JUCY

JUCYは想像を超える世界VR動画のホットなセックス・恋愛情報総合サイト。VR、セックス、恋愛、キス、浮気、風俗話まで、タメになる情報が満載。

社内恋愛カップルが別れる原因!彼女に振られる理由と今後の対処法

毎日のように一緒にいれて、毎日のようにお互いのことを知れる。これは社内恋愛の最大のメリットであると考えられがちですが、実は彼氏の見たくない部分も見れてしまうデメリットでもあるのです。

社内恋愛で浮かれているのは自分だけで、彼女はどんどんあなたへの想いが薄れているかもしれません。何もわからないまま「別れよう」なんて言われたら納得も出来ずに未練だけが残ってしまうでしょう。

彼女は仕事中の彼氏のこんなところまで見ているんです!この記事を参考にして彼女の気持ちを理解しておきましょう。

オナニーが10倍充実する!
ついにVRがアダルト業界に上陸!無修正よりも興奮するエロ動画があることを知っていましたか?
今だ経験したことはないという人は今すぐにでも体験するべきです!
無料サンプル動画も充実しているため、お試しだけでもする価値あり!
リアルすぎる疑似セックスの世界へ足を踏み入れてみましょう。
人生で最高に気持ちのいいオナニーができます。

彼女に振られる本当の理由

自分ではごく普通に仕事をして、恋愛をしているとしても、女性から見れば「本当に情けない…」とドン引きされてしまうことがあるのです。

誰でも自分の悪い所は誰かに指摘されない限り気づけないものですから、あなたは今から紹介することが、自分に当てはまっていないか確かめながら見ていきましょう。

誰よりも仕事ができない

女性は無意識に「男性は自分よりも仕事ができる」と思い込んでいます。男性もプライドがあるので、女性よりも仕事ができないことなんて認めたくないでしょう。

しかし、誰がどう見たって全く仕事ができない、仕事が遅い、注意されてばかりいる男性ってどの会社にもいませんか?それがもしあなたの場合、女性には「情けない」「全く頼れない」「将来が不安だ」と思われています。

なので、当然彼女にも同じことを思われているはず。仕事で頼りにできない男性は、実生活でも頼りにできることがないので余程気にしない女性ではない限りあなたの姿が物凄くかっこ悪く、惨めに見えてしまいます。

男性の魅力がなくなることは、大きな破局の痛手になるので、仕事などはしっかりとした意識を持ちながらきちんとこなしていくことが大事ですね。

周囲に疲労感をアピールしている


「ふぅ、疲れた」「今日めっちゃ頑張ったわ」「肩凝ってやばい、頑張りすぎたかな?」と大した仕事をしていないにも関わらず疲労感をアピールするのだけは誰よりも頑張っている男性って結構いますよね。

そのような男性は仕事をしている自分、仕事を任された自分に酔っているのでしょうが、本当に仕事を頑張っている人は疲労が溜まっていてもわざわざアピールをしないんですよね。

そのことを女性はわかっているからこそ、大した仕事をしていないのに疲労感をアピールする男性を見るだけでムカつくんです。それは彼氏に対しても同じこと。

いくら彼氏だとしても疲れたアピールが激しい人にはウンザリですよ。「大丈夫?」の前に「そんなに仕事していないよね?」と言いたくなっちゃいます。周りから見ても「痛い」と思われかねないので、これに当てはまった男性はできるだけアピールしないように心掛けた方が良いでしょう。

会社や上司の文句ばかり言っている

よほどのホワイト会社で人間関係がうまくいっていなければ、誰でも会社に対しての文句の一つや二つはあるでしょう。だけど、そればかり話題に上げていれば当然彼女からは引かれてしまい、「一緒にいたくない」と思われてしまうのです。

また、「仕事を押し付けてくる」「こんなの無理に決まってるじゃんね」など、やってもいない内から無理だ嫌いだと決めつけてどうでも良さそうに仕事をこなすのは、彼氏としても人としても会社の人間としても問題です。

それでもそのような人が社会から消えないのは事実なんです。女性は誰でも男性には頼もしく居て欲しいものですから、自分の可能性を全て否定し、最初から諦めている男性になんて惹かれるはずがありません。

たとえ女性が「うんそうだよね」と共感してくれたとしても心の中では「早く終わらないかな」と思っているものです。文句を言う前に自分が文句を言える立場なのかを弁えた方がいいかもしれません。

束縛が激しい

同じ会社内で働いているとなれば、当然自分以外の異性と話す事もありますよね。どんなに「話すな」と言われたとしてもどうしようもありません。

もし、彼女があなた以外の男性に話しかけられても無視を続けていれば「なんだあの子は?」と反感を買ってしまうでしょう。そうなれば彼女の立場はどんどん悪くなってしまう一方です。

