが好きであるのなら、きちんと理由を話し合ってみなければ別れのカウントダウンになります。

セックスを避ける際に「疲れたから」「今日は気分じゃない」というのも自分を否定された気持ちになりやすいもの。ただ断るだけでなく、「いつならだいじょうぶ」と具体的に伝えれば、相手も(また誘ってもいいんだ!)と理解してくれます。何も言わずに断ってばかりではパートナーの気持ちは離れていくものだということを忘れないでおきましょう。

一部には性的なものに嫌悪感や強い不快感を持ってしまう方も居ます。それは悪いことではありませんが、そのことをパートナーに伝えずに断ってばかりいるのはストレスにもなってしまいます。

なぜダメなのかわからないけれど気持ち悪い、好きだけれどできないのであればパートナーにきちんと話し、一緒に病院の受診やカウンセリングなどを受け理由を探り改善していくこと、またパートナーにもそのことに対して理解してもらうことで気持ちもラクになれます。

お付き合いや結婚を決めたパートナーだからこそセックスをしたい。逆にセックスをしなくても離れていかないと思う。このバランスが崩れてしまえば関係が悪くなるのは目に見えていること。近いからこそ話しにくいことですが、セックスに対し温度差を感じているのなら、改めて一度考えをぶつけ合ってみてはいかがでしょうか?

-セックス
-, ,

Copyright© JUCY , 2019 AllRights Reserved.