たまたま彼女が他の男性と話しているところを見ただけで「あの人とどんな関係なの?仲良いの?」「なんでそんなに親しそうなの?もしかして浮気じゃないよね?」なんてことを耳が痛くなるほど聞かされたら誰でも「仕事なんだから仕方がないでしょう!」と叫びたくなるものです。

更に「もう絶対に俺以外の男と話さないで」「話しかけられても無視して」なんて束縛が強すぎることを言ってしまえば当然彼女は我慢の限界に達してしまうでしょう。

同じ会社内で恋愛をしていると「誰でも恋愛対象に入るのでは?」と心配になってしまうかもしれませんが、そこは彼女を信用しなければ関係はうまくいきません。

仕事とプライベートの区別ができない

仕事は仕事、プライベートはプライベート。これは当たり前のことですよね。だけど、なかなかその区別ができない男性は多くいます。

たとえば、会社の中でもずっとくっついている、甘えた声でお願いをする、など同僚や上司、先輩、後輩が見ているにも関わらずイチャイチャしようとする男性や、明らかに喧嘩をしたのであろうというような態度で接し、ピリピリ感を出す男性。

これら全て仕事とプライベートの区別ができない男性ですよね。仕事とプライベートの区別をつけなければ仕事に大きな支障が出る可能性もありますよね。

そんなことは会社側にはたまったものではありません。社内恋愛と言うのは、二人の問題は二人で解決をし、周りに絶対迷惑をかけない事が前提ですよ。

別れた後の対処法

社内恋愛をしていれば、毎日彼女の顔が見られたり、状況や変化がわかったりするので、いつでもどんな時でも安心できることが多いですよね。

しかし、いざ破局となるとお互いに気まずくなるかもしれない…と不安になるものです。

だけど、もう心配にならなくても大丈夫です。そうなった時の対処法を紹介しますので、もし彼女と別れてしまったら今から紹介することを参考にしてみてください。

彼女の気持ちを意識しすぎない

「彼女の顔を見るのが気まずい」「もう彼女は関わりたくないのかも」と自分の気持ちも彼女の気持ちも意識しすぎてしまう傾向にあります。しかし、そのようなことを考えているその気持ちこそがより二人の間を気まずくさせているんですよ。

たとえ彼女が「気まずくならないように」と思ってフランクに接してくれようとしてもあなたが「無理してくれているのかも…」と思ってしまえば思ってしまうほど、どんどん気まずい雰囲気が流れてしまうのです。

社内恋愛ですから多少はお互い気まずいと感じる事があってもあなたが意識をしすぎてしまうのはあまり良くないと言うことです。必ず最低限の挨拶や会話は自然にすることがポイントです。

仕事に没頭する

誰でも最愛の女性と別れてしまえば傷つくものです。生活も仕事も上の空になってしまいますよね。だけど、何も手につかずに上の空になっていれば仕事で大きなミスをする可能性があり、周りに迷惑をかけてしまいます。

じゃあどうすればいいの?そんな時は別れたことを考えなくてもいいくらい仕事に没頭しましょう。今まで以上に仕事に没頭し、意識を高めていけば心の傷が自然に癒えていき、自分にも余裕ができるでしょう。何よりも仕事に没頭することで成果が付き、あなたの株も上がることでしょう。

自分の時間を充実させる

今までは自分の時間を彼女のために割いてきたこともありますよね。会社で会っていることはデートではないため、休日も彼女と親密な時間を作ってきました。

だけど、その時間がなくなってしまった今、あなたができることは自分の時間を充実させることです。趣味に打ち込むことや、興味があるものに挑戦してみるのも良いでしょう。

とにかく自分の時間を充実させ、別れた悲しみを少しでも減らし、彼女との上司・部下、先輩・後輩、同僚としての関係をより良くさせるために余裕を作るのです。

心の傷はそう簡単に癒えるものではありませんが、気持ちの余裕と自分の楽しみを作れば心が軽くなることは確かですよ。

周囲に祝福されるように

今回は社内恋愛をしているカップルが別れる原因について紹介していきました。男性もそうだと思いますが、女性も男性に対して男としての最低限のイメージがあるものです。それは仕事上なら特にでしょう。

周囲に慕われてバリバリ仕事できる男性と全く仕事ができずにただ弱音だけを吐いている男性とじゃレベルの差が明らかなんです。更に仕事は仕事、プライベートはプライベートの区別ができないのであれば社内恋愛をすることはオススメできません。

とは言え好きになってしまったのならどうしようもない部分もあるでしょうから、そこはこの記事を参考にして、男としての魅力を発揮し、彼女からも頼られ、周囲からも祝福されるようなカップルになれるように努力をしましょう。

-恋愛
-, , ,

Copyright© JUCY , 2017 AllRights Reserved.